都心に次々オープン!「ベンチャー魚屋さん」のサービスとは?

商店街の衰退が叫ばれている昨今、魚屋も例外ではありません。夕食を焼き魚や刺し身にしようと思った時、魚屋ではなくスーパーへ……という人が多いのでは?

そんな中、中目黒や都立大学など、都内の住宅地で次々とオープンしている『sakana bacca』という魚屋さんがあります。ここは、 今までの魚屋さんとはちょっと違う、ユニークなサービスを展開する「ベンチャー魚屋さん」なんです。

刺し盛りや希少な魚も揃う
面白い魚屋さん

th_sakana_bacca_facade

カフェやインテリアショップのような外観のこちらが『sakana bacca』。現在、武蔵小山、中目黒、都立大学、梅ヶ丘、戸越公園の都内5か所に店舗を構えています。

どの店舗も「産地の美味しい魚を身近に」と、獲れたその土地でしか出回らないような希少な魚までを揃えています。が、特筆すべきは、お寿司や刺し盛りでの提供にも対応しているところ。

さらに中目黒店限定で、お寿司やフライなどのケータリングサービスまでも展開しています。場所柄、企業のセミナーや大人数でのパーティにも重宝しそうです。

どうして今、新規で魚屋さんに参入?

さて、ここで気になるのが、どうして今魚屋さんなのか? 『sakana bacca』を展開するベンチャー企業、株式会社フーディソンの広報・井関紀子氏に聞いてみました。

「水産流通の出口の70%近くが大手量販店での販売になっている今、お客様とダイレクトに接点を持つことができる魚屋さんの存在と役割は重要だと思っています。産地直送の新鮮な魚を売り切るスタイルの魚屋さんを展開することで、お客様と産地の漁師さんをつなぎ、双方にとって良い役割を果たせるのではないか、という思いから『sakana bacca』をスタートしたんです」

さらに、国内の水産業を元気にするために、街に愛される魚屋さんをもっと増やしたいという思いも。

「今まで街の魚屋さんに行ったことがない若い世代でも“入りやすい”“分かりやすい”“聞きやすい”店づくりを心がけています。そのために、これまで魚屋さんとはほぼ無縁だったデザインの力を利用し、接客や加工などのサービスを大切にしているんです。また、訪れて楽しいお店として、解体ショーや産地フェアなども定期的に開催していますよ」

面白いコンテンツが目白押しのベンチャー魚屋さん『sakana bacca』が、魚屋さんのイメージをより明るいものにしようとしています。

常に進化し続ける
『sakana bacca』

th_151222_A0021
楽しみなことに、まだまだ新しいサービスの提供を計画しているそう。

「“さばくのが難しい”“種類や食べ方がわからない”などの悩みを持つ料理初級者の方でも家庭で魚料理を楽しめるように、惣菜商品の強化をしていけたらと思っています。刺身、塩焼き、煮付けなど調理法がパターン化してしまわないよう、商品開発や他企業とのコラボも積極的にやっていきたいですね」

昔ながらの魚屋さんがそうであったように、ユーザー寄り添いつつ、その上でさらに進化を続ける『sakana bacca』。今後の展開も要チェックです。


Licensed material used with permission by 株式会社フーディソン

郵便屋さんと聞けば、制服を着た配達員がポストに手紙を届けるーー。当たり前の光景ですが、フィンランドでは庭の芝刈りまでしてくれちゃうみたいです!郵便会社「P...
焼きたての香り、食感、溢れる旨み。ハムや玉子など、あらゆる食材と相性がいいパンは、無限の楽しみ方を秘めています。東京・渋谷界隈の、サンドイッチが美味しいパ...
宇宙旅行は、かつて宇宙飛行士のみに許された特別なものでしたが、現在旅行会社がプランを取り扱うなど、民間人にも夢ではなくなって来ました。今度は「宇宙ホテル」...
2016年1月10日(日)、京都・岡崎に国内6店舗目となる「蔦屋書店」がオープン。西日本では「梅田 蔦屋書店」に次ぐ2店舗目。主に関西人から熱い視線が注が...
寒い季節になると、無性に食べたくなるのがお茶漬け。東京の専門店では、心も体も温まりながら堪能することができる。日本食の美味しさにうっとりする、おすすめのお...
障害を持つ人にとって、就職は大きな壁のひとつ。ダウン症のコレットさんもその問題に悩んでいるうちのひとりでした。途方に暮れていたコレットさんはある日、自分の...
メルボルンにオープンしたアイス屋さんが、Instagramで話題!そのビジュアルがたまらないのです。これは見逃せない〜♪わたあめ食べるのに大忙しでソフトが...
産地直送野菜──。収穫したての鮮度をいかに保ちながら、それを商品として売り場に陳列するか?これは、ブラジル大手スーパーチェーン店の企業努力を紹介した動画で...
とてつもないスピードで移動できる手段が登場?なんて思う人は少ないかもしれませんが、本当に東京都心から1時間で到着しちゃうのが、ここで紹介する「ジョンソンタ...
いちごやレモン、メロンなど、お決まりのフルーツ味はもう古い?いやいや、もちろんそんなことはないのですが、これを見ると新たな時代の到来を感じることは確か。使...
都心では、スーパーのレジ袋が有料化となる店舗が次第に増えてきています。それでも、ご自慢のエコバッグの中はといえば、食材を抜いた後で結局、ゴミ箱へと向かう包...
「スペースは充分。快適だよ」と、店主のRob Kerrさん。座っている場所は、使われなくなった赤い電話ボックスの中だ。ロンドンでは、これを建物代わりに活用...
小さな八百屋「ミコト屋」が扱う果物は、1年中手に入るわけではありません。そんな旬の時期にしか出会えない、とびきりおいしい果物を使ってケーキをつくる「MER...
日本列島が猛烈な寒波に見舞われた1月24日、寒さにめっぽう弱いはずの沖縄県民(の一部)は、なぜか喜び勇んで寒風吹きすさぶ浜に繰り出したそうです。彼らが目指...
2016年7月20日。日本の政治経済、文化の中心である東京に「星のや」がついに開業。発信するのは、世界に認められる究極の「和のおもてなし」です。江戸時代に...
“非日常がまるで日常になる、シェアする旅の宿”。さまざまな国籍・年齢・キャリアの人々が、世界各国、もしくは日本各地から訪れます。近年ではリノベーションされ...
この春、銀座の街を歩く人たちの手にするバルーン(これは透明のもの)を注意深く見てほしい。もしも、膨らんだ中に何やら小さなお菓子を見つけたら、それは「空飛ぶ...
撮影用やおもちゃ感覚で、量販店でも買えるようになったからといって、日常の生活のなかにドローンが浸透している人は、まだごく一部の人にすぎません。もちろん不要...
毎年、世界中でおよそ300億トンもの野菜や果物が廃棄処分されています。このなかには商品として店頭に出荷できない、見栄えが悪くいびつな形をした、いわゆる規格...
2016年3月10日、東京・青山に新たなコーヒースタンド「THE LOCAL」がオープンしました。この店、ある画期的なオーダーシステムを採用しているんです...