Appleティム・クックの卒業スピーチ「バカにするやつは放っておけ」

これは、スティーブ・ジョブズの後継者でAppleのCEOティム・クックが、現地時間6月9日(金)にマサチューセッツ工科大学の卒業式で行ったスピーチ。その中でも、個人的に不意をつかれた言葉がある。

「人生の目的を見つけるのに15年もかかった」という一言だ。

私は成功者に対して、「情熱を傾けられるものに熱中して、気づいたら成功していた人たち」というイメージを抱いていた。だからこそ「普通の人に近い視点」で経験を語ってくれる彼に親近感を覚えた。

人生の目的を見つけるまでに彼が歩んだ道のり。そして、そこから学んだ若者にどうしても伝えたいこととは?約15分に及ぶ演説の一部を紹介しよう。

「早い時期からずっと
もがき苦しんでいた」

「『一体どこへ向かっているんだろう?』そう自分に問いかける時が来るだろう。正直に言うと、私は同じ質問を問いかけ続け、答えを見出すのに15年近くかかった」

「高校生の時には、何になりたいかを答えられればそれは人生の目的を発見したことと同じだと思っていた。けれど違った。大学生の時には、学ぶコースの専攻が明確になっていれば見つけたも同然だと思った。それも違った。社会人になってからは、良い仕事に就けばいいのだと思った。でもそれも違った。だったら昇進すればいいのかとも思った。けれど見つからなかったんだ」

クックはMBA取得後、12年間IBMで働くのだが、答えはすぐに出ると言い聞かせて前進していた。母校を訪れたり、メディテーションをしてみたり、宗教を信じたり哲学者の本を読むなどして、ありとあらゆる物事に答えを求めたということだが、一向に見つからない現実に苛立ちを感じていたという。彼は最初から目的を持ち、成功への道を確保していたわけではなく、多くの人たちと同じようにもがき苦しんでいたのだ。

ジョブズがいるアップルへ
そして見つけた「答え」

クックがAppleに入ったころ、ジョブズは「人とは違う考え方をしよう」というメッセージを発しており、世界を変えることができると本気で信じていたという。

彼は当時をこう振り返る。

「これほどまでに情熱があるリーダー、そして『人の役に立つ』という明確な目的を持った会社に出会ったことがなかった」

そしてこの時ついに、彼の答えはハッキリした。

答えはとてもシンプルで『人の役に立つ』ということ。時代の最先端を走り困難に立ち向かう会社と、まだ存在もしていないテクノロジーが世界に革命を起こすと信じるリーダー。それらが結びついた気分になったんだ」

「明確な目的がなく働いていたら、答えを見つけることは一生なかっただろう。スティーブとAppleは、会社のミッションを自分のものにしてしまえるくらい、私を仕事にどっぷり放り込んでくれた。そうして自分に問いかけることができたんだ。『どうしたら人の役に立てるのか?』って。人は自分を超える何かを目指して働く時、意義を見出すことができるんだよ」

「バカにするやつは
放っておけ」

そしてスピーチも終盤にさしかかる頃、クックは卒業生たちに向けてこう呼びかけた。

「社会には、あなたのことを小馬鹿にする人がたくさんいるだろう。インターネットは様々なことを可能にし、力を与えてくれる。けれど善意がなくてくだらない、ネガティブなことがいきかっている場所でもある」

「雑音に惑わされないでほしい。つまらないことに足を踏み入れないように。嫌なやつには耳を貸さないように。そして頼むからそういう人にはならないように。人に好かれることではなく、役に立つことを軸に自分自身の影響力を評価するように。他人の目を気にするのをやめた時、人生はより意義のあるものになる。君たちもきっと自分なりの人生の目的を見つける時がくるだろう」

「キャリアを積んでいくのに感情はいらない、と説得しようとする人たちが出てくるだろうが、そんなウソは受け入れないようにするんだ」

スピーチのフルバージョンを聞きたい人は、ぜひ動画で。

Top Photo by John Tlumacki/The Boston Globe via Getty Images
Appleの現CEO、ティム・クック。2009年にスティーブ・ジョブズにより後継者として指名された彼が、仕事をする上で大切にしていることは、「自分だけの信...
申し訳ないけれど、正直、今までに聞いてきた卒業スピーチの内容は頭の片隅にもない。でも、こんなスピーチをされたらずっと記憶に残るかもしれない。 舞台はニュー...
ハーバード大学が今年の卒業スピーチに指名したのは、Facebookのマーク・ザッカーバーグ。ちょっと心配そうな彼がアドバイスを求めた相手は、ちょうど今から...
2016年2月16日、Appleのホームページに、顧客に向けてこんなメッセージが投稿されました。「米国政府が、顧客の個人情報の安全性を脅かす、前代未聞の要...
米Facebook社のCOO(Chief Operating Officer)シェリル・サンドバーグさんが、UCバークレー校の卒業生に贈ったスピーチを紹介...
5月は、アメリカでは卒業式の季節。青い空に向かって卒業生が一斉にハットトスする様子に、一度は憧れた人も多いのでは?そんなおめでたい写真の数々がSNSを賑わ...
ツイッターの共同創設者「Dick Costolo」氏がミシガン大学の卒業式で語ったスピーチが熱すぎる!コメディアンを志していた学生時代から、今や世界中の人...
バージニア州の高校で、生徒一人ひとりの顔写真が並んだ卒業アルバムに、ちょっと見慣れない「犬の写真」。このワンちゃんの名前は、Alpha。重い糖尿病を抱える...
門出の季節にぜひ見て欲しい動画を紹介します。じつはこれ、今からちょうど一年前、全米で話題と感動をさらった女子高生の物語。卒業パーティーのはずがなぜか爆買い...
スピーチやプレゼンをしたときに、おもしろみがない、心に響かないという評価を受けてしまう…と、お悩みのあなた。では、どうしたら聞き手におもしろいと思われ、心...
ライターBenny Luo氏が「NextShark」にまとめたのは、Appleの創業メンバーについて。とはいえ、メインはあのスティーブ・ジョブズでも、“ナ...
ほぼ同じ内容をプレゼンしているのに、「あのプレゼンは良かった」と褒められる人と、ちっとも話を聞いてもらえない人がいます。なぜかというと、プレゼンの成否は「...
映画好きならずとも、“史上最高のスピーチ”と称されるチャーリー・チャップリンの演説は、ご存知の人も多いでしょう。20世紀の喜劇王が挑んだ初のトーキー(映像...
第58回目のグラミー賞授賞式で、テイラー・スウィフトが2度目の「年間最優秀アルバム」を受賞しました。女性アーティストとして史上初の快挙となります。そのほか...
まるでiPhoneがそのまま車になったかのようなデザイン。Appleでは、密かに自律運転車両の開発が行われている…。と、多くのメディアが報じていましたが、...
ジェイク・ベイリー君(18歳)は、ニュージーランド・クライストチャーチにある男子高校の生徒会長。2015年11月4日に行われた同校のとある表彰式で、彼はス...
リンゴを丸ごとキャラメルでコーティングして、砕いたクッキーやナッツ、グラノーラなどでデコレーションする、アメリカ生まれのスイーツ「キャラメルアップル」。イ...
心も体も満たされる、素敵なセックスって素晴らしい。でも、そんな経験ないけど…本当にできるの?と疑問に思っている女性も多いかもしれません。「Elite Da...
プレゼンテーション(以下プレゼン)の語源は、プレゼントだと言われています。つまり、相手ありき。聞く側の気持ちを考えて、話をすることがキモなのです。「 Th...
「人の絵文字の肌の色が一色なのはおかしい!」との声に、ついにAppleが応えました。開発者向けに配布が始まったiOS 8.3 beta2では、従来の絵文字...