五郎丸選手が、サモア戦後に受け取った試合のMVPより「嬉しかったもの」とは?

ラグビーW杯イングランド大会、1次リーグ第3戦。日本は強敵サモアに26-5で快勝。初の1大会2勝を成し遂げると同時に、悲願のベスト8進出へ望みをつないだ。

この試合の主役は、間違いなくFBの五郎丸歩。PGを含む正確無比な6本のゴールキックで16得点を記録し、「マン・オブ・ザ・マッチ」に選出。W杯通算得点も、それまでの日本記録(40得点)を「45」へと更新した。

W杯通算3勝目となる歴史的勝利を自らの得点で手繰り寄せ、その試合でもっとも優れたプレーヤーと認められた―。本来であればこれだけでも充分なように思えるが、さらに嬉しいサプライズが彼を待っていたのだという。

実は対戦相手のサモアからもその実力を認められ、特別な“カップ”を受け取っていたのだ。

改めて説明すると、ラグビーには試合終了を意味する「ノーサイド」という言葉がある。これは、激闘を繰り広げたとしても、試合終了の笛が鳴れば自陣と敵陣はなくなり、勝敗に関係なく健闘をたたえ合うという意。

ただし、この言葉を使っている国が、日本くらいであることは意外と知られていない。世界的に使われていた時代もあったようだが、現代では「フルタイム」が一般的。もともと海外で使われていたものが、日本で拡大解釈され、定着したと言われている。

とはいえ、今回の一件で証明されたのは、たとえ言葉が変わろうとも“ノーサイドの精神”が脈々と受け継がれているという事実だ。勝者を称えることは、口で言うほど簡単なことではない。ましてや、サモアの“この”状況なら尚更だろう。

4年間の集大成であるW杯で、1次リーグ敗退が決まった。敗れた相手は“格下”の日本。しかも、通算対戦成績では圧倒的に分があったにもかかわらず…彼らが大きな失望感を抱くことなど、容易に想像できる。

だからこそ、今回体現された“ノーサイドの精神”には途方もない価値があった。ラグビーがこれほどまでに世界で愛される理由は、きっと、こんなところにもあるのだろう。

先日、王者ニュージーランドの連覇により閉幕した2015ラグビーW杯イングランド大会。3勝を挙げながら惜しくも一次リーグ敗退に終わった日本ですが、その戦いぶ...
たとえ根っからのラグビーファンでなくとも、「オールブラックス」と聞くだけで、どこの国の話をしているかは分かるもの。だが、もしそれが(?)だったとしたら、今...
あのときを振り返ると、大喜利のようにキャッチーな言葉が飛び交ったのを思い出す。「五郎丸ポーズ」「サッカーのマイアミの奇跡よりも奇跡」「アイドルが格闘家に勝...
ピリオドや試合終了の直前に放たれたシュートが、残り0秒となった後でネットを揺らす「ブザービーター」。拮抗した試合では、このラストショットが決まるか否かで結...
きっと、試合会場にいたすべての人、そして映像を見た誰もが、かの有名漫画に登場する名台詞を思い出さずにはいられなかったはずです。「諦めたらそこで試合終了です...
「世紀の番狂わせ」といわれた、日本の勝利で始まったラクビーW杯2015。屈強な男たちの肉弾戦は、スリリングで興奮度満点。でも、ルールを理解していたら、もっ...
現地時間9月11日、オランダ・ロッテルダム。この日行われたフェイエノールト対デンハーグの一戦には、上位対決という意味合いの他にもう一つの注目ポイントがあっ...
一世を風靡した『北斗の拳』において、南斗六聖拳の一人で「聖帝」と称するサウザー。そんな彼を主役に据える『北斗の拳イチゴ味』をもとにした、2019ラグビーW...
フットヒル高校のアメフト選手たちは、その日いつものようにチアリーダーたちの列の間を通って、グラウンドに入場。しかしいつもと違うのは、選手たちが1人1本ずつ...
スポーツの世界で競技の要素に音楽を取り入れているものはいくつかある。たとえばフィギュアスケート、シンクロナイズドスイミング、スノーボードやモーグルなどの競...
「男らしくなければ」という意識に苦しんでいる人は多いかもしれない。言葉にせずとも、自分や相手に同じような思いを要求する瞬間はある。アイルランドのラグビーチ...
今日、他の連中が「したくない」ことを私はする。だから明日、彼らが「できない」ことを達成できるんだ。例えばこの言葉、ビジネス書や自己啓発本の見出しに登場した...
ヨーロッパ中を飛び回りながら仕事をする、ドイツ・ベルリン在住のフリーランスのカメラマン。海外で活躍する日本人サッカー選手をはじめ、様々なスポーツ写真を撮影...
写真のメガネの男性。黒いボールを今まさに手から離した瞬間。それを投げ入れる先は…え、ゆりかご!?一見、バスケットボールの試合風景に思えるこの写真。ところが...
カナダのウエスタン・ホッケー・リーグ(WHL)のチーム「カルガリー・ヒットマン」と「スウィフト・カレント・ブロンコス」の試合で、大量のぬいぐるみが会場に降...
全裸でピッチに立つ女性たちは、オックスフォード大学の女子ラグビーチームです。もちろん、このまま試合に臨んだりはしませんが、彼女たちがこの姿でプレイしてるの...
ここに紹介する『hearO』は、昨年の全英オープンで実際に試合球として使用されたテニスボールを再利用してつくられたポータブルスピーカー。 ただの企画モノで...
人工知能(AI)の実用化は、ヒトから機械までつながるIoT(Internet of Things)から、自動運転機能、さらにはセックス用ロボットに至るまで...
「リングを通れば、+100スコア!」。ちなみに、新しいゲームのPRではありません。これ、なんと現実のゲレンデなんです。「Ride On」はAR(拡張現実)...
旅先で鮮烈な色のスポーツドリンクに出会うと、海外を意識することがあります(私だけ?)。運動中の水分、ミネラル補給にあのビビッドな液体がどうして必要なのかは...