2年前、ラグビー日本代表が勝利したのは「奇跡」なんかじゃなかった。

あのときを振り返ると、大喜利のようにキャッチーな言葉が飛び交ったのを思い出す。

「五郎丸ポーズ」「サッカーのマイアミの奇跡よりも奇跡」「アイドルが格闘家に勝つようなもの」「スポーツ史上最大のジャイアントキリング」。

これらの言葉とともに日本ラグビー代表の写真や映像が、マスメディア、ネットニュース、SNSを埋め尽くし、ラグビーという日本ではマイナーなスポーツが、野球やサッカーと同じく、スポーツニュースのメジャーに突如鎮座した。わずか2年前の出来事である。

日本中に伝わった
ラグビーの「奇跡」

では、誰が最初にこんなキャッチーな言葉を使って発信をし始めたのだろうか?

それは、これまで日の目を見なかったラグビーに携わった人たちだと記憶している。実際、元ラガーマンの私も、このラグビー界での奇跡を理解できる貴重な教師として、教え子たちにできるだけ分かりやすく、日本代表が起こした奇跡を説いて回ったのを覚えている。

ラグビーというスポーツは複雑だ。だからこそラガーマンたちは、分かりやすい例えを使って「奇跡の度合い」を説明した。たしかに聞いたほうとしても、とにかくありえないことが起きたんだな、という理解が早まったのも事実。そして極めつけが「五郎丸ポーズ」だ。

こうして、ラグビーのルールよりも先に、その「奇跡」に注目が集まった。

B24235cfc00dd530a5349e4c9cadd0f99684a025

その熱が
なぜ「瞬間冷却」されたのか

では現状のラグビー界はどうだろうか?

現在、五郎丸選手がどこに所属しているか知っているという人は何人いるのだろう。日本代表選手の名前をあげることができる人は何人いるだろう。実際にラグビー場に足を運んでいる人は増えているのだろうか。

残念ながら、答えは言わずもがなである。なぜだろうか。あれほど熱狂していたのに…。

私の仮説では「アイドルが格闘家に勝つようなもの」が象徴するように奇跡の度合いのみ、説明したことが要因だと思っている。「日本ラグビーの起こした奇跡」がロージャース・イノベーター理論のマーケティングの普及曲線を、ダッシュでたどってしまったのではないか。

数少ないラガーマンたち(アーリーアダプター層)が、生活者に伝えたのは「日本ラグビーの奇跡」についてである。それはキャッチーだったため、あっという間に大多数(マジョリティ)の人に理解、消化できるものであって、結果として、ラグビー熱は瞬間冷却されてしまったのだ。

私は本当に伝えるべきは「奇跡ではなく、日本は勝つべくして勝ったこと」だったと後悔している。

Ec6813ba7da5390cad0511d6e985f379f75fc400

奇跡の前には、数年単位の長期的な「打倒・南アフリカ」の戦略があったということ、さらに練習方法や、そもそもラグビーのルールも伝えていくべきだった。本当にラグビーを根付かせるためには、それが必要だった。

あの熱狂、ラグビーを渇望している中でそれを伝えていれば、今ごろは「ルールが分かるから試合を観に行こう」「2019年に向けて日本代表の仕上がりはどれほどかな」と、ラグビー自体に興味を持ってもらえることができたのではないか、と反省している。

熱狂が冷めたのは、「奇跡」に焦点を当てたマーケティングの失敗だったと思っている。奇跡を理解されただけで、僕は安心しきっていた。これでラグビーはみんなのスポーツだと、野球やサッカーと並ぶ人気スポーツの市民権を得たものだと、勝手にそう思い込んでいた。

W杯日本開催は2年後
「このままでいいのか?」

2019年。このような状況の中で、サッカーW杯、オリンピックに並ぶ世界三大イベントとも言われる「ラグビーW杯」が日本で開催される日本がまたあのラグビーに熱狂するためには、何かしらのインパクトのある出来事が必要なのではないか。

自国開催まで、ほとんど時間はない。

「このままでいいのか?」

私はいてもたってもいられなくなり、なぐり書きの企画書を持って、ラグビー協会に出向いた。また大学のOBのツテを使って、ラグビー界のお偉いさんたちに直談判した。

しかし案の定、話は聞いてもらえなかった。当たり前だ。誰だかわからないひとりのラガーマンの企画なんて、聞いている時間などない。

A4a8a93dad34689e7f36e5d41ede4a63fc5744d1

でも、私はそれで決心をした。

ラグビーは下手くそ。日本代表なんて夢のまた夢。単なる部活でラグビーにのめり込んだラガーマンのひとりである私が、命をかけてラグビーW杯を盛り上げよう、と。

私のかく汗は日本代表を鼓舞し、勝利に結びつけるものと信じている。

また、アジア初のラグビーW杯日本開催の価値を高め、新しい息吹を投入できるものとも信じている。

そして、2019年の成功をみんなで勝ち取りにいき、みんなと一緒にラグビーを楽しみたい。そのためにも、率先して世界と戦い、先頭に立ち、TRYし続けることにした。

こうして私は、「ラグビー登山家」への道を進むことになる。

(つづく)

Top Photo by Michael Steele/Getty Images Europe/Getty Images
8月11日、山の日。これから山へ登りにいく人も多いかと思います。そこで、ラグビー登山家として活動する私ならでは、登山におけるアドバイスをさせてください。ネ...
先日、王者ニュージーランドの連覇により閉幕した2015ラグビーW杯イングランド大会。3勝を挙げながら惜しくも一次リーグ敗退に終わった日本ですが、その戦いぶ...
僕は今、世界でたった1人の「ラグビー登山家」として活動している。しかし、つい数ヶ月前までは「システムエンジニア」という、日本に数十万人いるであろう肩書きを...
「世紀の番狂わせ」といわれた、日本の勝利で始まったラクビーW杯2015。屈強な男たちの肉弾戦は、スリリングで興奮度満点。でも、ルールを理解していたら、もっ...
一世を風靡した『北斗の拳』において、南斗六聖拳の一人で「聖帝」と称するサウザー。そんな彼を主役に据える『北斗の拳イチゴ味』をもとにした、2019ラグビーW...
全裸でピッチに立つ女性たちは、オックスフォード大学の女子ラグビーチームです。もちろん、このまま試合に臨んだりはしませんが、彼女たちがこの姿でプレイしてるの...
たとえ根っからのラグビーファンでなくとも、「オールブラックス」と聞くだけで、どこの国の話をしているかは分かるもの。だが、もしそれが(?)だったとしたら、今...
「男らしくなければ」という意識に苦しんでいる人は多いかもしれない。言葉にせずとも、自分や相手に同じような思いを要求する瞬間はある。アイルランドのラグビーチ...
4年に一度開催される、サッカーの祭典。各大陸予選を勝ち抜いた32ヵ国が世界一の座をかけて争う云々かんぬん……とわざわざ書かなくとも、ワールドカップについて...
ラグビーW杯イングランド大会、1次リーグ第3戦。日本は強敵サモアに26-5で快勝。初の1大会2勝を成し遂げると同時に、悲願のベスト8進出へ望みをつないだ。...
ボクは3年前、大手IT企業を休職し、青年海外協力隊としてアフリカのジンバブエに赴任することになった。そのときは「PCインストラクター」という肩書きだった。...
2015年8月23日、ネパール政府は日本人登山家「栗城史多」氏にエベレストへの登山許可証を発行した。同年4月に発生しおよそ9,000人の死者を出したネパー...
ニュージーランド・マナワツの高校「バーマストン・ノース・ボーイズ・ハイスクール」で、行われた全校生徒による「ハカ(Haka)」。この圧倒的なパフォーマンス...
登山家・栗城史多さんは、自身の登山を生中継することで知られている。その根底にあるのは「冒険の共有」。栗城さんは自分がチャレンジするだけでなく、その姿を見た...
自分の道を極める2人の探求者が、自由な発想で語り合うスペシャル対談。登場するのは、世界の山々の登頂に、果敢に挑戦しつづける登山家栗城史多氏と世界の最高峰に...
2012年秋、重度の凍傷により手の指9本を失いながら、その後も世界の山々の登頂に果敢に挑み続ける登山家・栗城史多さん。今秋、再び単独、無酸素でのエベレスト...
写真のメガネの男性。黒いボールを今まさに手から離した瞬間。それを投げ入れる先は…え、ゆりかご!?一見、バスケットボールの試合風景に思えるこの写真。ところが...
2005年ってどんな感じだったっけ?なんて聞かれても返答に困っちゃいますけど、「Paris zigzag」に掲載されたイラストは、この10年間で何が変わっ...
あなたにとって2015年はどんな年でしたか? 仕事、恋愛、家族、社会的な活動や立場において、大なり小なり変化があったと思います。来年をさらに実りのある年に...
山に詳しいわけではないけれど、感動した!と話題になった山岳ヒューマン・ドキュメンタリー映画『MERU/メルー』。ここ日本でも、大晦日から全国ロードショーが...