「タフでなければ生きていけない。優しくなければ生きている資格はない」。 想い溢れる10の言葉

家族や恋人、友人など、周りの人に対する愛の形はそれぞれです。でもすべてに共通する大切なことは「相手を思いやる」ということ。

ここでは、世界のさまざまな「想い」に関する名言を遠藤段さんの著書である『世界の名言100』から紹介したいと思います。

01.
心の奥底に達して、あらゆる病を癒せる音楽、それは温かい言葉だ。

(ラルフ・ワルド・エマーソン/アメリカの思想家・詩人)

3d13c299891394394a311ccdc004037ba836675d

人間としての器量や品格の高さを測る基準は人によって違うかもしれないが、古来より重視されてきたのは、その人の「徳」である。「徳」は、その人がどれだけまわりの人に「温かい言葉」をかけているかどうか。もちろん、実践もそれに続くのだが、まずは言葉だ。

人間が万物の霊長と言われるのは、言葉を持ったこと、そしてそれによって他人を深く思いやれる心を持てるようになったからであろう。つまり「徳」というものを持ったということだ。

02.
真の友情は、真実の中で、存在できる。友情は、暗やみで何も見えないところ、そして無知の中では存在できない。

(ヘンリー・D・ソロー/アメリカの随筆家・詩人・思想家)

ただ知り合いになり、面白おかしい話ばかりして、バカ騒ぎできるのが友情であると勘違いしている人もいるようだ。しかし、こうした関係は、その場かぎりのもので、自分の人生の向上にほとんど意味をなさない。

真の友情というのは、お互いの人生を高め合うところにある。お互いが友として付き合うことで、それぞれが刺激し合え、人間的に成長していけるところにあるのではないか。

03.
タフでなければ生きていけない。優しくなければ生きている資格はない。

(レイモンド・チャンドラー/アメリカの作家)

77a972a0c0e6ed44884f6f5716e79707864574c5

小説の中の一つの言葉が、これほどまでに有名になり、何十年とずっと人々が口にするのは、そこに人生の真理、あるいは目標とすべき方向があるからだ。

他人からの自分に対する言葉がきつく感じることがあっても、それをはね返し、「自分は自分だ!」という強さがなくては生きていけない。しかし、突っ張り過ぎても人に嫌な思いをさせてしまう。ぐっと自分を抑えて、相手に優しさを持たなければ生きる資格はないのだ。

04.
みずからを愉しむことのできない人々は、しばしば他人を恨む。

(イソップ物語)

自分の生き方を確立して、その自由な生き方を中心とした正しい方向性を目指していれば、自分の人生を愉しめる。人を恨んでいるヒマなどない。

あとは、自分の生き方を前提として、正しい目標を立て、それに向かって進んでいくことだ。目標もなく生き方を確立しないから、他人ばかりが気になってしまうのだ。

05.
尊敬ということがなければ真の恋愛は成立しない。

(ヨハン・ゴットリープ・フィヒテ/ドイツの哲学者)

67eccd2bfaa719eab1d44e584b6f0adc084c8c22

彼は「ドイツ国民に告ぐ」という演説で、ドイツ国民の目を覚まさせ、一つの目指すべき方向を説いた。そこには国民としての誇りと名誉がある。 

真の恋愛、理想の恋愛も、人としての誇りや価値に資するものであってほしいと彼は言っているのだろう。

06.
愛は、石のようにそこにじっとあるものではない。パンのように毎日つくられるものである。いつもつくり直し、新しいものとするのだ。

(アミューラ・K・ル・グィン/アメリカの作家)

「愛とは、毎日の実践でもある」ということを教えてくれる言葉だ。人のよいところを見て、それを育て、伸ばすことである。放っておくと、すぐにパンのように食べられなくなる。

男女、親子、ペット、草花や農作物。これらに向けた愛はすべて同じで、毎日愛することが大切なのである。

07.
愛の最高の証は、信頼である。

(ジョイス・ブラザーズ/アメリカの心理学者)

374c7ced9f3d24457b892d566478fe71e4f3a796

他人との愛は、信頼が重要なカギを握る。お互いが大事に思い合うところから始まるが、愛するがゆえに、必要以上に相手のことが気にかかり、疑うようになる。これでは、せっかくの愛がおかしくなるではないか。

だからこそ信頼が重要となる。本物の愛は深い信頼だ。信頼された人は、たとえ少しの過ちがあろうとも、すぐに反省して自分を取り戻せる。このような信頼関係が長く続くことが、本物の愛の証なのである。

08.
愛することの第一の義務は、相手の話をよく聞いてあげることである。

(ポール・ティリッヒ/ドイツの神学者・哲学者)

レストランなどで会話が弾んでいるのがカップルで、会話が少ないのが夫婦という冗談があるように、話を聞くことこそ、愛の基本であることが頷ける。

夫婦でも、いつまでも仲がいいのは、お互いが相手の話をよく聞く関係が続いているからだ。女性は常に共感を求め、男性にとっては自分のくだらない自慢話を喜んで聞いてくれる女性ほど嬉しい存在はないのだ。

09.
子どもたちに自分の学んだことのみを教えてはいけない。なぜなら、彼らはちがう時代に生まれているのだ。

(ユダヤ教徒の言い伝え)

Af520a2b5a0bf6225fc04047e50ea726ba95086b

物事には、変えてよい部分と変えてはならない部分があるということだ。子どもの教育などはその典型で、社会のルールは時代が変わることで新しくなることが多く、注意が必要だ。

問題は歴史教育。海外に行くといかに自分の教わってきた歴史が間違っているかに気付かされる。誇りを持って、自国の歴史をありのまま教えてあげるべきなのだ。

10.
子どもは大人の話を聞くのはとてもニガ手だが、大人のマネをするのはとても上手だ。

(ジェームズ・ボールドウィン/アメリカの作家)

人は、自分のまわりからの影響を受けつつ自分という人間をつくっていく。とくに子どもは親の影響を受けて育つ。ということは、親の生き方、子どもへの接し方がよければ、それが最高の教育となる。

子どもがよい人生を送るために、言葉や行動に気をつけ、自分を素直に信頼できるような子に育ててあげてほしい。

歴史的に「偉人」と言われる人たちも、生きることに悩み苦しみ、虚しい日々を過ごした経験があるものです。ここでは、家入一真さんが発案し、絶望名言委員会なる組織...
あなたは「自分の人生」というストーリーの主役です。と言われても、日々そう思いながら生活するのは難しいもの。人生経験が浅ければなおのことでしょう。でも早く気...
あなたの家族や恋人、親しい友人・知人に感謝や祝福のメッセージを贈るとき、いつもとは趣向を変えて「ハワイ語」を送ってみると、相手に驚きと感動を与えられるに違...
生きていれば人との付き合い方や、そもそもの生き方など、考えさせられることは多いはず。人生に迷ったとき、私たちは何を信じて生きていけばいいのでしょうか?ここ...
夢を追い始める10代。その先にはたくさんの困難と選択肢が待ち受けています。時には心が折れて、自分の目指した夢を忘れかけてしまうこともあるでしょう。そんな迷...
生きることは悩み、考えること。誰もがふとした瞬間に自分の生き方について、つい考えてしまうのではないでしょうか?ここでは、家入一真さんが発案し、絶望名言委員...
いつも新しい視点に気づかせてくれる偉人達の金言。今だに古びませんよね。「I Heart Intelligence」は、その中から特にハッとするような言葉を...
世に恋愛の名言はごまんとありますが、不思議なものでどれだけ昔の偉人が語ったコトバであっても、そこに「古っぽさ」を感じることがないんですよね。今も昔も、愛は...
レゲエ好きでなくても、その名前といくつかの名曲は聞いたことがあるはず。ここでは「I Heart Intelligence」に掲載されたボブ・マーリーの20...
人生が輝かしいものになるか、平凡なものになるかは、どんな「習慣」を身につけるかによって変わってきます。自分の中で「やるべきこと」が見えていたとしても、三日...
人間は、弱い生き物です。自分一人の力でやっていける人なんてそうはいません。何かしらの「生きる指針」のようなものが必要なのです。例えば先人が残した言葉は、そ...
人類の歴史の中で活躍した偉人たちの名言には、不思議な力があります。その言葉を言った人の人格や人生が重なり合い、聞いた人の人格や未来さえも作っていくのです。...
これって、本当にあるあるだと思う。恋人に気を使わなくなっていくほど、陥りやすいのが過度な要求。やりすぎていると自覚しにくいから怖いんですよね〜。「I He...
学校では多くの物事を学ぶことができる。そこであなたが培った知識や経験は、その後の人生の糧となっていくはずだ。だが人生には、実際に生きてみないと、どうしても...
36歳の若さでこの世を去ったマリリン・モンロー。「セックスシンボル」として名高い彼女ですが、その魅力は“色気”だけではなく、発する“言葉”にもありました。...
努力を積み重ねた先に、成功があります。逆を言えば、努力なしに成功はつかめません。でも、わかってはいても途中で簡単なほうへ逃げたり、投げ出したりする人が多い...
ことば、愛、友情、そして幸せ。いずれも人生における大切なキーワードですが、忙しい毎日のなかでは、つい見失いがちです。そんなときブッダの教えは、本当に大切な...
突然ですが、あなたには「信念」がありますか?いきなりこんなことを聞かれても、すぐに答えは出ないかもしれません。信念は「心の軸」とも言い換えることができるで...
生きていくには、確かにお金は必要です。でもだからといって、お金に振り回されるような人生は避けたいですよね。ここでは名言ハンターの大山くまおさんの著書『「が...
私はずっと「生きにくさ」を感じて生きてきた。自分は努力が足りないから、生きにくさを感じるのだろうか?そうではない。『私の体を鞭打つ言葉』は、私が哲学書から...