全て手作り!スペイン生まれの「一枚革スリッパ」がお洒落

スペイン・バレンシア南部の街エルチェは、実に1,000以上の靴工場が軒を連ねる、履物産業がさかんな地域。
この街で家族経営を営む「CP Slippers」は、外出用の靴ではなく、室内履きのスリッパにこだわり続ける数少ない企業。きっかけは、靴を脱いでくつろぐ日本の生活様式との出会いでした。

素足を入れた瞬間に
ストレス解消できるスリッパ

233b4908c0d28c32c8b76a656326ce919983b1ed

CP Slippers創業者Oscar Arenas氏(現オーナーの祖父)は、1981年に初めて日本を訪れました。旅行中、彼が目にしたのが「スリッパ」です。
屋外の泥を家の中に持ち込まないため、日本人は靴を脱ぐ習慣がある。そのことは知っていた。けれど、まさが家に上がって別の履物に履き替えていたとは…。ブランドストーリーは、こんな書き出しで始まっています。

「スリッパに履き替える」この習慣にヒントを得たArenas氏。帰国後家族や友人たちに向けて、日本で目にしたスリッパを試行錯誤の末、子牛の皮革を使って一枚革で再現したそうです。求めたのは、素足での履き心地。

F3a347b2089b6c6e574b0b9fad4bf10f70ae2d92

「小さな足にひんやり滑らかな革の感触が足裏に伝わってきて、とっても心地よかった。まるで素足で家の中を歩きまわっているようだった」

これは、祖父の手作りスリッパを現オーナーが初めて履いたときの感想。Arenas氏同様に、忘れられない素足の感触は、今も残っているんだとか。

家が本当に気持ちの休まる場所になるためには、素足を入れた瞬間にストレスがふっと飛び去っていくようなスリッパが必要。エルチェにあるどの靴工場にも先駆けて、CP Slippersが良質なルームシューズ製作に転換した背景。そこに、日本人の暮らしぶりが反映されていたと聞くと、なんだかシンパシーを感じずにはいられませんね。

生後6ヶ月以内の子牛革で
“履き心地”を追求

525b445339877032d688eecc6f386bf240049e08

家族経営で営む工場では、スリッパの素材となる子牛の皮革の“なめし”からすべてが手作業。生後6ヶ月以内の子牛の革(カーフスキン)は、牛革のなかで最も上質な素材と言われています。薄く柔らかく耐久性もある。さらには、独特のキメの細かさが特徴的で財布やキーケースなどの小物入れにも重宝されるもの。

0fc84817b4250c0351acb3fbb41a719f422c651d

なめした子牛の革を裁断し、木型にはめて形成。職人たちが一つひとつ手作業で縫合していきます。そして、CP Sloppersはどれもヒールにクッションを入れたり、ソールにゴムを敷いてはいません。屋内で素足で履くことをとことん追求した結果、過度な装飾をせず、その履き心地の良さを実感できるスタイルなんだそう。

一足約4,200円
カラー展開も豊富

D5c302ea07d3d3fedc9181aa5d6170db61172c22E16b051846726516a049cab5be6f318bea8763e9B841a9f0e9b6de632062549fa2e70b182fe7bc9aFc0ceef5802ab89795166a9bb619434226cd4024

天然なめし革を使用したハンドメイドのスリッパ。こう聞くと、さぞやお高いものと思うでしょう。ところが、一足わずか35ドル(約4,200円)、と意外にもリーズナブル。カラーバリエーションも豊富でサイズは4種展開。普段使いとお客さん用を分けて、色を組み合わせることもできます。気になる人はこちらから。

Licensed material used with permission by CP Slippers
ロンドンのデザインスタジオで製作された、とってもオシャレなスリッパを見つけました。洗練されたデザインも然ることながら、本当に、このまま外履きとしてお出かけ...
スペインのステーショナリーメーカーの〈MILAN(ミラン)〉。もともとは、手作り消しゴムの専業メーカーだったそうです。その消し心地は……!?
小学生の男の子が、弟のために新聞紙で作ったドラクエの装備品。これがキッカケとなり、研究に研究を重ねた彼は、災害時でも役立つこと間違いなしの「簡易スリッパ」...
1912年に設立された「サンタ・バーバラ教会」は、スペイン内戦の際に閉鎖されて以来、放置され廃墟と化していました。「ガーディアン」紙によれば、ここアストゥ...
〈ISLAND SLIPPER〉×〈BRIEFING(ブリーフィング)〉とのコラボモデルのスリッパは、履き心地抜群。機内で、リゾートで、リッチな気分を味わ...
僕たち日本人からすれば、アメリカとスペインって同じ西洋文化圏。だから、2国間の生活習慣には、そんなに違いはないように思える。しかし、お国が変われば、〇〇も...
モロッコの革製の履物「バブーシュ」について。さまざまな情報が断片的に載っているけれど、どこよりもまとまってる自信、アリマス!バブーシュとは、カカトが折れて...
パーティーや家飲みで、絶対役立つアイデアハックを紹介しましょう。グラスの中にスノードームをつくってしまう、驚きのアイデア。ポイントは炭酸を注いだ時のしゅわ...
「NBC News」に掲載されたマリアーノ・ラホイ首相のコメントによれば、同国がこれまで良しとしてきた、3時間ほどの中休み習慣「シエスタ」の廃止が検討され...
とってもカラフル!デザインもいけてる!でも、どうして同じものが1つもないんだろう?調べてみて分かった。答は、それぞれが世界で1点ものだからーー。さらに、そ...
地中海の食事として、2010年にユネスコ無形文化遺産に登録されたスペイン料理。和食同様、素材の持ち味を活かすのが特徴ですが、そのなかで異色の「ごちゃまぜ」...
スペインで絶対に訪れるべきスポットといえば、100年以上も建築中の世界遺産、サグラダ・ファミリア。しかしなんと、その設計者である鬼才ガウディが、初めて一人...
スペインでランチやディナーにいったり、人の家で料理をご馳走になる時、してはいけないマナー違反・タブーを10項目紹介。食事の時間の注意、タパスは立ち食い、塩...
地球儀をつくる職人、と聞いてもあまりピンとこないかもしれません。でも、ロンドンの老舗地球儀メーカー「Bellerby & Co」は、一つひとつをハ...
美容や健康にいくら気をつかっていても、どうしても欲求にかなわないのがお菓子、ですよね。そんなときにオススメしたいのがスペインの「トゥロン」。アーモンドやは...
11月も中頃になると、高額当選をうたい文句にした「年末ジャンボ宝くじ」の広告が流れてくる。それも毎年、過剰なまでに賑やかなものが。一年最後のビッグイベント...
スペインには、固くなったパンの利用法として「ミガス」という料理があります。これは細かくちぎったパンをオリーブオイルや野菜と一緒に炒めてつくるのですが、これ...
SNSで話題を集めている「手作りオムライス」。とても美味しそうですが、じつは食べることはできません。その理由は、写真を注意深く見てみるとわかります…そう、...
スペイン発、〈Studio Banana Things(スタジオ バナナ シングス)〉の「オーストリッチピロー GO」反発にこだわったという形状記憶クッシ...
バルの定番メニューのひとつが、このスペイン風オムレツ「トルティージャ」。むずかしい料理ではないんだけれど、ジャガイモを茹でる手間や、フライパンでひっくり返...