「東京カクテル7デイズ」このイベントは飲み過ぎ注意かも(笑)

1988年『カクテル』という映画が大流行した。主演のトム・クルーズが、シェーカーを振り回す派手なパフォーマンスが話題になった。お洒落なカフェバーでカクテルを飲むことは、当時大学生だった僕にとって、大人への通過儀礼みたいなもの。あれは、間違いなくオトナの味だったのだ。

あれから30年あまり、ロンドンやシンガポールで大人気のカクテルイベントが日本へ初上陸するらしい。その名も「東京カクテル7デイズ」。注目すべきは、都内の有名バー60店舗でスペシャルカクテル(1杯1,000円)をバーホッピングしながら味わえるところだ。 

有名バー60店舗による
240種類のカクテル

7576d816723b3c027fd85af6a065505547c7b9abDca9ecdea45fa7a64bd9d1210a8d4a145227f8357a36a592631d4f35ee77b23686ccf4cd7d5237cf

イベントのチケット代わりになるのが、カクテルパスポートだ。こいつを特設会場の「Village」で受け取ったら、バーホッピングのはじまり。渋谷、恵比寿、新宿を中心としたエリアにある有名バーへ向かおう。

各店舗がこのイベントのために用意したスペシャルカクテルは4種類。つまり、60店舗でのべ240種類ものカクテルを選べる計算となる。しかも、カクテルパスポートを提示すれば、値段はカクテルとしては良心的な1杯1,000円。かつてないバリエーションを前に、今までにないホッピングを体験できるに違いない。 

9988fea8da8fd1c395afc51964908bcc1bf547bd

「カクテルパスポート」の特典は、まだまだある。以下、ざっとまとめてみた。

■参加店舗のバーでカクテル1杯無料(但し、1店舗)
■「Village」にて6種類のカクテルが無料体験
■「Village」で開催するミニセミナーへの参加(※人数限定)
■最終日に実施されるシークレットパーティーへの参加(※抽選・人数限定)
■フードデリバリーサービス「Uber EATS」新規登録・初回注文の方に限り1,500円までの無料プロモコードをプレゼント

水戸黄門の印籠のごとく、フルに「カクテルパスポート」を活用しちゃおう!

未来のカクテルって
どんな味?

ところで、第1回目となる今回テーマは「Classic vs Futuristic, from 1847~2047」。

カクテル発祥の年といわれる1847年のクラシックカクテルから、近未来2047年を想定した架空のオリジナルまで楽しめるという。以下、各バーが提案するカクテルをほんのすこしだけ紹介しよう。

7dfa70380e8e4443cf241fe032822b9e320e87de

『大人のメロンソーダ』
「atlier 森本 XEX(六本木)」
想定年:2017 

8d05f7733e7b3293332b07ad508a7e8a66c09967

『京都スペシャル』
「Anjin(代官山)」
想定年:2017

Df43bf73d6cd447a161af98c0994806bb62bb20a

『ボタニカル&ボタニスト トニック』
「Bar Benfiddich(西新宿)」
想定年:2020

Cc5fa9ea5fe99c3e74040498ca34d3f1fa2a551d

『ノックユアハート』
「Aoyama Bar Rage(青山)」
想定年:2047

しかしながら、未来のカクテルとは一体どんな味がするのだろうか? 

【開催概要】
■日程:2017年5月22日(月)〜28日(日)
■場所:
1) Village(特設会場)Weekend Garage Tokyo(東京都渋谷区代官山町1-1)
 ※Villageのオープン時間は16時〜21時半となります。
2)渋谷・恵比寿・六本木・新宿を中心のエリアとした60店舗
※チャージなどは、店舗によってかかる場合があり。
■料金:当日券5,000円(税込)
■チケット入手方法:公式URL http://cocktail7days.com/ticket.html から。またはVillage(特設会場)でも購入可能。

Licensed material used with permission by 東京カクテル7デイズ
「かき氷」と言われて連想するのは、シャリッと音を立ててストローが刺さる氷の山。そこにピンク、ブルー、イエローといった、蛍光色の鮮やかなシロップがかかった夏...
カクテルにキュウリってどんな味がするの?と思うかもしれませんが、これが意外や意外、悪くないんです。ロンドン生まれのリキュール「ピムス」を使ったカクテルは、...
お酒を嗜む人であれば、ビターズという言葉を耳にしたことはあるだろう。ビターズとは、数種類の果物やスパイスなどをお酒に漬け込んで作るリキュールのこと。その味...
安い赤ワインを使ったあるカクテルが、いまブルックリンの若者を中心に人気が高まってきているらしい。それが「Kalimotxo(カリモーチョ)」と呼ばれる、め...
ややこしい名前がすんなり頭に入らず、そもそも何のお酒が使われているかすら想像がつかない、もしくは甘いお酒が解せない、カクテルを敬遠する人たちの心理に少なか...
出勤前や昼食後、さらには仕事の休憩時に、バーで同僚と軽く一杯。もしこれがお酒だとしたら、当然ながら社会的にNG。というより、そんな時間帯にはオープンしてい...
ドイツのお祭りに登場する屋台のなかに、心もカラダもあったまる、とっておきのカクテルが店を出します。当地ではとってもポピュラーなこのカクテルは、ココアをラム...
旅行は楽しみだけど、飛行機の待ち時間は、少し憂鬱。そんなときはハイセンスなバーで一杯いかがでしょうか?今回は「oyster.com」にまとめられていた、世...
暑い夏の定番カクテルといえば、キンキンに冷えた「モヒート」をおいて他にありません。ライムとミントの爽快な味わいは、この上ないベストマッチングですが、ライム...
寒い時期はさっぱりしたものよりも、ちょっぴり濃厚なドリンクが飲みたくなるもの。それはお酒にも言えることです、よね。そこで今回は、管理栄養士の観点からちょっ...
カクテルのレシピが覚えられない…?だったらグラスに描いちゃえばいいじゃない。そんな発想から生まれたのが、こちら。考案者は元弁護士のアリソン・トーマスさん。...
今やコンビニでもどれにしようか選べるまでになったクラフトビール。もちろんこの夏もクラフト熱は冷めやらない。キンキンに冷えたビールも確かにうまい。けれど、今...
居心地のよい旅には一体なにが必要だろう。飛行機に乗って、はじめての国を訪れ、土地に触れ、知らない人と知り合いになるのは、とってもエキサイティングなことだ。...
水分補給が欠かせない、夏ーー。とは言っても「なにを飲むか」は、仕事中でもバケーション中でも、つねに頭をめぐるテーマですよね。ここで紹介するのは、海外で話題...
2016年7月20日。日本の政治経済、文化の中心である東京に「星のや」がついに開業。発信するのは、世界に認められる究極の「和のおもてなし」です。
音楽、映画、文学など、誰にだって心のよりどころとしている作品があるはず。そんな“オール・タイム・フェイバリット”を探る週替り連載企画。今週はロック・バー「...
大昔に使われていた給油タンク「ジェリカン」をリサイクル!クールなバーキャビネットに生まれ変わりました。雰囲気がバツグンです。扉はミラーのテーブルになってる...
 ノンアルコールビールもすっかりおいしくなり、今ではアルコールなしのカクテルが注文できるバーもたくさんあります。少し前までは特別なものだった「ノンアルコー...
2016年6月1日(水)、東京・世田谷に日本初の試みとなるカフェバー「Crêpe Café & Bar esprit de esprit(クレープ...
道行く人がつい足を止め、気になって見てしまうちょうど良さがキモ。特に奇をてらった内容ではないけれど、なんとなくリラックスできるイラストが日々描き続けられま...