2045年、東京湾の真ん中に世界一高い「高層タワー」が建つ?

わずか30年後の未来、東京と千葉を結ぶ海上に地上1,700mの超高層ビル建設計画!?にわかに信じがたい話ですが、英紙「Daily Mail」が「ドバイのブルジュ・ハリファが日本に抜かれようとしている」と大きく報じた、日本人でさえ知らない大胆な計画がありました。

スカイツリー約2.7本分!?
地上1,700メートル
「スカイマイルタワー」

A2ca1f3ea703cdadc3c9b158089d5536fa3f913a

現在、世界一の高さを誇るビルといえば、ご存知ドバイに建つ828mの「ブルジュ・ハリファ」。その約2倍の1,700mの超高層ビルを東京湾の一部を埋め立てて建設しようというのだから、この建設計画がどれだけ飛躍しているかが分かりますよね。

記事によれば、すでにこのビルには「スカイマイルタワー」と仮称がつき、近未来のメガ都市構想「ネクスト東京」のランドマークとして機能する予定だとか。いったい、これどこまで現実的な話なのでしょう?

じつはこれ、都市部に集中する人口増加に対して、飽和状態となった東京の土地問題を解決すべく建築家、デビッド・マロー氏が考案した未来都市計画の一部だったのです。

ビル内部に
垂直型の「都市」を実装

Ed53f64ee1cca0b17b020ed6bc24bc27cf869f2b

アメリカの大手建設設計事務所コーン・ペダーセン・フォッスク(KPF)のマロー氏は、六本木ヒルズ森タワーや上海環球金融中心といった高層ビル建築のプロジェクトに関わってきた人物。

彼は、このハイパービルディング(高さ1,000m以上の建築物)構想にあたり、ビルの内部に都市機能を持たせようとしているのだそう。

KPFの資料によれば、建物の構造は骨組みをなす支柱に台形状の空間スペースを六角形に組み合わせていく形態。またそれぞれの台形構造は中をらせん状にすることで空気の導線を確保。これにより、強風にも耐えられる仕組みだとか。さらには、海面上昇、地震、台風などによる気候変動に十分耐えうる設計だと強調しています。


2c131721575bf9da691266cbaaee62c86e09f71b

さらに、建物内部には住宅、オフィス、ショッピングセンター、レストラン、ホテルなど、本来は都市の平面に展開するこうした商業施設を地上から上空1,600mまで、すべての階で垂直方向に展開する予定だそう。タワー内では、縦方向だけでなく横にも移動するエレベーターが設置されるほか、マロー氏の計算では上空1,000m以上でも、壁の配置によって強風を避けることが可能で、空中庭園や中庭の設置も検討中。


人口集中の都市部
周辺地域は「自然」に戻す

8fd7fc17d96f952452db7bc4bfba5a52b55e5669

さて、このスカイマイルタワーを含む「ネクスト東京」プロジェクト。現時点では、あくまで研究開発を目的とした仮想的提案でしかありません。つまり、実現するかは今のところ未定。とはいいつつも、こうしたハイパービルディング構想は1990年代から、日本でも頻繁に議論されてきた話です。都市を垂直方向に高層化することで、人々の生活の場を集約させ、それ以外の場所は自然へと戻していくという、自然との共存・共栄を目指した考え方でした。

都市と都市の部はすべて田畑や手つかずの林になる。もしかしたら、そんな未来もあるかも?

Reference:Daily Mail
Licensed material used with permission by Kohn Pedersen Fox Associates PC
近年、欧米では環境持続性の観点から木造建築が見直されているといいます。温暖化防止のひとつの策として、鉄筋コンクリート(RC造)から木造化へという動きも。で...
2016年2月に公開され、わずか1ヶ月で100万回再生を突破した以下の映像。なんと、中学3年生(当時)が自主制作したものなんです。題材は、2045年の「技...
見慣れた日本の風景が、他国と比較するといかに異質なものであるか。そんな事実にハッとさせられる画像を紹介。ヨーロッパと南米の4つの街を「東京化」してみると、...
エッフェル塔、エンパイア・ステート・ビルディング、ブルジュ・ハリファ...人類はその文明を誇るため、より高い建築物を作り上げてきました。「Clouds A...
Big Benといえば、言わずと知れたロンドンのウェストミンスター宮殿(国会議事堂)に付属する時計台。ですが、こちらはNYに建設計画中だという「The B...
1988年『カクテル』という映画が大流行した。主演のトム・クルーズが、シェーカーを振り回す派手なパフォーマンスが話題になった。お洒落なカフェバーでカクテル...
世界の海に浮遊する海洋プラスチックゴミを再利用して、海中に持続可能な都市空間を建設する。発想が飛躍しすぎて、もはやSF映画のようですよね。これを大真面目に...
昨年の9月にユニークな本が出版された。タイトルは『シブいビル』。1960年代~70年代の高度経済成長期に建てられた東京のビル群を愛でるという内容で、紹介さ...
世界で若者が暮らしやすい都市のランキングが発表された。トロントにある市場調査会社によって制作されたものだが、そのランキングとは如何に!?第1位は、フランス...
ゴールドやシルバーのリングやネックレス。パッと見は何の変哲もないアクセサリーですが、実はこれらは世界の都市をモチーフにしたもの。たとえば、パリのリング。で...
今、日本には多くの外国人観光客が訪れています。富士山や京都も魅力的ですが、東京にも多くの魅力的な楽しみ方があると彼らは言います。ここでは世界旅行が大好きな...
右側の水槽に注目してほしい。水はひどく濁っており、奥の壁がまったく見えない状態だ。時刻は、およそ9時45分。次の画像の時刻は、およそ11時5分。まったく手...
「Artist in Hotel」とは、東京・汐留のパークホテル東京で2012年12月にスタートしたプロジェクト。アーティスト自身がホテルに滞在し、実際...
経済産業省の発表によると、日本における太陽電池生産額は約1兆円マーケット。民家の屋根にパネルを設置している風景も目新しいものではなくなりましたよね。小型、...
近年、東京から他の地域に移住する人が増えてきたように実感します。ただ、そのスタイルは昔とはまったく異なります。昔は「都会での生活に疲れた人がするもの」とい...
7月30日から、デザイナー・原研哉氏がディレクターを務める展示「HOUSE VISION 2016 TOKYO EXHIBITION」が開催されています。...
1925年から発行されている文芸誌「THE NEW YORKER」。ニューヨークにスポットを当てた記事を掲載しつつも、全米に(世界中にも!)多くの読者を持...
2016年7月20日。日本の政治経済、文化の中心である東京に「星のや」がついに開業。発信するのは、世界に認められる究極の「和のおもてなし」です。江戸時代に...
7月20日。ついに、首都・東京にも「星のや」が開業。ポイントは、東京では姿を消してしまったかのように思える日本旅館をコンセプトにしている点。設計、しつらえ...
新宿にできた、新しいAirbnb東京オフィスのワークスペースが発表されました。同社といえば、サンフランシスコ本社の倉庫を使った4階建吹き抜けオフィスが話題...