朝とも昼ともつかない「ごちそうスクランブルエッグ」をどうぞ

時間のとれる週末の朝におすすめしたい卵料理がこちら。「メネメン」というトルコ版スクランブルエッグです。え?と思うでしょう、でもねアレンジ次第でこれだけゴージャスになる。つまり朝食にも昼食としてもいける、この「ごちそう感」が推しなんです。

Fbbcaa51f26fb3b230a91be2da1bdbcb02addbd8

このメネメン、本場トルコでは朝の定番。トマト、ピーマン、玉ねぎを入れたボリュームたっぷりのスクランブルエッグです。赤、黄、緑といろどりもじつに鮮やか。ハード系のパンと一緒にどうぞ。

<材料>

・卵:1個
・玉ねぎ:1/4個
・トマト:1個
・ピーマン:1個
・塩こしょう:適量
・オリーブオイル:大さじ1/2
・バター:3g

 <つくり方>

みじん切りにした玉ねぎ、5ミリ角に切ったトマト、ピーマンを用意。フライパンにオリーブオイル、玉ねぎを入れて中火で熱し、透き通ったらピーマンを加え、全体に油が回ってからトマトを加えます。これで弱火で5分。

そこに卵を溶いて加え、鍋肌の卵が固まってきたら、優しく混ぜて半熟状態に。このタイミングで火を止めてバターを入れ、塩こしょうで味をととのえれば完成です。

アメリカ生まれのアボカドの美味しい食べ方をご紹介。火を通すことで、柔らかく、いっそう美味さが増すアボカドを、トロトロの半熟卵にからめて食べる「アボカドエッ...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
お気に入りのパン屋で買ったクロワッサン、はたまた、ちょっと頑張って作ったパンケーキやガレット。優雅な洋風の朝食ももちろん素敵ですが、やっぱり和は格別。中で...
朝食メニューに少しひねりを加えてみましょう。手間をかけるのではなく、あくまで少し工夫するだけ。「Food52」で紹介されているレシピから、ブレックファスト...
トマト、グリーンピース、チョリソー、半熟卵を使った「フラメンカ・エッグ」という名の料理があります。もちろん出自はスペイン、セビーリャの郷土料理。なんでも、...
ここで紹介するのは、見た目も華やかでおいしい朝食たち。でもじつは、すべて電子レンジであっという間に作れるものなんです。こんなメニューが食卓に並んだら、朝か...
三度の飯よりホットドッグが好き?ケチャップとマスタードをかけるだけじゃ味気ない?「Cool Matrrial」が紹介したホットドッグ12変化を紹介しよう。...
作り置き料理やおうちにあるものをアレンジすれば、あまり料理が得意じゃない人でも、簡単にピザやグラタンがつくれるんです。誰もが食べたくなるようなメニューとセ...
環境先進国のスウェーデン、国民生活の意識のなかにも「食材をムダにしない」は、浸透しているようです。そんな彼らのアイデンティティをまさに体現しているレシピが...
注いだ飲み物によって色が変ってしまうほど薄く、まるで「照明器具?」と疑いたくなってしまうような有田焼磁器を知っているでしょうか。江戸時代から明治時代にかけ...
花を食べるーー。日本では菜の花や菊などをたまに食卓で目にする程度ですが、ヨーロッパ、とりわけイタリアとフランスではよく食べられているそう。フードライターの...
甘いものが大好きな人も、普段そんなに食べない人も、カラフルで気分の上がる「SWEET TOAST」は、ステキな1日のはじまりにぴったり。誰もが食べたくなる...
ふんわりトロトロの食感とじゅわ〜っと広がる甘みーー。でも、たまにはちょっぴり違うアレンジで!ミルク:3分の1カップたまご:2個刻んだタイム:ティースプーン...
旅に出る理由に、その土地の味を楽しむことを挙げる人はとても多いだろう。豆がぎっしり入ったダルカレーを食べたいのであればインドへ行けばいいし、焼きたてふかふ...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
誰にでも、お気に入りのカフェのひとつはあるはずだ。おいしいコーヒーはもちろん、BGMのセンスが良かったり、そこでしか味わえない料理があったり、いつ訪れても...
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
まるまるとして、皮がパツンとはじけるように張った真っ赤なトマト。野菜のなかでもなぜトマトが好きなのだろうと考えてみたら、それはきっと、見ているだけで元気を...
フレンチ、中華、そしてトルコ、これが俗に言うところの世界三大料理です。その中でトルコ料理だけ、日本人の印象が薄いのはなぜでしょう。ドネルケバブのイメージは...
なすを使った料理といえば、どんな食べ方が思いつくでしょう。焼きなす、揚げなす、煮物にしたり、漬物にしたり、調理法はさまざま。でも、きっとこのスタイルは意外...