「女性だから」「男性だから」の偏見に立ち向かうジェンダーレス・モデル

最近、ファッション界において「両性モデル」というユニークな現象が起こっている。時にはレディース、時にはメンズ…2つの顔でポーズを決めるファッションモデルたちのことだ。

この記事で紹介するRain Doveもそのひとり。NYを舞台に活躍するこのモデルは、果たして女性なのか、男性なのか?

一見、どちらか分からない性別

男女、両性のファッションを自身のInstagramで発信するRain。じつの性別は女性だ。しかしながら、長身で彫刻のようにりりしい外見から、男性モデルとして活動することも多いという。

左右の写真のなかの人物は紛れもなく同一。が、着こなしをはじめ、表情、ポーズ、漂う雰囲気から、どちらの性別かを判断することは容易ではない。というか、どちらにも見えてくるから不思議だ。

男女の“らしさ”を越えた
「自分らしさ」の表現

Rainの狙いが投稿コメントからも垣間見えてくる。

「女性はピンクを着る。男性はブルーを着る。でも、私は、自分が着たい色を着るの。だって、50年前は真逆だったのよ。男性は勇気や闘いを示す赤やピンク、女性は無垢と純粋を示すブルーというようにね。時が変われば、社会だって変わる。色や着るものに関して性別によって“こうじゃなきゃいけない”なんて、ほとんどないはず」。

つまり「女性だから…」、「男性だから…」と世間が決めたステレオタイプなジェンダー観を疑い、そこから解放されてはじめて自由になれる、と。

フォロワー数はすでに11万を超えている。LGBTのコミュニティからも多くの支持を受けているとのこと。ズラリと並んだ「両性モデル」っぷりをチェックして欲しい。Rainからのメッセージが届くだろうか。

自らを被写体にして世の中に訴える。その姿勢は、モデルという範疇を越えて活動家ともとれるほど。そんな職業のカテゴリーさえ、彼女にとってみては無意味なのだろうけど。

Licensed material used with permission by Rain Dove Dubilewski
ここ数年で、電車やバスの乗務員に女性がぐんと増えた印象があります。消防士やパイロットや土木従事者など、マイノリティーではあるものの、はたらく女性のキャリア...
SNSに写真をアップするとき、つい理想の自分のスタイルを演出したくなっちゃいますよね。いつもは本当はそんなに決まっていないときだってあるのに、バッチリ加工...
リベリア出身で、LAを拠点に活動する黒人モデルDeddeh Howardさんは、モデル産業のなかに「多様性」が欠けているということを憂いていました。街で見...
ヨガをする女性と聞くと、どんな印象があるでしょうか?肉体的にも精神的にも健康的で、さらにモデルのような体型を目指している人々…。でも、その本質は体のサイズ...
女性の活躍が進んでいるとはいっても、人数としてはまだまだ男性の方が多い政治の社会。もしもそれが、逆転したら?そんなイラストを公開した「College Hu...
ロシアのとあるファッションブロガーが、高齢者限定のモデル事務所を設立し、世界中から注目を集めています。驚きなのは、全員が経験のない素人だという点。しかも、...
「なぜお尻が良くておっぱいが悪いっていうの?見せかけの偽善に息が詰まりそう」デビュー当時より、鋭くフェミニズムの観点で社会的メッセージを発信し続けてきたマ...
この、きりっとした目線のダンディーなお方はPhilippe Dumasさん。モデルとして、それなりのキャリアを持っていそうですよね?ところが、仕事を始めた...
A to Zをデフォルメしたタイポグラフィをよく目にするが、「世界が抱える闇」を誰の目にもわかりやすく視覚化したものとして、これは秀逸。26文字のアルファ...
ある組織内においての多様性を示す「ダイバーシティ」という言葉が世に浸透し始めたのは、ここ10年くらいだと思う。もちろん、そうした考え方自体はそれ以前にもあ...
「コルテッツ」というスニーカーを知っているだろうか?1972年にNIKEブランド初のスニーカーとして誕生。現在でも生産されている同社を代表する1足だ。個人...
NYのフォーダム大学で教授をしているLyn Slaterさんは、ニューヨークファッションウィーク中に友だちとランチに出かけたところ、ジャーナリストにパシャ...
素敵なウェディングカードを見つけました。初めは、そのデザインに惹かれたのだと思いました。でもしばらくして、そっと込められた意味に気付いた時、もっと魅力を感...
ヌードの女性がいきいきと躍動する、ちょっぴりセクシーな動画をご紹介。最初に断っておくと、コンテで描かれたデッサン画でのお話…ですけどね。 10人のデッサン...
ドイツで活躍している25歳のモデル、イルカ・ブリュールさんは、生まれてすぐ気道の病気を患い、10回にわたる手術を繰り返してきました。その影響で、目元や、鼻...
2015年7月10日、モデルのEkaterina Juskowskiさんが米マイアミのビーチでPVの撮影をしていました。しかし突然背後から船が現れ、その様...
世界ではまだ、多くの国が難民の受け入れに慎重な姿勢をとっている。人種のるつぼだったアメリカも、大統領が変わり、その温度は急速に変化しているんじゃないだろう...
「男は泣くものじゃない」男女平等とは言っても、長い間に培われた文化は、なかなか消えないもの。自分の中にもそんな思い込み、ありませんか?写真家のMaud F...
今年、新たにLGBTの人たちにとって歴史的な一日となった日がある。毎年、世界各地で盛大に開催される性的マイノリティの権利と文化を讃える「プライド・パレード...
毎年、米国の首都ワシントンD.C.で行われるLGBTの祭典「キャピタル・プライド・パレード」。今年は、トランプ政権の保守的な反LGBT政策に抗議する形で、...