毎年秋になると即完売!「九州産オリーブ」人気の理由

パスタやカルパッチョ、アヒージョなど、イタリアンやスペイン料理に使われることが多いオリーブオイル。各国の料理に頻用されていることからわかるように、オリーブの産地は、地中海沿岸が中心ですが、最近では日本の小豆島産も人気ですよね。
日本ではオリーブ=小豆島といったイメージがが強いですが、今九州産オリーブもジワジワと話題になっています。

ジワジワといっても、その人気は相当なもの。なんせ発売と同時に即完売しているそうですよ!

どうして今、九州でオリーブ?

荒尾 (03)

オリーブ栽培に適した気温は、平均気温16℃~23℃といわれています。そんな気候条件をクリアするのが、温暖な環境の九州。今この地では、地域活性の起爆剤として、オリーブに関する事業を展開中です。地域的にも、佐賀県伊万里市や鹿児島県霧島市、大分県大分市など、その輪が九州内でどんどん拡がっているそう

即完売するオリーブとは?

5000年以上も前から地中海沿岸で栽培されてきたオリーブ。
九州での生産の歴史は浅いものの、秋に収穫される九州産オリーブで作った加工品は、予約販売を開始すると毎年、即完売状態に!

仕掛け人は、「九州発のオリーブで日本を元気にしたい」と、オリーブ事業を展開する福岡市の団体「オリーブジャパン」。
同団体によると、なかでも人気なのはエキストラバージンオリーブオイル(4,320円/税込)や、青い実を塩水漬けにしたオリーブ新漬け(1袋 648円/税込)。
olive-made-in-kyushu15060307-07-01

毎年10~11月頃「オリーブジャパン」の通販サイトで予約販売しています。

九州オリーブが人気の理由

4146164144

一体どうして、九州のオリーブはこんなに人気なのでしょうか。「オリーブジャパン」の中山芳美さんに聞きました。

「九州産100%のオリーブオイルは、果実を収穫後24時間以内に搾っていて、鮮度にとことんこだわっています。生産者の顔が見えるうえ、搾油工程でも何も足さない、何も引かない正真正銘のエクストラバージンオイルだからだと思います」

安心・安全な食材を求めるニーズに応えていることが、人気の秘密なのかもしれませんね。
また、前述の「オリーブ新漬」を加工品も人気です。

「オリーブを渋抜きし、保存料は不使用。塩水だけで仕上げたシンプルな味わいです。それだけに賞味期限が短いのですが、一度口にするとやみつきになりますよ」

ん〜、素材のをそのまま生かした美味しさ、ぜひ味わってみたいものです。まだまだ希少な九州産のオリーブは、生産量が少ないだけに、オイルや塩水漬けの数には限りがあるそう。新鮮で高品質の九州オリーブ、今年の秋こそはリザーブを!


Licensed material used with permission by _一般社団法人九州オリーブ普及協会

アンチエイジングや生活習慣病予防など、健康効果も注目され日本に定着したオリーブオイル。ですが、生産量となるとどうでしょう?日本のオリーブオイル消費量は年間...
日本人は「あまり寝ない国民」と言われています。季節の関係で、なかなか寝付けなかったり、寝ていても疲れが取れない、ということはありませんか?睡眠は、体の機能...
お椀のなかを見たとき、まずこれがお味噌汁なのだ、と理解するまでに少しばかりの時間が必要かもしれません。でも、そんな大胆なひらめきこそ料理家・平山由香さんの...
近い将来、ストリートダンスが日本のお家芸になるかもしれません。2015年8月19日、アメリカ・ロサンゼルスで行われた世界規模のダンス大会「World of...
「夏バテ」はよく聞く言葉ですが、でも実際は秋も体調を崩しがちではありませんか?カラダの冷えや、知らず知らずの脱水症状など、秋ならではの気をつけたいポイント...
読書の秋だ。本の素晴らしさって、どこにあるのだろうか? ウェブで情報がこんなにあふれている時代に、それでもまだ1冊の本を手に取る意味って何だろう? 私たち...
深刻な大気汚染が続く中国・北京でいま、ある酸素ボトルが飛ぶように売れ、予約が殺到している。と海外のメディアが一斉に取り上げ、大きく報じました。どうやら、そ...
2014年の初上陸以降、日本中のダンスミュージックファンを熱狂の渦に巻き込んできた「ULTRA JAPAN」が2016年の開催を決定!12月20日(日)1...
暑い夏から過ごしやすい秋に入り悩まされるのが「カサカサ」の乾燥肌。毎年気をつけているのに、なかなか改善されない、とお悩みの方も多いでしょう。ここでは、乾燥...
比較的穏やかな印象が特徴としてある「augment5 Inc.」の映像は、どれも日本の魅力を海外に向けて発信する目的がある。じっと見ているだけで心地良く、...
大分県は、全国一の源泉数と湧出量を誇る別府温泉をはじめ、「行ってみたい温泉」で常に上位にランクインする由布院温泉など魅力的な温泉がそろっています。趣ある町...
「ミコト屋」は、ぼく、鈴木鉄平と山代徹がはじめた小さな八百屋。自分たちが普段口にしているものがどうやって生まれ、どこからやってくるのかを知るために、201...
秋から冬に近づくにつれて、気温も下がり、人によってはポッカリと心に小さな穴が開いた気分になるかもしれません。人恋しくなったり、不安になりやすかったり、物悲...
近年、日本よりも世界での注目度が高い盆栽。身近なインテリアや芸術作品として、自然を凝縮した「BONSAI」に傾倒する外国人が急増。そんな彼らでなくても、「...
BBQのシメといえば、焼きそばが定番中の定番。だけどそこに行き着くまでにお腹は意外にふくれるもので。わざわざ網を鉄板に替えるのも手間。そんなときに「焼きフ...
そろそろ気温も落ちてきて、夜も長くなってきましたね。そんな季節にぴったりの趣味があります。それは編み物。ここでは「Little Things」にまとめられ...
食べられるビールがある──。こう言い切るには若干語弊がありますが、ビール醸造過程において、使用済みの穀物を再利用してつくる食品がありました。おいしいクラフ...
ヨーグルト発祥の地はどこか?というはなしには諸説ありますが、その一つと目されている国がトルコ。たしかに、トルコ料理はヨーグルトを多用することでも知られてい...
お鍋の季節に活躍する魚の代名詞といえば、タラ。淡白な味でどんな料理とも合わせやすいはずなのに、いつも鍋モノばかりになってしまう人。こんな料理はいかがでしょ...
ジャムといえば果実のイメージがありますが、ここで紹介するのはイギリスで生まれた衝撃的な「ベーコンジャム」。ほとんど趣味の世界…にしか思えないこのシロモノで...