最大節水率95%!高性能ノズル『バブル90』が世界を救う?

もし、世の中から水がなくなったら?ほとんどの人はそんなこと考えたことないですよね。蛇口をひねれば水が出る、それが日本のスタンダードですから。
でも、当然ながら水は「有限」のもの。尽きてしまうと、料理や洗濯、入浴はおろか、そもそも工業や農業自体が成立しなくなることに…。
そんなかけがえのない資源を守るために、「世界を節水する」というコンセプトのもとで生まれたのが、超節水ノズル『バブル90』です。
untitled.739 (2)_R
これは、東大阪市発モノづくり系ベンチャー企業DG TAKANO初開発製品。コンパクトなノズルに秘められたのは、洗浄力や使用感を損なわないで実現させた最大節水率95%という驚異の節水力。環境保持に貢献する節水製品として、いま世界中から注目を集めています。
untitled.742 (1)_R
『バブル90』は、水と空気の混合によって水泡となった水を放出。しかし、水泡をつくり出すプロセスが従来の節水蛇口とはまったく異なります。実は、独自の真空技術によって、水泡をつくるための水そのものを削減しているのです。
たとえば平均節水率が90%の場合、一般的な蛇口で6分間に使う水量を、なんと60分間も使えることに。
DGtakano_hp__pdf(3_7ページ) (1)_R

しかも、同時に高い洗浄力も追求。その秘密は、放出される水泡の量に変化を与え、汚れに連続して打ちつける脈動流と呼ばれるもの。滝やマシンガンのように水泡を連続して打ちつけることで、強固な汚れも粉砕。節水力だけでなく、洗浄力でも世界を驚かせました。

1303311397 (1)_R
結果的に、そのことでコスト削減につながるメリットも。すでに、駅や学校などの公共施設、スーパーマーケットなどさまざまな場所で高い節水効果を実現しています。
導入箇所は、トイレの手洗いや洗面台、厨房のシンク等。某飲食店では、月平均水道料金92,000円が45,000円まで下がるなど、50%以上も費用を抑えることができたそう。
ちなみに、原発関連施設や火力発電施設向けなど、顧客の現場や要望に合わせて『バブル90』 搭載のオリジナル製品の制作も可能。私たちの知らないところで、これほどまでに「節水」と向き合う企業があったのですね。

Licensed material used with permission by 株式会社DG TAKANO

無駄に流れ落ちていく水をもっと劇的に節約するべく、スウェーデン企業「Altered」が水を“濃霧”に変えるノズルを開発した!ノズルは75%節水のシャワータ...
トイレを流すとき、一体何リットルの水を使ってると思う?一度トイレを利用しただけで、どれくらいの水が使われているか知っているだろうか。その量なんと、約6リッ...
米メディア「TakePart」で、ジャーナリストPadma Nagappan氏が、サンディエゴ国際空港の節水対策に注目した記事をご紹介。記録的な干ばつ被害...
2015年の秋、67年連れ添った夫を失った90歳のノーマさん。さらにその2週間後、自分自身にも「子宮がん」が発症していることを知りました。医師もベストな手...
1926年にスマートフォンの登場を予測していた人物がいた!という記事が米メディア「Big Think」に掲載されています。その人物とは、ニコラ・テスラ。彼...
2015年9月のこと。ノーマさん(90歳)は、67年間一緒に連れ添った最愛の夫を亡くしました。そして、その2週間後に自分の体ががんに蝕まれてることを知った...
ここに紹介する動画には、ハロン湾の豪華クルージングの様子も、世界遺産ホイアンのランタン祭りも、カイランの水上マーケットも、コロニアル様式の美しいホーチミン...
例えば、もしあなたが喧噪とした今の生活を離れて、島で暮らすとしたらどうだろう? そんな夢想をしたことがあるだろうか?「島」ということばを聞くと、無性に心が...
ひと月後に結婚を控えたカップルが、特殊メイク技術によって、老後の自分たちの姿に変身。徐々に老いていくパートナーを目にしたとき、ふたりの心にある変化が訪れま...
London’s Royal College of Artの学生、「Simin Qiu」さんがデザインした「水道」のアイデアが美しくてとても機能的!こんな...
「人生一度、不倫をしましょう」との謳い文句で知られている世界最大の既婚者向け出会い系サイト「Ashley Madison」の3,300万人分の顧客データが...
勤めている会社の駐車場にトラックを停め、その中で生活をする。そんな少し変わった23歳のGoogle社員が、世界中で話題になっています。120万円で購入した...
「日本の公共交通機関は、世界一時間に正確」これは一般的によく言われていることですよね。特に鉄道。1分のズレをも決して良しとしないその姿勢は、多くの訪日外国...
商店街の衰退が叫ばれている昨今、魚屋も例外ではありません。夕食を焼き魚や刺し身にしようと思った時、魚屋ではなくスーパーへ……という人が多いのでは?そんな中...
最近、何かと耳にする「マイナンバー制度」。その概要、あなたはきちんと理解していますか?制度が導入されると、私たちの暮らしは、一体どのように変化するのでしょ...
これは、たった15分で窯の温度が500℃まで上がる「Roccbox」。小さくて持ち運べるうえ、内部の構造は本格的な石窯そのものです。木材・ガスどちらも使用...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
NYは「フードデザート(食の砂漠)」問題の影響下にあり、新鮮な野菜が手に入りづらくなりつつあると言われています。が、健康志向なニューヨーカーたちのニーズは...
海外で働いている人って、どこか優秀なイメージがありますよね。でもいくら日本国内で優秀な人でも、海外へ行ったとたんに仕事がうまくいかなくなってしまう人がいま...
スマホサイズのコンパクトさ。太陽光で充電できるため、コードレスですっきり。こんな間接照明、待ってた人も多いのでは?この「Ellum Solar」は、なんと...