誰が見ても幸せそうに見える「家族の写真」に隠された秘密

にっこりと笑う小さな男の子。大好きなパパとママと一緒に写る幸せいっぱいの一枚は、見ているこちらも微笑ましい気持ちになります。だけど、実は彼の両親は離婚しているのです。これだけを聞くと、ちょっとネガティブになってしまうのですが、この写真で伝えたいのはそういうことじゃありません。

夫婦としては終わっていても、子どもの親であることは変わらない。そんな気持ちから、別れた後も3人で記念写真を撮り続けているのです。

子どもへの愛は
絶対に変わらない

6acbc68f4693caafcbfc229855f91c25cdfd69ce

何も知らない人にとっては、幸せな家族3人の姿にしか見えません。だけど、Bruceくんが2歳の時に、両親であるVictoria BaldwinさんとAdam Dysonさんは離婚しています。それにも関わらず、別れてから3年目になった今でも全員が記念写真を撮り続けたいと思っているそう。

そもそもこれを始めたのは、VictoriaさんとAdamさんが、子どもの前で大きな喧嘩をしてしまったことがきっかけみたいです。お互いにとっては憎い相手となってしまったとしても、息子にとっては大切なパパとママが傷つけ合うのはとても悲しいもの。

それをとても後悔した2人は、たとえ夫婦としての仲が壊れていても、彼の前ではいい父親と母親であり続けようと誓いました。そんな、愛する我が子を思う気持ちを記念写真で証明しているのです。

1e982a59fa001c2ee216066b215baadcc2499b5c

ママもパパも大好き!と、幸せそうに笑うBruceくん。

2ab615b0950d542f4becdaffcb37ef5fd2d46472

上の2枚は離婚前のもの。昔とは違って妻と夫の関係は終わってしまったけど、親としての繋がりは切れず、息子への愛は何も変わっていません。

この写真は、VictoriaさんとAdamさんのどちらかに新しい家族ができるまでと考えているそう。もし、これが終わる日が来ても、彼らのキズナは決して消えることはないでしょう。

Licensed material used with permission by Kate Gilleran
二児のママであるドミニクさんは、2015年に仕事をやめてから、子どもたちと過ごす時間が増えたため、SNSやブログの更新をはじめました。ある日、彼女が次女の...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
ヴィンテージカメラを見るとワクワクする。所有していた人はレンズを通して何を見ていたんだろうとか、どんな写真を撮ってきたんだろうとか。想像しても決して答えは...
ありふれた日常生活から、困難に陥った時まで。支えてくれる家族がいたからこそ、あなたは優しく、強くなれるーー。「Thought Catalog」でそう語るの...
この写真を見た時に、祖父母と過ごした日々を思い出しました。そして、愛情をもって自分たちの経験や考えを話してくれたことに改めて感謝したい気持ちになったのです...
愛する人や友達にチョコレートをプレゼントするバレンタインデーは、じつは家族に日頃の感謝を伝えるチャンスでもあります。改まって伝えるのはなんだか照れくさいか...
被写体、衣装、背景、小道具のすべてがシンクロ。風変りでありながら、どこかモダンさを感じさせる家族写真である。ポーランド出身のNatalia Wiernik...
ニュージーランドの農村部に暮らしているフォトグラファーのNiki Boon氏は、テレビなどの近代的な電子機器を使わずに家族みんなで生活中。写真に写っている...
連休になると街中にあふれる旅行の広告。ついつい見てしまう素敵な写真と一緒に、目的地に向かいたくなる誘い文句が飛び交うのだけど「お金があれば行ってるよー!」...
「天使のようなかわいさ」とか言いますけど、まさにその通り!でも子どもの成長は早く、どんどん新しい表情に移り変わっていきます。スクスクと大きくなっていく姿も...
ひとりが生まれても愛おしい赤ちゃんですが、それが同時に2人で、しかも2組いたら可愛さも愛情も4倍に感じられるのではないでしょうか?何枚にも渡る写真はすべて...
スマホのおかげで、それまであまりカメラに興味がなかった人でも、気軽に手元に写真を残せるようになりました。「みんな、もっと写真を撮ればいいのに」と思...
大好きな人と、どこへ行くのも何をするのも一緒がいい。付き合っていたら、そう思うのは当たり前です。できるだけ同じ時間を過ごしてお互いを知って愛を育んでいきた...
大事な命を授かって間もなくして、離れ離れに暮らすことになった夫婦。アメリカから約7,000マイル(約11,000km)先の日本に行く愛する人の無事を祈りな...
どの国にとっても、クリスマスは特別な季節。街中に魔法がかかったような冬のひと時に、ポーランドのIwona Podlasińskaさんは、自分の2人の息子と...
5月は、アメリカでは卒業式の季節。青い空に向かって卒業生が一斉にハットトスする様子に、一度は憧れた人も多いのでは?そんなおめでたい写真の数々がSNSを賑わ...
シリア内戦の引き金となった抗議デモが本格化してから、7年。いまだに終わりの見えない混沌のなか、人々はどのように生活しているのでしょうか。イラン人写真家Al...
今まで私はたくさんの家づくりの相談をお受けしてきました。その中で、素晴らしい家づくりをされたご家族・ご夫婦には、特徴的な行動パターンや習慣パターンがあるこ...
そんなこと、普通は考えもしません。それならば、この機会にちょっと思いを巡らせてみませんか?以下は、オーディションで選ばれた実在する一組の家族。全員で...
子どもと犬。これはもう最強の組み合わせと言っても過言ではありません。ロシア人の写真家、Andy Seliverstoffは「おおきな犬とちいさな子どもたち...