あのNIKEのロングセラー「コルテッツ」に異変が起きている

「コルテッツ」というスニーカーを知っているだろうか?

1972年にNIKEブランド初のスニーカーとして誕生。現在でも生産されている同社を代表する1足だ。個人的には、NIKEのスニーカーの中で1番好きなモデルでもある。シンプルで飽きのこないデザインは幅広い層に支持されていて、僕のまわりの40代にも熱烈なファンが多い。

今年、45周年を迎えたそのコルテッツに、異変が起きている。

レインボーカラーのリボン
「ありのままで」を意味する文字

Medium d0b9b2229db7c9929a0fca49019fd8c5cb37ad3a

昔から、コルテッツの基本カラーリングは2色だった。しかし、その歴史が塗り変えられようとしている。シュータンの部分に、レインボーカラーのリボンがあしらわれているのだ。

Medium ae45985de64aa1ae29498538f712fb12e4d9749a

加えて、デュブレには筆記体で「BETRUE(ありのままで)」 の文字が。

一体、これらが意味するものとは?

LGBTアスリートたちへの
「敬意」を表現

Medium 959206e029634ff3b0bf6eea45b1b93ce96272b9

じつは、この新たなコルテッツは、NIKEが2012年からLGBTQコミュニティへのサポートとして展開している「BETRUE」シリーズの最新モデルなのだ。「自分の思いを力強く、はっきりと発信しよう」というメッセージは、「多様性」を意味するレインボーカラーと絡まってLGBTアスリートたちへの敬意を表現しているのだそう。

そして、その発売日を6月としているところも心憎い。なぜなら、NIKE本社のあるアメリカで6月といえば、LGBTプライド月間。性的少数者の人々が、性的指向や性自認に誇りを持つべきだとする概念を示す言葉である。

2000年に、元米国大統領であるビル・クリントンによって宣言されて以来、大きなムーブメントとして国際的に拡がりつつある。

LGBTQコミュニティに
約2.8億円を支援

あまり知られてはいないが、NIKE社は、2012年以来、LGBTQコミュニティに約250万ドル(約2.8億円)の資金支援をしている。また、同社内には、LGBTネットワーク部署も存在しているというから、その本気度はかなりのもの。

LGBTネットワークリーダーのロバート・ゴーマン氏は、プレスリリースを通じて以下の宣言をしている。

「私たちに重要なのは、LGBTアスリートたちを応援しているとひと目で分かるものを作ることでした。(中略)今後も、BETRUEの製品には、常にこの意味を表現するレインボーカラーを使っていきます」

この発言が、どれだけLGBTQの人々へ勇気を与えるかは、想像に難くないはずだ。フラッグシップのNIKEコルテッツのみならず、「BETRUEコレクション2017」に選ばれたのは合計4モデル。ファッション性だけに終わらないレインボーカラーに込められたメッセージを、いま一度考えてみてほしい。

Medium 670f3968c833f4fc3df807132733b24fa557eea4
Licensed material used with permission by NIKE
スニーカーに全く詳しくない私ですら、「Air Force1」や「Air Max」は知っています。一時期よりは少なくなった印象があるけれど、依然として街中で...
エアマックス、エアジョーダン、エアフォース。もう「AIR(エア)」と聞けばNIKE。世界中でそんなイメージが染み付いています。その「AIR」の製造プロセス...
空気圧をクッションに使った「エアマックス」、柔らかさと反発性を兼ね備えた新素材「ルナロン」など、次々と新しい技術をスニーカーに投入してきたNike。そのN...
AppleとNike。世界でもっとも革新的なブランド2つが、長いあいだ一緒に走り続けてきたからこそ生まれた最新モデルがこの「Apple Watch Nik...
今年、新たにLGBTの人たちにとって歴史的な一日となった日がある。毎年、世界各地で盛大に開催される性的マイノリティの権利と文化を讃える「プライド・パレード...
これまで、イスラム系の女性たちがスポーツをしている姿は、あまり公にされてこなかった。保守的なイスラム圏では、女性は手や顔を隠さなければならない。社会的にも...
毎年、米国の首都ワシントンD.C.で行われるLGBTの祭典「キャピタル・プライド・パレード」。今年は、トランプ政権の保守的な反LGBT政策に抗議する形で、...
先日、熱狂のうちに幕を閉じた「世界陸上2015北京」。絶対王者ウサイン・ボルトの圧倒的な強さや、日本の超新星サニブラウン・ハキームの大健闘はまだまだ記憶に...
ニューヨークのスタントン・ストリートにある、ごくごく普通のバスケットボールコート。ある日このコートが、変身したんです。さっそくネタバラシ。これは、Nike...
LGBTQのニュースを見ない日はない、というくらい、ここ数年で一気にその認識や理解が深まってきているような印象を受ける。でも、そこに登場する人は若者が多く...
成長し、社会に出て「大人」と呼ばるようになったとたん、「身の程を知る」という言葉に自分の限界を押し込めようとしていないか。アスリートたちががむしゃらに挑戦...
LGBTQプライド月間(Pride Month)に合わせて、アパレルブランドをはじめ多くの企業が、象徴となるレインボーを製品に取り込むことで、サポートを表...
スニーカーは選ぶのではなく、変化させる時代になるのかも。理想のデザインとの出会いが稀で、新しく買った洋服とのマッチングが気になったりすること、あるかもしれ...
世界ではまだ、多くの国が難民の受け入れに慎重な姿勢をとっている。人種のるつぼだったアメリカも、大統領が変わり、その温度は急速に変化しているんじゃないだろう...
2017年になってから、早くも1ヶ月が過ぎようとしています。年始に誓った目標に対して、まだ努力できていますか?すでに心が折れてしまった人は、もう一度奮起す...
A to Zをデフォルメしたタイポグラフィをよく目にするが、「世界が抱える闇」を誰の目にもわかりやすく視覚化したものとして、これは秀逸。26文字のアルファ...
ゲイの兵士が逮捕されたり、大統領選の候補者たちが同性愛に対して否定的な発言をするなど、同性愛者にとっては厳しい状況が続く韓国社会。そんな中、各地の大学で、...
新聞や雑誌の切り抜きを利用した、コラージュ作品を得意とするイギリス人アーティストのJoe Webb氏。パソコンによる加工を一切施さず、ただ切って貼るだけの...
2015年夏、ヨーロッパは第二次大戦以来となる難民問題に直面しました。ドイツのデザインスタジオが製作した、この6分間のアニメーション動画は、シリアからの難...
僕は21年間、ゲイとして生活してきました。こう語るのは明治大学3年生の松岡宗嗣さん。彼は現在、LGBTに関する出張授業等を行うNPOで活動中。その目的は、...