登る、宿泊する、駆け抜ける!「山」のそれぞれの楽しみかた【まとめ】

ご存知の通り、大自然のなか、とくに山のなかで過ごすことには、たくさんのメリットがあると言われています。

寛容さが増し、とても穏やかな気持ちになれるそうです。これにはほとんどの人が納得できるのではないでしょうか?

そして今日は、「山の日」。実際に登山へ向かった人、山に想いを馳せる人、さまざまな過ごし方があるとは思いますが、ここで山にまつわるいくつかの記事を紹介したいと思います。

01.
マウンテンリゾートで
宙ぶらりんのテントに一泊

8f2d8af9f59b7527af8d19aeda26df2d827d3226

ドイツ、バイエルン州プフロンテンにある「Waldseilgarten Mountain Resort」というリゾート施設。ここでは他で体験できないようなスリル満点のテント泊ができると、欧米のアウトドア愛好家を中心に昨年から人気を集めています。

一体どんなスリルが味わえるの?

なんと、テントを木に吊るし、宙ぶらりんの状態で一夜を過ごすのです!地上との距離は高所恐怖症の人は絶対ムリ、なレベル。これだけでビックリなのに、90℃の崖にポータレッジキャンピングをするという、とんでもプランもあるみたい。たぶん、肝試しにピッタリだと思います…。

→詳しい記事はコチラから

02.
恋人と星空を2人占め♪
北イタリアの山頂で
ガラス張り移動式キャビンを

39d82c4f4f6c0c4dc17aebe03ba1115aa5fa4ca2

世界一ロマンチックなキャビンを紹介しましょう。

北イタリア、ヴェネト州に位置するコルティーナ・ダンペッツォ。登山やウィンタースポーツの拠点となるこの地には、さまざまなタイプの宿泊施設が用意されています。そのなかでも、標高2,055mの山頂、ドロミーティ山脈のど真ん中にあるミニキャビン「Starlight Room」がスゴいんです!

ガラス窓が張り巡らされた部屋に一つのベッド。恋人と泊まれば2人っきりで星空を独占できます。さらに、TVモニター(ドローミティの夜景を紹介するタイムラプス映像が流れる)、スピーカーなどムードを高める音響設備はばっちり。とってもあま〜い一夜が過ごせることでしょう。

ただし、バス・トイレはありません!

→詳しい記事はコチラから

03.
疾走感、サイコー
美女ボーダーが
ノルウェーの山を走り抜ける!

ダウンヒルボーダーでアーティストのIshtar Backlundさん(22歳)。見た目はフツーの女の子ですが、5年前に始めて以来スケボーにどっぷりハマり、今は世界中を旅しながら各国のボーダーと交流を深めているとか。

自由きままにスケーティングする彼女の姿と、ノルウェーの広大な自然、スウェディッシュロックバンド「Tussilago」のBGMが織りなす爽快感たっぷりの映像は、「サイコー」のひと言につきます。

→詳しい記事はコチラから

04.
「ペルセウス座流星群」を
見るなら山の上から!?

A9399fe87580569659ca3a8e331d799bfa1abef2

三大流星群のなかでもとくに流星が多く、ほぼ確実に見えると言われている「ペルセウス座流星群」。活動自体は7月17日頃から始まっているのですが、8月13日の0時頃から明朝にピークを迎えます。

といっても、今年の観測条件はとくに良いみたいなので、13日前後の夜も絶好のチャンスです。

観測に適しているのは、周りに建物が少なく、空が広々と見渡せる場所。もしそういうところに行く機会があるなら、ぜひ夜空を見上げてみて!

→詳しい記事はコチラから

05.
登山家・栗城史多
「見えない山を登っている、
全ての人へ」

1353296af23c8ee0899f0dd68f5e1b399263d5c7

自身の登山体験をリアルタイムで中継し、「冒険の共有」をすることで有名な登山家・栗城史多さん。

“苦しみと戦っても勝てない。逃げても無駄。だから、友達になる。だって、苦しみが大きかったら、喜びも大きい。僕は登りながら、苦しみに『ありがとう』とつぶやくんです”

“5年後とか、10年後とか。想像するのは難しい。それよりも、目の前にある山を登って、そこから見える景色を見て、次を考えるようにしている”

成功だけじゃなく、失敗や挫折も共有したいという彼の姿に多くの人が勇気づけられているのです。

→詳しい記事はコチラから

2016年から8月11日が祝日になりました。何の日?山の日!「内閣府ホームページ」には、その趣旨として、こんな文言が掲載されています。「山に親しむ機会を得...
8月11日、山の日。これから山へ登りにいく人も多いかと思います。そこで、ラグビー登山家として活動する私ならでは、登山におけるアドバイスをさせてください。ネ...
山の遭難者は、ここ数年で急激に増加傾向にある。アウトドアや山登りを気軽に楽しんでほしいと思う反面、その救助はとてもシビアだ。たとえば、家族にさえ「どこの山...
「Viral Hog」に掲載されていた動画は、大規模な山火事から車で逃げる様子をおさめたもの。車内で撮影された動画からは、かなりの緊迫感が伝わってきます。...
登山家・栗城史多さんは、自身の登山を生中継することで知られている。その根底にあるのは「冒険の共有」。栗城さんは自分がチャレンジするだけでなく、その姿を見た...
2016年の秋頃からInstagramで密かに話題になっている絶景があるという。それが、ペルーの「レインボーマウンテン」。その名の如く、虹色に彩られた不思...
大人気の〈山と道〉のサコッシュ。アウトドア、タウンユース、さらには仕事の打ち合わせまでをカバー。調節簡単なストラップとしっかりマチのあるデザインが強みです。
ウニやイクラ、鮭フレークなど、海鮮系のご飯のお供が目白押しの北海道で、少し変わった山の幸とも言えるのが「山わさび醤油漬」。白いご飯に乗せてひとくち頬張れば...
栗城史多氏。単独・無酸素登山というスタイルで、エベレストに4度もアタックをしている登山家。そして、テレビやYouTubeといったメディアを通して、自らのチ...
暮れ行く冬の空を眺めながら、テントでしっぽり。これまでの山登りでAkimamaスタッフがちまちま作った、ジャンクな山おつまみをコッソリお伝えします。おいし...
あたり一面に広がるのは、目にも鮮やかなピンク色の絨毯。ここは埼玉県秩父市にある羊山公園です。
「おむすび」と聞いて、頭に思い浮かべるイメージは人それぞれかもしれません。塩むすび? 海苔はついてる? 具材は? 俵型? 三角?日本人にとってのソフルフー...
大自然のなかで食べるごはんのおいしさといったらない。そのために山を登る人だっている。道具や素材が限られているのに、食べ慣れたものでさえいつもより感動してし...
東京・代官山の路地裏にある、コールドプレスジュース専門のカフェ「CLEANSING CAFE」。彼らが新たにプロデュースした、身体をキレイにクレンズ(洗浄...
この春、パンケーキラバーの人たちにトライしてほしいのが、ザルツブルグの名物「ザルツブルガー・ノッケルン」。かの国を取り囲むメンヒスベルク、カブツィーナーベ...
日本が誇る絶景「富士山」を舞台とし、20台を超えるドローンの編隊飛行、三味線の生演奏、そしてMIDIコントロールされた1万6,500個のLEDライトが一斉...
素材メーカーCocona社によると、断崖絶壁を登るクライマーにとって37.5度は理想的な体温。わずかな時間でも急変する山の気候を考えたら、体温をキープする...
新しい技術やアイデアで、今もなお進化し続ける「楽器」。ここで紹介する演奏シーンを見たら、その無限の可能性に驚くことでしょう。音楽は、身近なものでも作り出せ...
体を張ったチャレンジから、おバカなものまで、世界の実験動画の多くには様々なメッセージが隠されています。(中には、とくに深い意味なんてないものも…)。ここで...
家に帰ったらすぐにソファへ…そんな人も多いはずです。疲れたカラダを優しく癒してくれたり、ダラダラ過ごすのにも最適な「ソファ」ですが、じつはここまで進化して...