涙の理由は、人それぞれ。「男だって泣いてもいいだろ?」

「男は泣くものじゃない」

男女平等とは言っても、長い間に培われた文化は、なかなか消えないもの。自分の中にもそんな思い込み、ありませんか?

写真家のMaud Fernhoutさんは、オランダ・ユトレヒトの大学に通う大学生。性別と結びついたステレオタイプを打破するために「本気で泣く男性」のポートレートを撮影。

Jip(20歳)

Medium 75bc2e4f87d9c627a06534d224c637aee39727c1

「泣く」っていう感情は、人間を動物と隔てる特徴のひとつ。でも皮肉なことに、社会的な構造によって自然の姿を押さえつけてしまうものでもあるんだ。

Job(18歳)

Medium 110fe87ef809b864a1ee21b54281faaf8e23ee9d

僕にとって、泣くことは弱さを見せることじゃない。泣くことによって、自分の気持ちを受け入れて、前に進むことができる。むしろ強くしてくれるんだ。

Louis(19歳)

Medium ea7ce7b2abe82d4e3833c3ca3a87ff632b6951fc

泣くことは全然恥ずかしいことじゃないと思うよ。割り当てられたステレオタイプに合わせるために感情を押さえつけるなんて、そんなことあるべきじゃない。

Aditya(19歳)

Medium 4539e10bb0c6e7e629b4ede611da66793dc8f957

前は自分のことを強いと思っていた。なぜなら、泣かなかったから。でも、今は自分のことを弱いと感じる。泣くことができないから。

Milos(20歳)

Medium 82f16c68865f8d8ea9fa1fb213e42fbd445d5a97

水が体を浄化するように、涙は心を浄化するもの。

涙の理由は人それぞれ。涙を流すことに、男性も女性も関係ない。言葉にすると当たり前のことですが、改めてその意味を突き付けてくる作品です。

Licensed material used with permission by Maud Fernhout
あなたが涙を流すのは、どんなときでしょうか。嬉し涙もあるでしょうし、抱えている悲しみやつらさが極限に達して、こらえきれないとき、ここで泣くのはイヤだとぐっ...
「Elite Daily」のライター、Candice Jaliliが自身の経験を元に、泣くことの大切さをアドバイス!その一部を以下に紹介します。わたしが涙...
涙には、ストレスを体から追い出す効果があります。ストレスを溜め込むと病気の原因にもなるので、その効果は絶大なんです。涙についての研究を進める神経科学者、ウ...
ここ数年で、電車やバスの乗務員に女性がぐんと増えた印象があります。消防士やパイロットや土木従事者など、マイノリティーではあるものの、はたらく女性のキャリア...
夢の中の自分が泣いていた…。何か不幸の予感のように思えますよね。ところが、実際はその逆でなく夢は「吉夢」、つまり幸運の予兆。夢の中の涙の意味を解明していき...
無意識に「泣くこと」を、我慢したり避けたりしていませんか?「Elite Daily」の女性ライター、Candice Jaliliさんも、そんな涙を見せるの...
一般的に、泣くことは“弱さの象徴”のように捉えられがち。しかしここでは、そんなイメージを覆す「Higher Perspective」の記事を紹介しましょう...
タフで、ストイックで、屈強。オーストラリアでは、男たちは生まれながらにしてこうした男性像が付いて回るそうだ。恐怖を前にしても笑顔を絶やさず、人生がぐらつく...
「泣き虫ほど、本当は精神的に強い人間」。まるで子供向けアニメの主人公のような、逆説的視点から、涙と感情の相関関係を解説した「Power of Positi...
この赤ちゃんにとって、絵本を閉じることほど「この世に悲しいものはない」のかもしれません。絵本を読んでくれるママの「お〜しまい」を聞くのがイヤでイヤでしょう...
「優しい人って、最終的には“いい人どまり”よね」なんて会話はよく聞きますが、それはどうやら海外でも同じようです。ここでは「Elite Daily」の記事よ...
玉ねぎを切ると、涙が出てくるのは周知の事実。では、みなさんはそれをどう回避していますか?「包丁と玉ねぎをよく冷やしておく」「割り箸を口にくわえる」など、“...
米・ラトガース大学で、東アジアの歴史を研究するニック・カプール教授が、Google検索する時に表示される「予測変換」を用いて、各国のステレオタイプを調査!...
結婚を意識するようになると「素敵な男性と出会いたい!」そう意気込む女性も多いと思いますが、結局付き合うのはダメ男ばかり…。そんなとき、もしかしたら、この世...
ドクロや兎、鹿を型どったキャンドル&ホルダーが話題になっています。その理由は、火を灯すと、まるで泣いているように見えるから。演出するのは「切ない」雰囲気!...
白い肌、白い髪、白い背景。白一色でまとめられたこれらの写真を撮ったのは、フォトグラファーのYulia Taitsさん。彼女はアルビノの人たちにフォーカスし...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
動物と人との関わり合いをテーマに、長く写真を撮りつづけてきたシャルロット・デュマ。彼女の写真と向き合うとき、そこには、ただ「言葉なく見つめる」時間だけが流...
シリア内戦の引き金となった抗議デモが本格化してから、7年。いまだに終わりの見えない混沌のなか、人々はどのように生活しているのでしょうか。イラン人写真家Al...
「いい人」という表現は、ポジティブな文脈で使われることが多いですよね。もちろん、「いい男」もしかりです。でも、両者の行動の裏側には驚きの違いがある。そんな...