Apple社ティム・クックCEOが、FBIの捜査協力要請を拒む理由

2016年2月16日、Appleのホームページに、顧客に向けてこんなメッセージが投稿されました。

「米国政府が、顧客の個人情報の安全性を脅かす、前代未聞の要求をしてきました。私たちはこれに反対しています」

これは、政府が、カリフォルニア州サンバーナディノで発生したテロ事件の捜査で、犯人が持っていたiPhoneのロックを解除するようApple社に要求したことに対し、ティム・クックCEOがその意志を表明したもの。一部紹介します。

米国政府がiPhoneに
「裏口をつくれ」と要請?

Medium fdd2c7ea0cd441c03b91ad45fbeeb451aaf7c225

「私たちは、長い間データを守るために暗号化を使用し、自分たちでさえ手が届かないところにデータを置きました。それが顧客の安全性を守る唯一の方法だったからです。あなたのiPhoneの中にあるデータは、私たちのビジネスとは別のところにあるものですから。

皆、12月にサンバーナーディーノで起きたテロにショックを受け、憤りを感じていました。FBIは私たちが所有しているデータを公開するよう要求し、私たちはそれを受け入れました。出来る限りのアドバイスを行えるように努力して、実際にいくつものアイデアを提供しました。

私たちは、FBIをプロフェッショナルとしてリスペクトしています。技術的に出来うるすべてのことをしてきました。が、米国政府は私たちに、所有してないものを差し出せと要求してきたのです。iPhoneに裏口を作れと。

彼らが求めたのは、重要なセキュリティ機能を回避できるiPhone用の新しいオペレーションシステムを作ること。犯人が持っていたデバイスにインストールして調査することが目的ですが、そんな技術は今存在しませんし、他のすべてのiPhoneのロックが解除されてしまう可能性を秘めています。

間違えないで下さい。政府がいくら今回だけしか使用しないと主張したところで、そんなコントロールが正常に機能する保証はどこにもありません。

たった1台のiPhoneのロックを解除するくらい大したことではない、そう主張する人も現れるかもしれません。が、デジタルセキュリティの基盤や政府が何を要求しているのか分かっていないのでしょう。

もし暗号化システムの『キー』が知られ、コードを迂回する方法が解読されてしまえば、知識を持っている人間であれば誰でも暗号が解けるようになります。

政府はこのツールを、一台のモバイルに、一度しか使わないと言います。しかし、それは真実ではない。一度作られてしまえば、その技術は何度も繰り返し利用され、無限のデバイスを解読できる『マスターキー』になってしまいます。レストラン、銀行、自宅。あらゆるドアを無断で開けられるなんて、そんなことは誰も許さない。

政府は、私たちが長い間守ってきた顧客を、1000万人以上のアメリカ国民を、サイバー犯罪者に差し出せと言っているのです。

皮肉なことに、いまiPhoneに使われている強固な暗号コードをつくったエンジニアに対しても、プロテクトを弱くしてユーザーの安全性を低下させろと要請がありました。これまでにない事態です。

暗号学者や安全保障の専門家は、暗号化を弱めることの危険性について警告してきました。これは、Appleや法律を信用する善良なる市民を傷つける行為です」

プライバシー保護か、法執行か。

このメッセージを巡り、世界中で議論が行われている理由は、テクノロジー企業が政府の介入をどこまで許すのか、という問題に関心が集まっているからでもあります。Appleは、裏口をつくるような要求に答えれば、顧客の生活を脅かす可能性が高いと判断し、政府による協力要請を拒否。

The Bloomberg」によれば、ロン・ワイデン上院議員は「危険な前例だ」とコメント。「政府が企業に対して、意思にそぐわないハッキングツールの作成を強制しかねない」と、海外への影響も含めて懸念を示しています。

一方、「The Guardian」には、トム・コットン上院議員の「Appleは、アメリカ国民の安全よりも、死亡したテロリストのプライバシーを守った」との発言も。セキュリティ保護と法執行の比重のバランスをどう取っていくのか、その賛否の行方に注目が集まっています。

Appleの現CEO、ティム・クック。2009年にスティーブ・ジョブズにより後継者として指名された彼が、仕事をする上で大切にしていることは、「自分だけの信...
ライターBenny Luo氏が「NextShark」にまとめたのは、Appleの創業メンバーについて。とはいえ、メインはあのスティーブ・ジョブズでも、“ナ...
まるでiPhoneがそのまま車になったかのようなデザイン。Appleでは、密かに自律運転車両の開発が行われている…。と、多くのメディアが報じていましたが、...
「人の絵文字の肌の色が一色なのはおかしい!」との声に、ついにAppleが応えました。開発者向けに配布が始まったiOS 8.3 beta2では、従来の絵文字...
Appleユーザーやファンにとって待望の新製品発表会が、日本時間の9月10日午前2時より開催されます。毎回のことどんな発表があるのか予想がされますが、幾つ...
「Keep It Simple」という言葉を知っているあなたは、ちょっとしたApple通!同社といえば、MacやiPhone、Apple WATCHなどな...
「歴代のiPhoneを水没させたら、どれが一番最後まで生き残るか?」Zach Straleyさんが行ったちょっと過激な実験が、YouTubeで話題を集めて...
2015年9月9日、AppleとHermèsは、Apple Watchの新しいコレクション「Apple Watch Hermès」を発表。前者の比類のない...
元FBIおとり捜査官という異色の肩書きを持つLaRae Quy氏。捜査官時代に経験した訓練施設での体験を通して、成功のためのプロセスをどう自分自身で描いて...
9月8日の発表から、見どころを抜粋して紹介。国内で発売されるiPhone 7 / iPhone 7 Plusは、約0.1秒でデータの読み書きができるFel...
AppleとNike。世界でもっとも革新的なブランド2つが、長いあいだ一緒に走り続けてきたからこそ生まれた最新モデルがこの「Apple Watch Nik...
遂に「Apple Watch」が発表されましたね!しかし、バリエーションだのなんだの沢山情報がありすぎて、一体何ができるのか・・・。今回は「Apple W...
夏の連休に遠出の計画をしている人も多いはず。ここでは、その際に「Apple WATCH」をフル活用して、いつもの旅行を何倍も快適にしてくれるアプリや豆知識...
車に乗る人なら、こんなやりとりをした経験があるかも。「すみません、ちょっと電気を分けてもらえないでしょうか。バッテリーが切れてしまいまして…」そんな時は、...
まだ10歳のとき、初めて目にした「iMac G5」に一目惚れした少年。おもちゃのミニバイクと家の除雪機とで、物々交換して手に入れた人生初のパソコン。それか...
新しいiPhoneシリーズに搭載された「感圧タッチ(Force Touch)」機能には、まだ見ぬ可能性が潜んでいたようです。なんと、画面の上に置いたモノの...
最新のApple Watchを置くレトロな充電スタンド「Elago W3 Stand」が話題になっています。アメリカのAmazonでは2日間で5,000個...
iPhone6が発売された時に話題になったのが、その耐久性。ポケットに入れると曲がってしまう現象は、写真とともにSNSで注目され、さまざまな耐久テスト動画...
ここで紹介するのは、Appleが2014年9月に発表したCMです。短くても、しっかりとしたメッセージがあり、しかもエンターテインメントとしても楽しめる“作...
小型軽量化が進むドローン技術ですが、それでも尚サイズや重量、さらには価格がボトルネックにありました。これら全てを一度に解決してしまう、画期的なドローンが誕...