ワンパターンのセックスに対して、女性が思っている「8つのコト」

彼女がセックスに対して、どう思っているかちゃんと聞いたことはありますか?彼氏に、自分がどういうセックスが好きなのか伝えたことはありますか?
Elite Daily」に、ワンパターンのセックスに対して実は女性が思っている8つのことが掲載されています。刺激的な内容ですが、日本の女性にも当てはまる部分がある!?

8facts-about-sex-by-woman150812002


刺激的なセックスがしたいと思う日々。自分ってこんなことを思う人だったっけ?と信じられないくらいセックスに対する衝動が沸き起こる時があります。そして、次第にこう思うように。
「何で、彼はいつも同じパターンなんだろう。私ってもしかして太っている?それとも、セックスが下手?彼は男性ホルモンが少ない?」
でも、彼はそれ以外は完璧。カッコいいし、子どもと仲良くするのも上手。セックスしているだけでよしとしたほうがいいのかもしれない。
でも、やっぱり悩みます。完璧な彼氏は、刺激的なセックスはしません。でも自分は、たまには普段と違う場所でセックスしたいと思う。これは私だけじゃなく、案外、多くの女性が思っていることのはず。
ぜひ、これから述べる8つのことを彼氏に伝えてください。モヤモヤした気持ちは、早めに解決するべきです。

8facts-about-sex-by-woman150812005

01.
ベッドルームはもう飽きた!

8facts-about-sex-by-woman150812

もちろん、寝室は好き。特に、忙しく外で過ごした日は、自分のベッドでゆっくりしたいと思う。早起きしたときに、モーニングセックスするのには最高な場所。
でも、寝室だけがセックスをする場所ではありません。たまには、エレベーターや車の中、2人で参加しているパーテイー会場からこっそり抜け出して…、みたいなこともいいなと思っています。

02.
ファーストフード店の机の下で、
ちょっかい出しても嫌な顔しないで

自分の気持ちを素直に表現して何が悪いのでしょうか?チキンが運ばれてくるまでの間に足をくすぐったりして、あなたが興奮する姿を見てみたいんです。
2人がセクシーな気分になったら、駐車場でちょっとしたデザートが待っていることもあるかもしれません。

03.
たまには“ドS”になって

とりあえず、まずは自分に素直になり、性に積極的になってください。怖がらなくて大丈夫。もし、ちょっと噛んでみたいと思ったり、ぐっと引き寄せてみたいと思ったときには、行動に移してほしい。
別に、それほど多くのパターンも求めているわけではありません。15パターンくらいあれば、きっとドキドキを持続させるのに十分なはず。そして、私はあなたの眠っていた野生を目覚めさせることを望んでいるのです。

04.
“やりすぎ”と思うくらい
前戯に時間をかけて

8facts-about-sex-by-woman15081200

どんな女性でも、いいセックスをするには前戯が大切だと考えているはずです。あまりにも燃え上がっているときには、省略してもいいかな、と思うときもあるけれど。
でも、時間があるときには、必ず前戯にも時間をかけてください。キスもいいけど、指でもされたい。首や耳にキスされると、大切にされている実感が湧きます。
やりすぎるくらいで調度いい。もうダメってなるくらいしてほしい。ちょっとしたことが、意外と素晴らしいセックスにつながるのです。

05.
舌は何のためにあると
思っているの?

5歳くらいのときは、「お母さん大好き!」ってキスしていたし、きっとあなたもしていたはずです。でも、お母さん相手にしていたキスと同じものは私にはしないでほしい。
フレンチキスからは卒業してください。そして、もっと色々なところにキスしてください。たまには私を驚かせてください。

06.
たまには
新しい体位だって試したい

2人で一緒にイキやすい体位はもちろんある。それが嫌いなわけではないし、2人とも満足しているなら、それを変える必要はないとも思います。
でも、必ずしも、毎回その通りでなければいけないわけではありませんよね。もっといい方法があるかもしれません。あなたは私の体をよく知っているし、私もあなたの体をよく知っているつもりです。
もし、立ってセックスをしたところで、3つ目のおっぱいを見つけることもないし、驚くようなものは出てきません。約束します。
いつも同じものを食べていて、たまに違うものを食べると、「あ、おいしい!」って発見、あるでしょう?それと同じです。セックスのメニューも増やしましょう。

07.
よりよいセックスのための
正直な話し合いがしたい

8facts-about-sex-by-woman15081212

セックスに対しての私の意見を聞くことを恐れないでください。セックスの後に、どうだったか聞いてくれるのはちゃんと私のことを考えてくれているのが伝わって嬉しいものです。
私は正直に、何が好きかを答えるし、私に対してダメ出しをしてくれるのも大歓迎。それは、2人がセックスをより楽しむには大切なことだから。最初から全部言わなくてもいいんです。セックスについてお互いに正直に話せる関係が理想的です。

08.
誘わなくても、あとから
お風呂に入ってきてほしい

半年以上付き合っていて、私がお風呂に入っているときに、裸のあなたが入ってきても、「ちょっと入ってくるのやめてよ!」とはなりません。
鍵をかけていないということは、いつ入ってきてもいいよというサイン。これを理解してもらえたら、本当に最高の彼氏だと思います。そして、そんな彼氏からは、きっと一生離れられない。

Licensed material used with permission by Elite Daily

いまの恋人に満足はしているんだけど、ベッドではなかなか満たされないの…なんてお悩みの女性にぴったりの記事を書いたのは、女性ライターのCaitlyn And...
どういうわけか、彼氏とセックスしたくない―。たまに、そう感じてしまうことはありませんか?きっとこの心境の背景には、これから説明する7つのことが関係している...
彼女が何を考えているのかわからない……という男性に、ぜひとも読んでほしい「Elite Daily」の記事を紹介。たしかに、女性から見ても納得できる意見が並...
セックスは、恋人との関係を心身ともに深めるだけでなく、免疫力を高めてストレスを解消し、長生きするための秘訣にもなるもの。ニュージーランド・カンタベリー大学...
落ち着きがあり、周囲に気を配ることの出来る年上女性。そんな憧れを抱いている男性も多いのでは?しかし、大人の女性はあまり不満を態度や言葉に表したりしないので...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
米メディア「Mic」のライターJulianne Ross氏が、世の中にはびこるセックスの嘘を暴こうとまとめました。経験を重ねてきた人からすれば、“いまさら...
女性の「満腹感と性的興奮」の因果関係が、最新の研究結果から明らかになってきました。ライターChristine Schoenwald氏は、「YourTang...
赤裸々に自身の恋愛やセックス体験について語った記事が人気のライター、Gigi Engle。米メディア「Elite Daily」に掲載された彼女の記事を紹介...
彼氏とのセックスレスに悩む女性はたくさんいます。きっかけは人それぞれですが、置かれた状況は同じと言えるでしょう。セックスの回数が多いのも悩みのタネになりま...
性欲が強い女性たちへ。男性に引かれることを恐れず、「セックスが好きで何が悪い!」と胸を張りましょう。そうエールを送るのは、「Elite Daily」の人気...
愛し合うカップルなのであれば、相手のカラダが欲しくなるのは当たり前。でも、ストレスや慢性的な疲労、様々な刺激にさらされ続けている現代人、「そんな気分じゃな...
女性からすると「えっ!?」と思うようなファッションを、実は多くの男性が好んでいる。そう主張する「Elite Daily」の男性ライターKevin Schl...
人それぞれに個性があるように、セックスの方法だってさまざまです。同じ恋人とのセックスでも「毎回同じ」ということはないはずです。でも、その1つひとつに違いが...
米メディア「Mic」に、掲載されたこの記事。かなり際どい内容です。なんせ、さまざまな人が各々のおばあちゃんから聞いた「セックスに関するアドバイス」をまとめ...
女性が男性に色気を感じる瞬間は、必ずしも“夜の営み”の最中というわけではない。そんな記事を書いているのは、「Elite Daily」のライターAlexa ...
お互い好きで、告白して、付き合ってからセックスするのが正しい道筋。世間一般の意見で言えば、そうかもしれない。けれど、順番通りになんて行かないのもまた「恋愛...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
「口に出さなければ判らない」とかく恋愛では、こんな二人のすれ違いが事実よくあるもの。そんな心のモヤモヤを、男性から解消する方法を「I Heart Inte...
隣りの花は赤く見える。他人のものは何でも良く見えてしまうことのたとえですが、日々の生活のなかでよくありますよね。たとえば誰かが着ている洋服が気になって仕方...