世界で最もスリリングな「バルコニー」へようこそ。

いま、世界の建築シーンでトレンドといえるのが「キネティックファサード」です。つまりは可動式要素をファサードに取り入れた建造物。その技術を集合住宅に活かした、革新的な窓枠をご紹介。なんと…

ボタン操作ひとつで
窓枠がバルコニーに
トランスフォーム!

Medium aa4011959b3aab75e972afbe750c2df240eb454dMedium f9b3ec544919b8eeb37383650bb10387de44d0c2

Hofman Dujardin氏率いるアムステルダムのデザインアーキテクト「HofmanDujardin Architects」によって開発されたBloomframeは、窓枠が自動で建物の外側に突き出してバルコニーへと変形する、いわば収納型バルコニー。これぞ近未来の住宅と呼びたくなるようなアイデアですが、なんと実際にオランダの集合住宅で導入済みだとか。2008年より実用化に向けて試験運用が始まっていたというから驚きです。

67217e311305c88366baab9e28b4a72760f04062

ご覧の通り、わずか数十秒のうちに自動で窓が大変身。正直、日本の建築法では認可が下りなさそうですが、見方を変えれば電動開閉式の窓と言えなくもない!?

必要な時だけ登場する
スリル満点「窓の外」

Medium 14274aad6a7bc077d5740c9bc1ae1ed0c0ff62b4

ボタン操作ひとつで、彼女の目の前の窓がギュイーンと開いていきます。

Medium de7e2db107c94360d3247419034a2bf7837f3e92

サッシが建物の外側にせり出していき、窓の下部がふたつに折れる。

Medium 44a8da2d5464d651705e72274eecbfc4d9747d44

そして、窓の下半分が床面と化し、バルコニーの完成!といった具合。

それにしたって、足元はクリアな窓ガラス。ヒヤヒヤ感たるや相当なものでしょうね。どうやらオプションで、足元部のガラスが不透明になるタイプもあるようなので、高所恐怖症の人でも安心。

Medium 493c28c3ba44e00052dfbed666fada4712461553

ところで、肝心なのはその強度。耐荷重設計はどのくらいまで大丈夫なの?メーカー発表によると、成人男性が10人くらいバルコニー状態で立っても問題ないようだから、チェアを出してサイドテーブルを用意するくらいではビクともしないようですよ。

そして、Bloomframeはこれから建設予定の新築に限らず、窓枠さえ企画が合えば後付けでもはめ込み可能なんだそう。もしかしたらそう遠くない将来、旅行先のホテルの窓がギュイーン…なんてこともなくはない?かも。

都市景観をとけ込む
次世代型バルコニー

上記の動画では、パリ、ニューヨーク、リオデジャネイロの街に建つ高層マンションにBloomframeが設置された際のイメージシーンが。都市景観を考えたとき、やっぱり収納型のバルコニーは断然きれいに映りますね。

Licensed material used with permission by Hofman Dujardin Architecten
死の恐怖を前に人々が半狂乱になって踊り続ける──。中世末期ヨーロッパに流布した寓話『死の舞踏(La Danse Macabre)』に自らをなぞらえ、命知ら...
新国立競技場の整備計画が、ついに決定しました。デザインは建築家の隈研吾(くまけんご)氏。日本の伝統美を現代のライフスタイルに再構築する作風で、洋の東西を問...
一見すれば、まるでホテルや集合住宅のよう。コペンハーゲンにいかにも北欧らしい、シンプルでモダンな印象の病院があります。病院なのにとっても居心地がいい。矛盾...
もしも、スマホを盗まれてしまったら?画像や個人情報を見られてしまうなど、様々なリスクが予想されます。オランダに住む映画学校の学生、Anthonyさんも過去...
建築模型には、建築家の思考プロセスが集約されています。つまり、それは完成度の高い彫刻作品なのです!それが名だたる有名建築であればなおのこと。2016年6月...
もしも、こんな家が実際にあったなら。と、想像だけで十分かもしれませんが、文字通り「バランスのとれたカップル」におあつらえ向きな家がデザインされました。だけ...
建築家とパティシエ。これらのスイーツを見て、意外にも両者の親和性が高いことに驚かされた。 ここで紹介するスイーツの数々は、ウクライナのパティシエであるDi...
建築コミュニティをネットサーフィンしていると、あっという間に時間が過ぎる。Googleマップで新しい場所を探しては、現地へ足を運んで撮るーー。と、ドイツ人...
雄大なノルウェーの山間いを、ロングスケートボードで駆け抜ける女性がいる。ダウンヒルボーダーでアーティストのIshtar Backlundさん(22歳)。見...
意外とおしゃれなものが少ないペット用品。部屋に置くのがはばかられるものや、ペットは気に入っているけれども見た目がちょっと、なアイテムも…。しかし、建築家が...
たくさんの本に囲まれて暮らしたい。そう願う人はとても多いことでしょう。一冊、一冊、大切に集めてきた、本のコレクション。どのように収納すれば、読書空間は、よ...
サンパウロ郊外Vila Matildeという街に建てられた、ある小さなおうちが、栄誉ある国際的な建築賞を受賞しました。それも2つ。幅わずかに4.8メートル...
世界には数々の離島が存在します。本島と離れているがゆえに情報が少なく、いまだに謎が多く残されている島も多いのです。そんな離島のミステリーを追求したのが、お...
家を失った難民たちの仮設住宅として、まったく新しい構造の折りたたみ式テントが登場しました。避難所暮らしの生活を、少しでもストレスなく暮らせるように開発され...
2016年1月時点での国連加盟国は193カ国。それらの国々の「国旗デザイン」に関するアレコレを、インフォグラフィックで分かりやすくまとめたのが「Flag ...
赤ずきんちゃん、ピノキオ、三匹の子豚、シンデレラ、ピーターパン…。イタリアの建築家兼デザイナーであるFederico Babinaさんの手がけたイラストは...
断崖絶壁セルフィー・・・こわっ!中国の五大名山のうち最も険しい山とされる、華山(かざん、ホワシャン)。かつては仙人が住む山とされ、道教の聖地となっている場...
千葉県市原市の「ふくます幼稚園(学校法人三和学園)」に、あたらしい付属施設が完成した。その名も『フクマスベース』。全体をディレクション、コーディネートした...
次にいきたい旅行先はどこですか?もし決めかねているならば、エチオピアがオススメです。「Quartz」によると、エチオピアが世界で最もいきたい場所に選ばれた...
いまだかつて、こんなにもネコ想いのインテリアがあったでしょうか?開発者の溢れんばかりの“ネコ愛”が伝わってくる、おしゃれなデスクです。これでもう、机の上が...