登山家・栗城史多~10のメッセージ~「見えない山を登っている全ての人たちへ」

登山家・栗城史多さんは、自身の登山を生中継することで知られている。その根底にあるのは「冒険の共有」。栗城さんは自分がチャレンジするだけでなく、その姿を見た人すべてに、チャレンジして欲しいと考えているのだ。
講演や著作でも多くの共感を呼んでいる、栗城さんの言葉――ここでは、TABI LABOが行った栗城さんへのインタビューをもとに、そのいくつかを紹介していこう。

「見えない山を登っている全ての人たちへ」
kurikiword_00004

これは栗城さんの座右の銘とも言える言葉。彼のHPにも記載されている。その本意について、栗城さんはこうも語ってくれた。「人生において山はどこにでもある。もちろん、みんなが登頂に成功するわけじゃなくて、頂上近くで下山することも珍しくない。でも、そんな人たちにも、もう一回登ろうって思って欲しいんです」。

「ネットで叩かれているのは知っています。悔しいとも思う。
でも、なかには『ありがとう』って書いてくれる人もいる。
だから、続けられる」

テレビやネット配信の力で、栗城さんの活動は広く知られるようになった。しかし、一方で誹謗中傷の対象にも。そんなバッシングについてのコメント。力強い!

「自分をアピールするんじゃなくて、人との出会いを大切にしようとだけ考えています」

登山にはスポンサー探しが欠かせない。現地から映像配信をする栗城さんのスタイルなら、尚更だ。栗城さんにその秘訣を聞いたところ返ってきたのが、この答え。すべての仕事人に通じるメッセージかもしれない。

「成功だけじゃない。
僕は失敗や挫折も共有したい」

kurikiword_00003

なぜ、栗城さんが自身の登山をリアルタイムで配信するのか? その背景にはこんな思いがある。

「成功者の話よりも、今何かを目指している人の話を聞きたい」

成功体験じゃなくて、チャレンジする人の思いに興味があると言う。そして、自らも「ずっとチャレンジしていきたい」と言う。

 「肩書きじゃなくて、アイデンティティを共有する世の中が理想です」

現代社会において重視されるのは、○○会社や○○長といった肩書きだ。「こんなことを考えている!」「こうしたい!」といった思いで語られる社会を、栗城さんは思っている。

「 5年後とか、10年後とか。想像するのは難しい。
それよりも、目の前にある山を登って、
そこから見える景色を見て、次を考えるようにしている」

kurikiword_00002

大きな夢を持つことも大事だが、目の前の小さな目標を達成していくこともまた、大事だ。

「苦しみと戦っても勝てない。逃げても無駄。だから、友達になる。
だって、苦しみが大きかったら、喜びも大きい。
僕は登りながら、苦しみに『ありがとう』とつぶやくんです」

登頂できないことだってある。栗城さんは、2012年のエベレストへのアタックで凍傷にかかり、指9本を切断。多くの苦しみを知っているからこその言葉。

「『がんばってください』よりも、
『自分もがんばります』がうれしい」
kurikiword_00005

「僕の姿を見て、消費しないで欲しい。そこから何か動いてくれれば、それが一番いいと思う」とも。

※栗城史多さんの新刊はコチラ

栗城 史多

1982年6月9日、北海道生まれ。大学3年生の時に単独で北米最高峰マッキンリー6,194mを登る。その後、6大陸の最高峰を登頂。2008年からエベレストの生中継登山「冒険の共有」に向けた配信プロジェクトをスタート。2009年にはダウラギリ(8,167m)の6,500m地点からのインターネット中継と登頂に成功。エベレストには気象条件の厳しい秋季に4度挑戦。酸素ボンベを使用せず、ベースキャンプから一人で登る単独・無酸素登山をスタイルとしている。2012年秋のエベレスト西稜で両手・両足・鼻が凍傷になり、手の指9本を失うも、2014年7月にはブロードピーク(8,047m)に単独・無酸素で登頂し、見事復帰を果たした。

2012年秋、重度の凍傷により手の指9本を失いながら、その後も世界の山々の登頂に果敢に挑み続ける登山家・栗城史多さん。今秋、再び単独、無酸素でのエベレスト...
栗城史多氏。単独・無酸素登山というスタイルで、エベレストに4度もアタックをしている登山家。そして、テレビやYouTubeといったメディアを通して、自らのチ...
自分の道を極める2人の探求者が、自由な発想で語り合うスペシャル対談。登場するのは、世界の山々の登頂に、果敢に挑戦しつづける登山家栗城史多氏と世界の最高峰に...
2015年8月23日、ネパール政府は日本人登山家「栗城史多」氏にエベレストへの登山許可証を発行した。同年4月に発生しおよそ9,000人の死者を出したネパー...
2015年10月7日22時30分(日本時間)。登山家の栗城史多氏がエベレスト登頂へと向け2度目のアタックを開始した。同氏は9月20日にベースキャンプを出発...
2015年4月に起こったネパール大震災。これにより世界最高峰エベレストでは大きな雪崩が発生。日本人男性を含む20人近くの死者を出した。そのエベレストに地震...
異なる道を極める2人の探求者が、自由な発想で語り合う――世界最高峰の山々の登頂に、果敢に挑戦しつづける登山家栗城史多氏と独自の切り口で「脳」の新たな世界へ...
ご存知の通り、大自然のなか、とくに山のなかで過ごすことには、たくさんのメリットがあると言われています。寛容さが増し、とても穏やかな気持ちになれるそうです。...
暮れ行く冬の空を眺めながら、テントでしっぽり。これまでの山登りでAkimamaスタッフがちまちま作った、ジャンクな山おつまみをコッソリお伝えします。おいし...
山に詳しいわけではないけれど、感動した!と話題になった山岳ヒューマン・ドキュメンタリー映画『MERU/メルー』。ここ日本でも、大晦日から全国ロードショーが...
2016年から8月11日が祝日になりました。何の日?山の日!「内閣府ホームページ」には、その趣旨として、こんな文言が掲載されています。「山に親しむ機会を得...
世界7大陸の最高峰を登る、通称「セブンサミッツ」を若干19歳の若さで見事達成した女性がいます。冒険家で大学生(早稲田大学)の南谷 真鈴さんがその人。201...
あなたの周りに、山登りが趣味の人はいますか?ただただ頂上を目指すことを目的とする登山家に悪い人はいない、主張するのは、「Elite Daily」のVica...
長い長い登山道を登った果てに辿り着く、美しい山頂の景色。そんな広大な自然の中で飲むビールは格別!という人も多いかもしれませんとはいえ、山頂でお酒を楽しむの...
今の自分は、過去の自分の選択に基づいて生まれた結果。そして未来の自分はこれから自分が下す選択の積み重ねによって生まれる。 そう、人生において問われるのは「...
わたしは学生時代から山に登っている。20代のころは冬の岩壁や氷瀑をクライミングしたりもしていたけれど、最近はただひたすら歩くのが好きだ。でもそうやって歩い...
「Viral Hog」に掲載されていた動画は、大規模な山火事から車で逃げる様子をおさめたもの。車内で撮影された動画からは、かなりの緊迫感が伝わってきます。...
人生において、本当にやるべきことはそう多くない。世の中に情報が溢れすぎているから、やらなければならないことがたくさんあるような気がしているだけだ。本質とは...
ジョン・キム作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学な...
Jannik Obenhoffくんがカメラを始めたのは13歳の時。それから彼の趣味世界はどんどん広がっていきました。ドイツを旅して写真を撮影するようになっ...