恋人とだけセックスできない? 「性嫌悪症」について

Doctors Me(ドクターズミー)
医師、その他専門家
「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、メディカル・ヘルスケアQ&Aサービスです。また、医師をはじめとする専門家が執筆・監修する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信しています。
Doctors Me

性やセックスに関する悩みは、あまり大っぴらにできないことが多いだけに、深刻になりやすいもの。非常にプライベートな事柄であることから、人知れず何年も悩んでいる場合もありますよね。

恋人や配偶者など、決まったセックスパートナーがいる場合に起こる、性嫌悪症、特に男性の性嫌悪症についてお話ししたいと思います。

性嫌悪症って?

Love triangle in a bar.

「性嫌悪症」とは、性的な行為、あるいは性的な表現や性を扱った事物に非常に強い嫌悪感を抱く症状を呈すものを言います。

範囲や嫌悪感の程度は個人によって大きな差がありますが、相手や状況を問わず、性的な事物を見聞きしたりセックスが出来ないものと、特定の相手(多くの場合、問題になるのは恋人や配偶者ということになります)とのセックスのみ嫌悪感を抱くものがあります。

性嫌悪症の原因には
何が考えられる?

Mommy will keep me safe

非常にいろいろなパターンがありますが、女性の場合、たとえば成長過程で男性に接する機会があまりなく、漠然と男は汚い、危険、などという思い込みがある、あるいは性的虐待などの被害に遭ったことをきっかけに異性や性行為そのものにトラウマをもち、拒否感や恐怖感を抱くようになってしまったケースなどもあります。

あるいは以前は問題なくセックスが出来たのに、出産や子育てを期に性的な事柄に関する興味を失ってしまう、ということも決して少なくないようです。 

もちろん、男性の場合も子供の頃に性的ないたずらをされた、といったことがきっかけとなることももちろんありますが、より数が多いのは、結婚したり、交際が長くいわゆる「公認の恋人」になったことで、その女性を異性のパートナーというより家族の一員として見てしまうようになり、性欲が湧かなくなってしまうようです。

このコラムを読んでいる方々の中にも、ご自身やパートナーがこの状態である、という方はきっといらっしゃると思います。決して珍しい状態ではないのです。 

性嫌悪症の方の中には、特に今の状態を変える必要はない、と思っていらっしゃる方も多いかと思いますが、パートナーがいて、相手はセックスライフの継続を望んでいるようなケースでは、問題になってくることでしょう。

治療法はあるの?

Teenage Girl Suffering From Depression Visiting Counsellor

現状、このような状態にあって変えたい、とカップル双方が合意した場合には、心療内科などでカウンセリングによる治療を受けることが出来ます。

時間はかかりますが、根気よく取り組むことで、お互いが望むような形でのセックスライフが新たに得られたり、戻ってくる例も多く見受けられます。

なかなか具体的なイメージが湧かないかもしれませんが、プロフェッショナル、かつ別の個人であるカウンセラーや精神科医を間に入れることで、相手の思いがけない気持ちや考え方が見えてきたり、解決の糸口が見つかるということはあるものです。
また、問題がある、ということを双方が認めることが一つの大きな進歩でもあります。

■医師からのアドバイス
少し勇気はいりますが、悩んでいるならまず相手に、ご自身のつらさや希望を伝えてみるところから始めてみてはいかがでしょうか。是非参考にしていただければと思います。

監修:Doctors Me医師
コンテンツ提供元:Doctors Me 

人それぞれに個性があるように、セックスの方法だってさまざまです。同じ恋人とのセックスでも「毎回同じ」ということはないはずです。でも、その1つひとつに違いが...
赤裸々に自身の恋愛やセックス体験について語った記事が人気のライター、Gigi Engle。米メディア「Elite Daily」に掲載された彼女の記事を紹介...
セックスは、恋人との関係を心身ともに深めるだけでなく、免疫力を高めてストレスを解消し、長生きするための秘訣にもなるもの。ニュージーランド・カンタベリー大学...
複数の人と同時に恋愛関係を築く。浮気とは一線を画す「ポリアモリー」という愛の概念に、アメリカで注目が集まりつつあります。「Elite Daily」が制作し...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
落ち着きがあり、周囲に気を配ることの出来る年上女性。そんな憧れを抱いている男性も多いのでは?しかし、大人の女性はあまり不満を態度や言葉に表したりしないので...
いまの恋人に満足はしているんだけど、ベッドではなかなか満たされないの…なんてお悩みの女性にぴったりの記事を書いたのは、女性ライターのCaitlyn And...
最近、アメリカのメディアを中心にカルチャー化しつつある、「カジュアルセックス」という表現。“一夜限りの関係”とも"愛のないセックス”といった、負のイメージ...
セックスをする夢を見るということは欲求不満なのかと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、夢占いにおいては必ずしも欲求不満のあらわれとは言えません。セック...
彼女がセックスに対して、どう思っているかちゃんと聞いたことはありますか?彼氏に、自分がどういうセックスが好きなのか伝えたことはありますか?「Elite D...
米メディア「Mic」のライターJulianne Ross氏が、世の中にはびこるセックスの嘘を暴こうとまとめました。経験を重ねてきた人からすれば、“いまさら...
ヨガとセックスで最も関係ありそうなことといえば…柔軟性?もちろん、あるでしょう。でも、それ以外にもたくさんの関係性が見つかりそうです。自身もヨガをやってい...
彼女が何を考えているのかわからない……という男性に、ぜひとも読んでほしい「Elite Daily」の記事を紹介。たしかに、女性から見ても納得できる意見が並...
優しいけれど、いまいち何を考えているのかが分かりづらい年上男性。そんな彼との恋愛を成功させるには、微妙な心理を把握するのが一番の近道です。彼らは普段どんな...
自身の恋愛経験を元にアドバイスを送るのは、女性ライターのギギ・アングル。モヤモヤグルグルしたときには、サッパリした彼女の意見が心にスッと入ってくるかも。以...
かなりの好色家、という訳ではないのかもしれませんがアラサー男を代表して、ライターMatthew Farris氏がこう主張します。自分の性癖もカミングアウト...
「VR元年」とも言われる2016年。そこには「Oculus Rift」や「PlayStation VR」の存在が大きく影響していますが、こういった新しいテ...
米メディア「Mic」に、掲載されたこの記事。かなり際どい内容です。なんせ、さまざまな人が各々のおばあちゃんから聞いた「セックスに関するアドバイス」をまとめ...
オレゴン州立大学の研究者らが、セックスに関する興味深い調査結果が発表。なんでも、プライベートにおける積極的なセックスライフが、仕事に対するモチベーションや...
どういうわけか、彼氏とセックスしたくない―。たまに、そう感じてしまうことはありませんか?きっとこの心境の背景には、これから説明する7つのことが関係している...