スマホでデザインを変えられる「スニーカー」が登場!

スニーカーは選ぶのではなく、変化させる時代になるのかも。理想のデザインとの出会いが稀で、新しく買った洋服とのマッチングが気になったりすること、あるかもしれません。でも、これだったら変幻自在。

ロンドンやニューヨークなど、グローバルに活動を展開しているデザインチーム「+rehabstudio」が考案したのは、スマホで自由自在にデザインを変えることができるスニーカー。繊維にLEDが埋め込まれており、様々なカラーバリエーションを演出することができます。

85singo_product-effect

85singo_intro-640

85singo_スクリーンショット 2015-07-09 17.06.04

どんな仕組みになっているかというと、繊維の中にLEDが埋め込まれており、形状記憶する素材を使用することで様々なバリエーションを操作、保持できる仕組み。

 

85singo_スクリーンショット 2015-07-09 17.06.26

また、生活のシーンに合わせた様々な使いかたも魅力的。例えば、夜間のサイクリング時に、スニーカーを光らせて安全な走行をサポートしたり。

85singo_スクリーンショット 2015-07-09 18.06.14

ランニングのペースを、スニーカーのカラーで認識することも。

85singo_スクリーンショット 2015-07-09 18.06.53

デザインを考えるのが億劫だという人には、セルフィーで自動的に着ている洋服のデザインに合わせてくれる機能もあります。

85singo_スクリーンショット 2015-07-09 18.06.42

定期的に配信されるオススメのデザインを楽しめるところも、楽しみのひとつ。

85singo_スクリーンショット 2015-07-09 18.06.25

さらに、ラブラブなカップルには、パートナーとシンクロさせるなんて楽しみ方もグッド。

85singo_スクリーンショット 2015-07-09 17.07.21

残念ながら、この「The Shift Sneaker」は未来のスマートスニーカーとして考案されたコンセプトデザインのため、製品化の目処は未だ立っていません。

イメージ的には、自分好みのスニーカーを注文できる「NIKEiD」の体験を、リアルタイムで再現できてしまう感覚に近そう。スニーカーが好きな人にとっては、想像するだけでワクワクしちゃう素敵なアイデアですよね。

Licensed material used with permission by The Shift Sneaker

スニーカーに全く詳しくない私ですら、「Air Force1」や「Air Max」は知っています。一時期よりは少なくなった印象があるけれど、依然として街中で...
空気圧をクッションに使った「エアマックス」、柔らかさと反発性を兼ね備えた新素材「ルナロン」など、次々と新しい技術をスニーカーに投入してきたNike。そのN...
スマートフォンさえあれば、たとえ旅行先でも迷わず目的地に辿り着くことができるでしょう。とっても便利になったかわりに、画面ばかり見てしまってせっかくの旅行先...
自分の足にぴったりのフィット感にできるところが、ひものついたスニーカーのいいところ。でも、脱ぎ履きするたびにいちいち結び直すのも大変だし、無精してそのまま...
ここ数年、空前のスニーカーブームが続いていますが、正しいスニーカーのお手入れの仕方は意外にも盲点。果たして子供の頃の運動靴みたいに、ジャブジャブとタワシで...
普通に生活していると、なかなかこんなところにまで意識は及ばない。でも、言われてみるとなるほどなと思う。世界初の馬専用スニーカーは、決して単なるオシャレアイ...
大人になって長靴を履くのもカッコ悪いし、防水のトレッキングシューズでは重すぎる。かといってスニーカーでは靴下まで濡れてしまうし…。雨の日の「足下セレクト」...
6月29日、ニューヨークでアディダスのコンセプトスニーカーが発表されました。レセプション会場にアディダスが選んだのは、国連本部ビル。じつは、同日開催されて...
軽さや機能、デザインを追求するばかりがスニーカーじゃない。まったく新しいコンセプトでアディダスが開発を続けてきたフットウェアが、いよいよ一般ユーザー向けに...
エアマックス、エアジョーダン、エアフォース。もう「AIR(エア)」と聞けばNIKE。世界中でそんなイメージが染み付いています。その「AIR」の製造プロセス...
あえて、「夏にしか」履けない靴下を履くのってアリなのでは?そして夏でもサンダルじゃなくスニーカー派の人に、ド派手なトロピカル靴下があるんです。Ryley ...
いまやスマホでお湯が沸き、炊飯器にタッチするだけ自分の好みのお米が炊ける時代。家電がネットにつながり、暮らしがどんどんスマートになってきた。けれど、値段だ...
まるでiPhoneがそのまま車になったかのようなデザイン。Appleでは、密かに自律運転車両の開発が行われている…。と、多くのメディアが報じていましたが、...
LEDランタンがモバイルバッテリーとして使える。モバイルバッテリーがLEDランタンとして使える。この2つの機能が組み合わさっていて、かつ鞄に忍ばせておいて...
17.2×11.5×14.8cmとコンパクトサイズの本格的な3Dプリンターがこちら。使い方も手軽で、1個99ドル(約11,000円)という価格の手頃さも合...
スニーカーはファッションとしてもギアとしても好きで、だいたい50足ぐらいを所有しています。街履き用、山用、自転車用、ランニング用など、フィールドやアクティ...
インドの企業、Ather社が開発を進めているのは、スマホと同じくらいの時間で充電ができ、一度におよそ60kmの距離を走ることができる電動スクーターだ。しか...
今やスマートフォンをはじめとするモバイルデバイスの所有率は、1人1台と言っていいほどにまで普及している。そんな中、イギリスの研究機関「The London...
この発想はなかった!いま海外で、想像の斜め上をいく「iPhoneケース」が大きな話題となっています。それは…「EYE」は、Androidのスマートフォンを...
ロイヤルメルボルン工科大学が開発した「スマートピル」は、飲み込むことで体内環境を調査し、そのデータをスマホなどで確認できるもの。開発したのは、過去にもモバ...