まるで海外!無数のキャンドルが灯るロマンティックなウェディング

おとぎ話に出てきそうな
幻想的な世界感
“キャンドルナイトウェディング”

画像㈪

ガーデンやプールサイド、ウッドデッキなど会場のまわりに無数のキャンドルを散りばめれば、幻想的な世界観に大変身。

「アマンダンヒルズ」ではパーティー会場で食事を楽しんだあと、自由に行き来可能なガーデンで演出を行うスタイルがオススメです。キャンドルが一面に広がり、息を飲むほど美しいナイトガーデンでのそれは最高に楽しい時間になることでしょう。

万が一雨の場合は、パーティー会場や挙式会場にキャンドルを並べるだけでも雰囲気は抜群です。

btn_novarese_160325_02

ガラス張りの会場で
自然を感じるウェディング

novarese-05160316-02

日中の結婚式も一味違ってGood。360°ガラス張りのクリスタルチャペルは日当たりも良好です。

novarese-05160316-03

パーティー会場も3方がガラス張り。外には深緑の木々が生い茂り、まるで森の中でパーティーをしているみたい。鳥のさえずりや緑の香り……都会では味わえない自然と一体化した時間を堪能できますよ。

btn_novarese_160325_03

都内近郊から約1時間
広大な敷地を貸し切って
ゲストに最高のおもてなしを

novarese-05160316-04

novarese-05160316-07

自然豊かな環境でありながら、都内近郊から約1時間で行けちゃうアクセスの良さ、最寄り駅からは専用バスでの送迎を実施しているのも嬉しいポイント。

また、約2,300坪にも及ぶ邸宅の敷地すべてを貸し切ることができるから、老若男女関係なくゲスト全員に楽しい時間を過ごしてもらえるはずです。

日頃からお世話になっている友人や親族に、都会での慌ただしい生活をふと忘れるような“非日常”をプレゼントしませんか?

btn_novarese_160316_jpg

アマンダンヒルズ住所:神奈川県厚木市森の里若宮13-3TEL:046-290-3344営業時間:平日 12:00〜20:00/土・日・祝 10:00〜20:00※祝日を除く毎週火・水曜定休

Sponsored byNOVARESE

ドクロや兎、鹿を型どったキャンドル&ホルダーが話題になっています。その理由は、火を灯すと、まるで泣いているように見えるから。演出するのは「切ない」雰囲気!...
今春、フライドチキン味のマニキュアで話題をさらったKFCが、クリスマスを前にまたもユニークなアイテムを開発。今度はなんとキャンドルです。本来、癒しやリラッ...
バターが燃える、って意外と知られていないかもしれません。ここでは、YouTube動画で紹介され話題になった緊急時に役立つ「バターキャンドル」の作り方を紹介...
結婚式から数年、穏やかなのはいいけれど、ふたりの関係はなんだかマンネリ気味。もう一度、結婚当初の新鮮味や情熱が戻ったらなぁ、なんて思っているカップルは、意...
アメリカに今、「地味婚」の流れがある訳ではないでしょうが、お金をかけず自分たちで手づくりするウェディングは、むしろ彼の国の方が歴史は深いはず。ガーデンパー...
結婚式で使用されるウェディングフラワー。よくよく考えてみると、あれって披露宴やパーティーで使うのは一回きり(使い回すイメージはありませんよね)。枯れてしま...
上空10,000メートル!航空機の中で結婚式を行ったカップルが話題に!More ABC US news | ABC Health News2014年11月...
得てしてアロマキャンドルは、安いものかハイエンドで高価なものかで二極化します。買ったはいいが、「もったいなくて使う気になれないのでは意味がない」。こう考え...
MAGOこと、南馬越一義氏は名物バイヤーとして、クリエイティブディレクターとして、人気セレクトショップBEAMSを牽引してきた1人だ。90年代には、いち早...
地理も英語もまったく苦手。そんな私でも1人で行けた、ポルトガル北部にある「コスタ・ノヴァ」。美しい港町が有名なアヴェイロ市からバスで約30分。海沿いの大通...
ずっと探していた宝物と出会ったような感覚?なんて言ったらすこし大げさかもしれませんが、欲しかったものをようやく手に入れて、家に連れて帰ってきたときの、あの...
動画に登場する花嫁のブルックさん、自身の結婚式で母親からのプレゼントに思わず涙してしまいます。それは、まだブルックさんが小さかった頃に母親が娘への想いを綴...
結婚セラピストのShelly Bullard氏が「mindbodygreen」で圧倒的にセクシーになるための6つの方法をまとめています。きっと、自分のルッ...
日常の喧騒から隔絶された、穏やかで静かな佇まい。視界そのものが建築であるような「水の教会」は、世界的建築家・安藤忠雄が設計した教会三部作の一つです。「水・...
静岡県にある、知る人ぞ知る“秘境駅”が大きな話題になっています。なるほど、確かに写真を見ればそれも納得。この幻想的な光景、なんだか『世界の車窓から』に出て...
海外で暮らしたら、さぞかし楽しいだろう。漠然とそう思ったことがある人も多いでしょう。でも現実は、そんな単純なものじゃなさそう。独・ベルリン在住の女性ジャー...
スタジオジブリの映画が海外でも人気なのは、言わずもがな。ですが、あまりに好きすぎてタトゥーを彫っている人たちがいることをご存知ですか?トトロからカオナシま...
あなたは「鉄道高架下」にどのようなイメージをもっていますか? 暗いとか、ちょっとコワイ感じがするとか、どちらかというとネガティブな印象を抱いている人が多い...
一生に一度の結婚式は、一番きれいな姿を写真に残したい。結婚式で写真を撮ってもらうのも今では当たり前になりましたが、ひと昔前の様子は違うものでした。高校時代...
61年前と同じ“種類”のケーキではなく、正真正銘そのときにつくられたものの一部を今も食べ続けているのだそうです。えっ、だ…大丈夫なの!?アンさん(82)と...