あなたも店のオーナーに!世界中で大人気のフードカーニバル「レストランデイ」

2011年5月にフィンランドで始まった「レストランデイ」は、今や世界の数百もの国で年に4回も開催されているフードカーニバル。誰でもどこでもレストランのオーナーになれるのが最大の特徴です。

ただし、そう言われてもすぐにはピンとこないのが正直なところ。ここではその詳細に迫りましょう。

オフィスでも
公園でも海岸でもOK

Medium 7722ddfee477144d5442434a579ed4dbceb575b8
Photo by Timo Santala

「どこでもイイとは言うものの、開催場所は決まっているのでは?」と思うかもしれません。が、事前に決定しているのは日程だけ。場所はオフィスでも公園でも海岸でも、本当にどこでもOK。

本屋や洋服屋、花屋など、街中のあらゆる場所に1日限りでレストランができます。とはいえ、その場所の安全性や、提供する食事の衛生環境などはレストランを開く人に責任があることを理解しておきましょう。

有料?それとも無料?

Medium 5f874f2108d7125759b11ee16f42e407ce896fbf
Photo by Tuomas Sarparanta

料金はレストランによって様々です。会費のようなシェアでも、寄付でも、もちろん金銭を一切もらわないのも自由。無料で思わぬ美食に遭遇したり、食を通して新しい価値に出会えるかもしれません。

みんなで「食」について
考える1日

Medium cd944a54b30997f0f67c4393a9d501503ef02ac5
Photo by Roy Bäckström

なんとなく、イベントの輪郭が見えてきたでしょうか?世界的に食の安全や食料不足が叫ばれるなか、普段は「受け手」である人が、食について考えるきっかけとなる1日限りのカーニバル…それが「レストランデイ」なのです。

Medium 744fa5474153e8a8dfc7604f9a561563cbbb9019
Photo by Marinella Ruusunen
Medium 0ac10cd1c2575cfc139b0e831dfffb4d2293ced6
Photo by Roy Bäckström
Medium d45040afd64b429fd6e08f92aaaec8ab1ba55163
Photo by Roy Bäckström
Medium 9fa1390809fc7e4c5065d6f2e714a7cc4d495514
Photo by Ella Kiviniemi

次回の開催は、2016年5月21日。もちろんあなたも、「オーナー」として登録できます。想像力を膨らませて、あなたにしかできない「おもてなし」をしてみませんか?

Licensed material used with permission by Restaurant Day
Top Photo by Timo Santala
ノルウェーの首都・オスロに来たなら、ぜひ訪れたいのがグリューネルロッカ地区。アーティストや芸大生たちが好んで住まい、ヴィンテージやユーズドショップが通りに...
ロンドンで美食が集まるエリアとして、ここ数年で急激にホットスポット化したモルトビー・ストリート・マーケット(Maltby Street Market)。こ...
キヌア、チアシードに続くトレンドとして注目されている、スーパーフード「フリーカ」。昨年秋に日本に上陸して以降、ヘルスコンシャスな人々を中心にハマる...
日本で「出前」と言ったら、やはり寿司やピザが王道なのだろうか。さいきんでは、イタリアンやフレンチ、エスニックなど、レストランまで足を運ばなければ食べられな...
『アイアンマン』シリーズのジョン・ファヴローが製作・監督・脚本・主役の4役を務め、アメリカで「フードトラック」(路上で料理を提供する、キッチンを搭載したト...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
本来食べ物が持っている、ビタミンやミネラル、酵素を効率的にカラダに取り入れる食習慣が「ローフード」です。だけど、厳格なルールにこだわらず、個々人のライフス...
手軽で人気のファーストフード。ぱぱっと食べられるのが魅力ですが、栄養バランスも気になりますよね。「FAST Food AID」はファーストフードを食べた際...
その時々の気分に合わせて、好みの食感を3種類から選択できる。そんなベーグル専門店が東京・代々木八幡にあります。もしかして、味だけで商品を選ぶなんて時代遅れ...
いちごやレモン、メロンなど、お決まりのフルーツ味はもう古い?いやいや、もちろんそんなことはないのですが、これを見ると新たな時代の到来を感じることは確か。使...
米メリーランド州ボルチモアのとあるレストランが、この夏5日間限定で特別客を招待すると、地元情報誌「Baltimore magazine」が伝えている。ライ...
話題作『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』は、シズル感に注目!? 「シズル感」ってことばを知っているだろうか? 料理を映画や本で紹介する時に、臨場感...
小さな造形物って、見ているだけでほっこりさせられる魅力があります。そして、食品の模型って、つくった人の味の好みが出ますよね。ここでは、アメリカンなミニチュ...
スタジアムでの野球観戦、醍醐味のひとつとして欠かせないのが球場グルメです。各球場ごとの特色が出るのは本場アメリカも同じ。たとえばこの「チャチャボウル」は、...
しあわせやよろこびを他人と分かち合うことを、フランスでは「partagé(パルタージュ)」という言葉を用いて表現します。口にしてみると、口角がキュッと上が...
アメリカ・ニューハンプシャー州にあるアニマルシェルター。ここでは、ペットに食事を用意できないほど貧しい家族や高齢者に、ペットフードを寄付していました。しか...
ぼくは、デブだった。健康な食事のことなんて考えたことがなかった。でも、どうしたら変われるのか知らなかったんだ。そして、食を学ぶことにした。これは、「食べる...
「Go Local(地産でいこう!)」が早くから生活の中に浸透しているハワイで、2014年のオープン以来、大注目を集めている新感覚デザートがあります。メイ...
人との出会いや、金銭的な折半ができるなど、シェアハウスのメリットにも様々なものが挙げられますが、日々の暮らしの中で基本になるのは、やっぱり「食」ですよね?...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...