ホワイトデーはこれで決まり! ◯◯を使って、マカロンを簡単に作る方法

フードクリエイティブファクトリー

暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制作チーム。農水省の海外向け和食PRサイト Taste of Japanへのレシピ提供や、シンガポールで連載や地方自治体のイベントプロデュースや料理教室など、日本の素敵な暮らしを世界へ発信しています。

もうすぐホワイトデーですね。バレンタインのお返しに悩んでいる方も多いのでは?

ホワイトデーのギフト選びはセンスの見せ所です!近年、女性の間で人気を博しているスイーツといえば、「マカロン」ではないでしょうか。

マカロンを作るのは男性や料理初心者の方には難しそうですよね。しかし、ある食材を使えば、超簡単にマカロンが作れるのです。

マカロンって
本来はどんな工程が必要なの?

Processed with VSCOcam with a5 preset

マカロンはフランスが発祥、手間と技術が必要なお菓子です。卵白を泡立てて乾燥させ、じっくり低温で焼くのですが、泡立てた卵白が形を保つためには温度管理が難しく、絞る工程が難しかったり、生地を焼く前に乾燥させたりと料理をあまりしない人にはハードルが高いのです。

秘密は「マシュマロ」

-098678253631881

そんな工程をあっという間に片付けるのが「マシュマロ」です。マシュマロには卵白、砂糖が入っており、マカロンに使用される材料が含まれています。

オーブンの天板の上にクッキングシートをしき、マシュマロを並べて、130℃のオーブンで30分ほど焼きます。

取り出してすぐ、熱々の状態ではクッキングシートからはがさずに、30分ほど経って冷めてからはがしましょう。

仕上げに1枚のマカロンにピーナッツバターを塗り、もう1枚のマカロンで挟んだら完成です。

クリームの中にみじん切りにしたミックスナッツと塩を少しだけ混ぜるとコクや歯触りが出て美味しくなります。

マシュマロのみでつくるため、マカロンと比べるとサクサクとした食感に仕上がりますが、味わいはまるでマカロンのようですよ。マシュマロをオーブンで焼いて、ピーナッツバターを挟むだけ。簡単で美味しいのでぜひ試してみてくださいね。

ただ、食べるだけじゃない。マカロンは、気持ちを伝えるためのツールにだってなり得るんです。この「六本木マカロン」ならね。2016年6月6日(月)にオープンし...
グラタンの味を左右するのは、ひとえにホワイトソースづくりです。ゆるすぎたり、焦がしてしまったりをいかに防ぐか、そこにこの料理の奥深さがあるわけです。が、フ...
とろける甘〜いマシュマロが、スプレッドになった商品があるのを知っていますか? 「フラフ」という商品名で発売されているもので、今“塗るマシュマロ”としてジワ...
A4サイズのホワイトボードが4枚セットになった〈BUTTERFLYBOARD(バタフライボード)〉。1枚1枚のボードは、マグネットでノートのようにくっつけ...
花を食べるーー。日本では菜の花や菊などをたまに食卓で目にする程度ですが、ヨーロッパ、とりわけイタリアとフランスではよく食べられているそう。フードライターの...
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
夏になるとコンビニから姿を決してしまう「肉まん」ですが、ときどき無性に食べたくなりませんか?自分でつくるとなると一見むずかしそうですが、じつは簡単。材料も...
一般的なポップコーンのつくり方は、熱したフライパンに油やバターを溶かして、ポップコーン豆を弾けさせていく方法。それをもっと手軽に、さらに風味豊かなアレンジ...
「クロナッツ」、「フローズンスモア」、「クレームデュラコーン」、これまで数多くのメディアがどれだけドミニクアンセルベーカリーを紹介しても、ユニークすぎるお...
遠くから迫るジェット音がやがて大きな爆発音に変わると、ストレッチャーを持った男たちが崩れかけた建物の中へと飛び込んでいく。その後を懸命に追っていくカメラは...
在日3年のスイス人の友だちがいます。その彼が故郷を懐かしんでつくる料理があると聞き、教えてもらったのが「ゲシュネッツェルテス」という濃厚クリームソースの一...
少量生産でもこだわりの味を提供する。サードウェーブコーヒーにはじまり、マイクロブリュー、Bean to Barと、いまやフードビジネスにおける“クラフト”...
エディブルフラワーを使ったスイーツ、と聞いてピンときたあなたは、かなり流行に敏感。というのも、そのあまりに美しい見た目が、じわじわと女性の注目を集めている...
焼いたマシュマロをチョコと一緒にグラハムクラッカーで挟んだ、キャンプの定番スイーツといえば「スモア」。これなしではキャンプにならない、とまでアメリカやカナ...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
買ったばかりのデニムや、お気に入りの靴、プレゼントしてもらったバッグ──。その日のコーディネートは、主役となるアイテムを軸に逆算して考えるもの…なのですが...
2016年5月10日、NYのユニオン・スクエア・パークで開催されたとあるフードイベントで、5,000食のランチが無料で振る舞われたそうです。調理を指揮した...
作り置き料理やおうちにあるものをアレンジすれば、あまり料理が得意じゃない人でも、簡単にピザやグラタンがつくれるんです。誰もが食べたくなるようなメニューとセ...
建築家とパティシエ。これらのスイーツを見て、意外にも両者の親和性が高いことに驚かされた。 ここで紹介するスイーツの数々は、ウクライナのパティシエであるDi...
シュウマイはお弁当にも便利でおいしいけど、いざ作ろうとするとけっこう手間がかかります。でもじつは、「ちくわ」を使って簡単にシュウマイを作れる方法があるんで...