厚さ1mm以下。中が透けるほど薄い有田焼磁器「エッグシェル」

注いだ飲み物によって色が変ってしまうほど薄く、まるで「照明器具?」と疑いたくなってしまうような有田焼磁器を知っているでしょうか。

江戸時代から明治時代にかけて作られた、海外輸出向けの食器の中に「卵殻手」と呼ばれる磁器がありました。そう、文字通り、卵の殻ほど薄い器なのです。

「エッグシェル」が
100年の時を経て復活!

arita_MG_9036当時、その衝撃的な薄さから、西洋では「エッグシェル」と呼ばれ絶賛されていたこの器。残念ながら、その技術は100年前に1度途絶えてしまいました。しかし、佐賀県にある有田焼窯元の「やま平窯元」が独自の手法により製法を復活させ、なんと1mm以下の薄さを実現。

驚くなかれ、この上の写真も色がついた陶器ではなく、中身が透けて見えているのです。ちなみに、強度のイメージはガラス製のグラスに近いそう。

まゆのイメージが施された
柔らかな「白」

arita_MG_8648デザインは有田焼の「らしさ」を味わってほしい、とシンプルな白で統一。さらに磁器特有の透光性で、カクテルやジュースなどを注ぐと見事に色づいてくれます。 image_テーブルコーディネート上品な「エッグシェルシリーズ」は商品数も豊富で、「スパークリング」「タンブラー」「ビアグラス」「徳利」「ぐい呑み」など様々。ぜひ、あなたの食卓も有田焼磁器のエッグシェルで彩ってみませんか?

Licensed material used with permission by やま平窯元

お気に入りのパン屋で買ったクロワッサン、はたまた、ちょっと頑張って作ったパンケーキやガレット。優雅な洋風の朝食ももちろん素敵ですが、やっぱり和は格別。中で...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
時間のとれる週末の朝におすすめしたい卵料理がこちら。「メネメン」というトルコ版スクランブルエッグです。え?と思うでしょう、でもねアレンジ次第でこれだけゴー...
アメリカ生まれのアボカドの美味しい食べ方をご紹介。火を通すことで、柔らかく、いっそう美味さが増すアボカドを、トロトロの半熟卵にからめて食べる「アボカドエッ...
トマト、グリーンピース、チョリソー、半熟卵を使った「フラメンカ・エッグ」という名の料理があります。もちろん出自はスペイン、セビーリャの郷土料理。なんでも、...
ハンブルグを拠点に活動するセラミック・アーティストのAngelina Erhornさんがつくってるのは「Origami(折り紙)」を模した食器シリーズ、。...
アイルランド南部の町にある小さなカフェが、イースターに向けたとびきりスウィーティーなタマゴ入りコーヒーを考案し、Instagramに投稿しました。なんでも...
僕は、基本的に手ぶらが好きなんです。大きなカバンを持ち歩くことも多いですが、手荷物は、ポケットの中におさまるくらいでちょうどいい。いつでも身軽でいたいんで...
レストランで楽しめる外国の料理を、食べるだけでなく実際に作ってみたい!そんな人にオススメなのが、ここで紹介する「Tadaku」。日本で生活する外国人が講師...
あくまでも個人的見解ですが、2014年頃に盛り上がりを見せたノームコアブームは、約3年が経過した今でも色褪せていない印象。街を歩いても、かつてはよく目にし...
くったりとしなびたレタス、しわしわに乾いてしまったほうれん草……購入したものの、しばらく使わず野菜の鮮度が落ちてしまったという経験は誰しもあるはず。そんな...
いまや、食器洗浄機を使うことなんて当たり前。でも、ちょっと体力が残っているときは、手間を承知で「手洗い」するのもイイかもしれない。なぜなら、「Little...
炭火を使って豪快に料理するキャンプやBBQの場だったら、既製の白い紙皿がよく似合います。けれど、ケータリングや持ち寄った料理を、もっと綺麗で華やかに盛り付...
繰り返し使っていても、ちっとも飽きがこないお皿があります。サラダをどっかと盛り付けるときは鉢のように底を深くしてみたり、アペタイザーなら平ぺったいままふち...
環境保全対策の一環で、7月1日にスーパーで配られている使い捨てレジ袋の配布を禁止した同国。矢継ぎ早に使い捨てプラスチック製食器やカトラリー、カップの販売を...
セレクトショップでたまに目にする、ガラス製のプランター。とくに植物を植え込む用に作られたものは「テラリウム」なんて呼ばれています。使い方が分からずに、これ...
質問:「あなたは毎日どこで食事をしていますか?」この質問から始める理由は、あなたの答えがこのイケアの食器の必要性を左右するから。すでにロングセラーだった「...
ワインを注ぐときに、イヤなこと。それは垂れること。テーブルクロスや洋服を汚しかねないから慎重にやるけど、やっぱり垂れちゃう。しかも、ワインの染み抜きって時...
いかにもイタリア人的な感覚から生まれた、アソビ心満点の転写式タトゥーシールのご紹介。でもこのタトゥー、貼る場所までちゃんと決められているのです(一応)。そ...
その道の一流選手が、基本を丁寧に解説してくれる。たとえ、それが野球であれ、サッカーであれ、上達を目指す子どもたちにとって、これほど貴重な機会はないですよね...