元FBI女性捜査官が教える「折れない心のつくり方」

元FBIおとり捜査官という異色の肩書きを持つLaRae Quy氏。捜査官時代に経験した訓練施設での体験を通して、成功のためのプロセスをどう自分自身で描いていくか、その秘訣を紹介しています。いずれも、どんな職種にも活かされる仕事への姿勢。必見です!

01.
目標から目を背けず
常にゴールを見定めること

fbiagentwillpower_216149827

まず、自分の意志を駆り立てるには、なぜそれが自分にとって重要なのかの原点に立ち返ることです。必要のない仕事やタスクに翻弄されているようでは、意志の力があなたを救うことは絶対にありません。
なぜ、それに時間がかかるかといえば、そこを本気で追求できるか否かに、全てがかかっているからなのです。

私の場合、「FBI捜査官になる」という明確でブレない目標がありました。それが自分の最終目的であり、そのために日々をどう生きるべきかを逆算して追求するいくことで、現実に近づいていったのです。

02.
自分に楽をして
解決策を焦らない

fbiagentwillpower_204320818

FBIアカデミーは、バージニア州クアンティコの海兵隊基地に属していました。毎日のトレイルランニングの訓練において、あるとき私はショートカットできる脇道を発見したんです。以来、この楽をする道に逃げ、“どうでもいい“という態度でランニングをサボっていた時期があります。
残念ながら(幸いにも)教官がそんな私を発見し、罰としてさらに遠回りさせられることになりました。

ズルがいけないのは当然ですが、それ以上に学んだ教訓があります。それが「急いてはことを仕損じる」ということでした。先回りして結果だけを求めては、足元にある些細な事象を見逃すこともあるのです。

03.
いつでも脳トレを欠かさない

fbiagentwillpower178645091

FBI捜査官が“瞑想”なんて言ったら、どこか情緒的に聞こえてしまうかもしれません。でも、このトレーニングが本当に必要だと感じたのは、けん銃の射撃訓練を受けたときです。心の中を空っぽにして、不要な思考を全て排除する必要がありました。

上手な射手とは、完全なる精神統一ができる“禅モード”に切り替われる人のことを指します。集中しきったこの状態でわざわざ訓練を受ける捜査官もいるほどです。
つまり、きちんと自分の思考を整理することで、焦点が見えてくる。何度もこれを繰り返すことで、自制心や意志の強さが養えるのです。

04.
“継続はチカラ”
しつこいくらいの反復練習

_220574002

アカデミーで実施された体力テストでのこと。すでに、不合格となっているにもかかわらず、コーチは私にテストを完遂させることで、潜在意識の底にある私のマントラを呼び起こしてくれました。
「諦めてはいけない」どんなに失敗したって、また立ち上がる。それがどう自分に影響を与えるか、それをきちんと意識できていますか?

アカデミーでの経験は、未知なることに直面したり、不可能に思えることばかり。いつもフィニッシュラインが私に見えていた訳ではありません。それでも、根気よくひとつのことを持続することで前進し、結果として成功を手に入れることができるはずです。

05.
必要に応じて柔軟に
マインドセットを変える

fbiagentwillpower_119939530

テロや犯罪の脅威。いかに小さな情報であろうとそこに脅威がある以上、徹底的に捜査し特定していく。これがFBI捜査官に課せられた任務でした。予備捜査として与えられているのはわずは90日間。何の裏付けとなる証拠が見つからない場合、捜査は打切られてしまいます。

日々、何かに追われながら成果を出すためには、柔軟かつフレキシブルな思考をキープすることが必要不可欠。山積する難題に対して、つねに新しい価値観で挑まなければ、パズルのピースをはめ込んでいくことはできません。

純粋な意志が私に前進する力を与えてくれました。迷宮に迷い込んだときこそ、安易な考えを捨て去り、マインドセットを組み替えてみることをおすすめします。

Licensed material used with permission by LaRae Quy

23年間FBIで諜報員として活躍したというLaRae Quy氏。彼女が、現場での豊富な経験を元に、嘘を見破る方法をライターJustin Bariso氏に伝...
2016年2月16日、Appleのホームページに、顧客に向けてこんなメッセージが投稿されました。「米国政府が、顧客の個人情報の安全性を脅かす、前代未聞の要...
仕事やプライベートで逆境に見舞われたときに、「折れない心をもった人」と「心が折れる人」がいます。特にビジネスの場では、折れない心は「仕事がデキる人」として...
最近本気が出ない!とこぼしているそこのあなたへ。「I Heart Intelligence」に掲載された、脳の本領を発揮し機能の向上が期待できる9つの方法...
米海軍特殊部隊、ネイビーシールズの元司令官Mark Divine氏が、1日を充実させるために毎朝実践している6つのことを明らかにしています。実はこれ、イラ...
ムンク、ゴッホ、ピカソ…誰もが一度は目にしたことがある有名どころの絵。それらをポップなトーンで落書きしているのは、バングラディシュのアーティストDoodl...
「採用」とは、十分下準備をして、ようやく勝ち取れるもの。ですが、会社が求めているものと自分が発信することにズレが生じてしまうと、せっかくの準備も水の泡です...
女性の脳内で起きている変化って、想像するよりもずっと大きなものなのだとか。神経精神医学に詳しい、Laura Brisendine博士は『The Femal...
ニューロサイエンス(神経科学)に基づくウェアラブルデバイスの開発が相次いでいます。情報化社会をフルスロットルで日々生活しているうちに、いつしか自分の思考が...
人間ってすごい!なんと初めての場所で眠る際、脳の半分くらいは防犯のために起きたままでいるんだそうな。「Current Biology」にブラウン大学による...
就職・転職活動でもっとも大切なものといえば、やはり面接。失礼なミスはもちろん、準備不足や、実力が発揮できない、なんてことはくれぐれも気をつけたいところ。そ...
一般的に、男性が守ってあげたくなる「弱さ」が、女性の魅力だとされる風潮があります。しかし、ここで紹介する「Thought Catalog」の記事は、正反対...
「TIME」、「Forbes」、「Fortune」、「Business Insider」などビジネス誌、経済誌から引っ張りだこの人気コラムニストNicol...
笑顔や仕草から、内面のエネルギーが溢れている女性は、どこか凛としている。自意識の高さもある、けれど単なるワガママとも違う。魅力的な女性たちは、どんなところ...
仕事の休憩時に、または通勤の電車内で、ちょっと頭の体操を。下のイラストには、6つの数字が書かれています。ただし、そのうちの1つは隠れていて見えません。他の...
2016年もまだ100日以上残したこのタイミングで来年の話なんて、と思う人はそこまで。このデータを目にしてもそう言える?新年に立てた目標を達成できずに終わ...
これまで女性は「仕事か家庭か」「出世か出産か」の二者択一を迫られることが多かったと思います。けれど、今はプライベートを大切にしながら仕事も継続できる時代。...
「男と女の脳は違う!」なんて話をよく聞きますが、男女の生物学的な差は、実際のところ知性にどれだけの影響を与えているのでしょうか。男女差は本当にある?それと...
人間の脳と心は親密につながり合って、あなたを動かす原動力となります。この漫画の中で、心はいつもココロ満たされていたいと思っています。かたや脳は、そんな心の...
休憩中や食事中、さらには就寝前まで仕事のことばかり考えている……こんなことをしていたら脳のパフォーマンスは一向に良くなりません。医学博士である石川善樹さん...