世界にたった一足のNIKEスニーカーが、カスタマイズから製造まで90分で完成。

いつの日か、ショップのディスプレイからスニーカーが消える日がくるかもしれません。先日、NIKE Newsのリリースを目にした瞬間、そんな未来を想像してしまいました。

デザインは自分で決めて、製造もその場でリアルタイム。これ、マジです。

オーダーしたその日に
履いて帰ることもできる

Ec226a6905f5ed0199b2976dc5c4d2a8594b4934120e69765f909be9e720c999c928be7bbe2df8a7

カスタマイズと言えば、有名なのがNIKEiD。自分でシグニチャーシューズのデザインや色をカスタマイズして、3〜5週間で世界に1つの靴を手にできるという、NIKEでも人気のサービス。

じつを言えば、新しいサービスもほとんどこれと一緒。ただし、決定的に違うのは製作時間。オーダーをしてから、たったの90分で仕上がってしまうというから驚きです。ただし、現段階ではこれを体験できるのは、世界で唯一ニューヨークのみ。さらに、NIKE+のメンバーなどに限られているようです。

3f31e2251cc7263f12b02b536e0da7e8462f5cc7

その様子を詳しく知りたくて調べてみたところ、日本での情報は限られたものばかり。諦めかけていたときに見つけたのが、Edgar Alvarez氏が「Engadget」にまとめた、この記事

いわく、真っ白な靴を履いてブース(上記の画像)に立つと、数あるデザインの中から気に入ったものを選べる仕組みだそう。無地または迷彩柄。緑や青、ピンク、黄色を好みに合わせて選ぶと、履いている靴がキャンバスになり、それらを映し出してくれるようです。「Happy Birthday」などの文字を入れることも可能なんだとか。

ちなみに、スニーカーを仕上がるまでの時間は46分だった、とEdgarさんは記しています。

0e0b696f060fd260e6b3ccf55359f7d0231079aa

NIKE Newsで、クリエイターMark Smithさんはこのように述べています。

おそらく多くの人にとっては、スニーカーが仕上がるまでよりも、デザインを考える時間の方が長くなるのではないでしょうか

これだけでもNYのショップを訪れたい。そんな魅力ある開発が、いつか他ブランドにも波及すると、本気でショップに在庫が不要となる日がくるんじゃないでしょうか?

Reference:Engadget
Licensed material used with permission by NIKE
スニーカーに全く詳しくない私ですら、「Air Force1」や「Air Max」は知っています。一時期よりは少なくなった印象があるけれど、依然として街中で...
空気圧をクッションに使った「エアマックス」、柔らかさと反発性を兼ね備えた新素材「ルナロン」など、次々と新しい技術をスニーカーに投入してきたNike。そのN...
「コルテッツ」というスニーカーを知っているだろうか?1972年にNIKEブランド初のスニーカーとして誕生。現在でも生産されている同社を代表する1足だ。個人...
エアマックス、エアジョーダン、エアフォース。もう「AIR(エア)」と聞けばNIKE。世界中でそんなイメージが染み付いています。その「AIR」の製造プロセス...
スニーカーは選ぶのではなく、変化させる時代になるのかも。理想のデザインとの出会いが稀で、新しく買った洋服とのマッチングが気になったりすること、あるかもしれ...
先日、熱狂のうちに幕を閉じた「世界陸上2015北京」。絶対王者ウサイン・ボルトの圧倒的な強さや、日本の超新星サニブラウン・ハキームの大健闘はまだまだ記憶に...
AppleとNike。世界でもっとも革新的なブランド2つが、長いあいだ一緒に走り続けてきたからこそ生まれた最新モデルがこの「Apple Watch Nik...
自分の足にぴったりのフィット感にできるところが、ひものついたスニーカーのいいところ。でも、脱ぎ履きするたびにいちいち結び直すのも大変だし、無精してそのまま...
ポートランドに本社を構えるNIKEが、ニューヨークに新オフィスを開設しました。「ナイキ・ワールド・キャンパス」と呼ばれる本社には、クライミングウォールやバ...
ニューヨークのスタントン・ストリートにある、ごくごく普通のバスケットボールコート。ある日このコートが、変身したんです。さっそくネタバラシ。これは、Nike...
これまで、イスラム系の女性たちがスポーツをしている姿は、あまり公にされてこなかった。保守的なイスラム圏では、女性は手や顔を隠さなければならない。社会的にも...
ここ数年、空前のスニーカーブームが続いていますが、正しいスニーカーのお手入れの仕方は意外にも盲点。果たして子供の頃の運動靴みたいに、ジャブジャブとタワシで...
大人になって長靴を履くのもカッコ悪いし、防水のトレッキングシューズでは重すぎる。かといってスニーカーでは靴下まで濡れてしまうし…。雨の日の「足下セレクト」...
成長し、社会に出て「大人」と呼ばるようになったとたん、「身の程を知る」という言葉に自分の限界を押し込めようとしていないか。アスリートたちががむしゃらに挑戦...
普通に生活していると、なかなかこんなところにまで意識は及ばない。でも、言われてみるとなるほどなと思う。世界初の馬専用スニーカーは、決して単なるオシャレアイ...
いい靴に出会うと、20年だってつき合うことができるといいます。一緒に年を重ねるごとにどんどん自分の足に馴染んでくる。こうなるともう、完全にパートナーみたい...
どう見てもいわゆるハイヒールのそれ。なのに、驚くほど歩きやすく、足にフィットして痛くもない。まるでスニーカーのような履き心地だとか。アヤシイ。が、これが本...
夏の終わりから秋にかけて、天気が変わりやすい日が多くなります。急な夕立に見舞われて靴がぐしょぐしょになったり、フェスなどで雨に降られてお気に入りのスニーカ...
軽さや機能、デザインを追求するばかりがスニーカーじゃない。まったく新しいコンセプトでアディダスが開発を続けてきたフットウェアが、いよいよ一般ユーザー向けに...
6月29日、ニューヨークでアディダスのコンセプトスニーカーが発表されました。レセプション会場にアディダスが選んだのは、国連本部ビル。じつは、同日開催されて...