【ラグビー日本代表】南アフリカ戦の大金星が、「W杯史上最高の瞬間」に選ばれる!(動画あり)

先日、王者ニュージーランドの連覇により閉幕した2015ラグビーW杯イングランド大会。3勝を挙げながら惜しくも一次リーグ敗退に終わった日本ですが、その戦いぶりはいまだに世界中のラグビーファンの脳裏に焼き付いていることが分かりました!

W杯史上、“最高の瞬間”に
南アフリカ戦が選出!

ラグビー日本代表 Japan's Rugby World Cup final try and victory over Springboks has been voted as the 'Best Match Moment' in the tournament's history. Thanks to Facebook fans for voting #WorldRugbyAwards

Posted by Rugby World Cup on 2015年11月1日

これはラグビーの国際競技団体「ワールドラグビー」の年間表彰式で発表された結果。インターネットを通じたファン投票で選ばれる“最高の瞬間”に、劇的な逆転トライで歴史を塗り替えた、一次リーグ初戦の南アフリカ戦が選ばれました。

念を押しておくと、これは“今大会の”最高の瞬間ではなく、1987年の第1回大会からの8大会にわたる長い歴史の中で“ベスト”と認められたもの。それまでにW杯で1勝したことのなかった日本が、2回の優勝経験を誇る南アフリカを相手に果敢に挑む勇姿が、世界中のラグビーファンの魂を揺さぶったようです。

また、正確無比なプレースキックとそのルーティンワークで一躍脚光を浴びたFB五郎丸歩選手は、今大会のドリームチーム(ベストフィフティーン)にも選出されています。

いま明かされる、
“世界一過酷”な合宿の様子

"Excellence is an art won by training and habituation." - Inside Japan's tough #RWC2015 preparation

Posted by Rugbycentric.com on 2015年10月14日

とはいえ、今大会の躍進は奇跡でも偶然でもありません。選手の誰もが「必然の結果だ」と胸を張ります。

その背景にあるのが、“世界一過酷”と評されるトレーニング。大会前には、なんと5ヵ月にもおよぶ長期合宿を敢行。ときには、朝5時から4部練習を行うなど、選出たちは心身ともに徹底的に鍛え抜かれました。しかも、どのトレーニングプログラムも強度が高く、息つく暇はなし。そのハードすぎる内容は、今大会準優勝の強豪オーストラリアの選手でさえ、2週間で音を上げるほどなのだとか。

ちなみにトレーニングの最大の目的は、強豪国にも当たり負けしない“パワー”と走り勝つための“持久力”の強化。これがベースにあったことで、エディー・ジョーンズHCが提唱する日本らしいラグビー、通称“JAPAN WAY”が実現できたのです。

トレーニングが実を結んだ
“名場面”の数々

Japan: Best BitsBEST BITS: Japan won the hearts of many fans around the globe during their RWC 2015 campaign, so re-live some of their best moments at the tournament

Posted by Rugby World Cup on 2015年10月14日

途方も無い努力が結実した“名場面集”がこの動画。華麗なパスワークや力強いスクラムからのトライはもちろん、相手の攻撃を食い止める重心の低いタックルもハードトレーニングの賜物。

4年後にはこの熱狂が
日本で味わえる!

From one incredible #RWC2015 to Japan in four years time. We can't wait!

Posted by Rugby World Cup on 2015年10月31日

2019年の第9回大会の開催地は、ここ日本。今回味わった興奮や熱狂、感動のすべてが自国で味わえるなんて…、想像しただけで4年後が待ち遠しいですよね!

Reference:Rugby World Cup
Top photo by Bryn Lennon/Getty Images

あのときを振り返ると、大喜利のようにキャッチーな言葉が飛び交ったのを思い出す。「五郎丸ポーズ」「サッカーのマイアミの奇跡よりも奇跡」「アイドルが格闘家に勝...
「世紀の番狂わせ」といわれた、日本の勝利で始まったラクビーW杯2015。屈強な男たちの肉弾戦は、スリリングで興奮度満点。でも、ルールを理解していたら、もっ...
一世を風靡した『北斗の拳』において、南斗六聖拳の一人で「聖帝」と称するサウザー。そんな彼を主役に据える『北斗の拳イチゴ味』をもとにした、2019ラグビーW...
たとえ根っからのラグビーファンでなくとも、「オールブラックス」と聞くだけで、どこの国の話をしているかは分かるもの。だが、もしそれが(?)だったとしたら、今...
ラグビーW杯イングランド大会、1次リーグ第3戦。日本は強敵サモアに26-5で快勝。初の1大会2勝を成し遂げると同時に、悲願のベスト8進出へ望みをつないだ。...
全裸でピッチに立つ女性たちは、オックスフォード大学の女子ラグビーチームです。もちろん、このまま試合に臨んだりはしませんが、彼女たちがこの姿でプレイしてるの...
8月11日、山の日。これから山へ登りにいく人も多いかと思います。そこで、ラグビー登山家として活動する私ならでは、登山におけるアドバイスをさせてください。ネ...
主に女性における「美」の変遷を10年ごとに刻んで再現した動画『100 Years of Beauty』。これまでにアメリカ編やロシア編など15ヵ国を対象と...
僕は今、世界でたった1人の「ラグビー登山家」として活動している。しかし、つい数ヶ月前までは「システムエンジニア」という、日本に数十万人いるであろう肩書きを...
運命のシリア戦は今夜キックオフ!本日2015年10月8日22時キックオフのサッカーW杯アジア2次予選。日本はアウェイの地でE組首位に立つシリアと対戦。個々...
ボクは3年前、大手IT企業を休職し、青年海外協力隊としてアフリカのジンバブエに赴任することになった。そのときは「PCインストラクター」という肩書きだった。...
自然と調和して暮らしたい(しかも、快適性も担保しつつ…)。そんな住宅がついに登場! なんとこの家、水に浮かんでいるらしいんです。水面にポッカリ浮かぶデザイ...
ニュージーランド・マナワツの高校「バーマストン・ノース・ボーイズ・ハイスクール」で、行われた全校生徒による「ハカ(Haka)」。この圧倒的なパフォーマンス...
「男らしくなければ」という意識に苦しんでいる人は多いかもしれない。言葉にせずとも、自分や相手に同じような思いを要求する瞬間はある。アイルランドのラグビーチ...
写真のメガネの男性。黒いボールを今まさに手から離した瞬間。それを投げ入れる先は…え、ゆりかご!?一見、バスケットボールの試合風景に思えるこの写真。ところが...
南アフリカ・ケープタウンを拠点に活動するグラフィックアーティスト「Falko」は、同国のアートシーンを牽引してきた存在らしい。ここで紹介するのは、そんな彼...
きっと、試合会場にいたすべての人、そして映像を見た誰もが、かの有名漫画に登場する名台詞を思い出さずにはいられなかったはずです。「諦めたらそこで試合終了です...
出てくるのは、新宿や渋谷の見慣れた街角ーー。日本トップレベルのパルクールチーム「URBAN UNION」が、ディレクター兼カメラマンに福井崇志を迎えた映像...
心が強くなければ、戦えない。でも、強い心を手にするのは、決して簡単じゃない。トップアスリートはどのようにして“強い心”を手にし、それを発揮してきたのか。「...
中秋の名月に「スーパームーン」が重なった、あの興奮する夜空が記憶に新しいところですが、この10月も天体ショーが目白押し。なんでも、明け方の空が大変なことに...