洗濯機の水道代を節約する5つの方法

節約、とくに水道代について考えたことは? 水道代は段階式に値段が上がっていくので一概には言えませんが、相場を見ると1リットルあたり約0.25円が平均となっています。

例えば、洗濯に使用する水の量はだいたい105リットルくらい。計算すると洗濯機を一回回すのに26円ほどの水道代がかかっていることになります。もし、毎日洗濯機を回しているのなら月当たり約800円。年間にすると洗濯機だけで9500円ほどに膨れ上がります。

一方、お風呂は日々の疲れを癒すのに大切なこと。水道代を節約するのであれば同じように1回当たりの容量が大きい洗濯機にかかる水道代を節約する方がおすすめです。

1.オーソドックス水はお風呂の水を

洗濯機の水の節約ではよく知られた方法ですが、お風呂によくつかる場合は、お風呂の水を洗濯機に回すのがおすすめです。
浴槽はだいたい一般的なものであれば200リットルくらい入ると言われています。

洗濯機に使われる水をカバーするのには充分な量です。さらに、あったかいお湯やぬるま湯であれば、汚れも取れやすくなるのが嬉しい点。まだ実践していないという方は、くみ上げ式のポンプを取り付けてさっそく、お風呂の水を洗濯機で使えるようにしましょう。

ただし、このお風呂の水を再利用する方法は、汚れが気になる方には向いていない可能性もあります。
どちらかというと一人暮らしなど、お風呂の水の汚れが少ない家庭での導入がおすすめです。

2.手洗いできるものは手洗いで

できるだけ洗濯物を増やさないことも、水道代節約のコツです。

例えば汚れがひどいものなどを洗濯する際、汚れがひどいからと言って単体で選択するのはスマートとは言えません。

まずは手洗いである程度汚れを落としてから洗濯するようにするようにしましょう。

3.何日分かまとめて洗うようにする

洗濯機を動かすのが毎日だという方、量は適切でしょうか。
家族の人数が多いという場合は仕方ない部分もありますが、一人暮らしや二人暮らしなのにも関わらず毎日洗濯していると水道代もかさんでしまいます。

洗濯機がパンパンになるまで溜まってしまうと、洗濯機の動力効率が悪くなってしまい良くありませんが、洗濯機の8割ぐらいなら問題ありません。
洗濯にかかる水道代を節約したいなら、ある程度洗濯物をためて、まとめて洗濯をするのがおすすめです。

もし、仕事に使うものなどがあるから毎日洗濯しないといけないという方は、洗濯機だけではなく、他の方法を考えてみてはいかがでしょうか。
手洗いや天日干しなどでも大丈夫そうであれば、他の方法を選択するにこしたことはありません。

4.洗濯ものの入れる順番がコツ

洗濯ものを入れる順番によって、水道代が変わってしまうということはご存知でしたか。
ほとんどの方は、特に意識せずそのまま入れていると思います。

ですが、洗濯ものの順番を意識するだけで、水道代だけでなく電気代まで節約できるのです。
ポイントは重いものから。

先に重いものや大きいものを入れて、上に軽いものを入れるようにします。
上に軽いものを置くことによって、洗濯機の動力の効率が良くなり、無駄に水を使わなくて済むのです。

5.洗濯洗剤は適量を守るようにする

洗濯洗剤と洗濯機の水道代は一見あまり関係の内容に見えますが、実は深いかかわりがあります。

洗剤をたくさん入れた方がなんだかきれいになる気がするから、とつい洗剤を多めに入れてしまう方は要注意です。
実は洗剤が多いと、洗剤を落とすためにすすぎの回数も増えてしまい、使われる水の量も増えてしまいます。

洗濯洗剤の裏には洗濯量に合わせて適切な量が表示されているので、できるだけきっちり守るようにしましょう。

洗濯機の水道代を節約する方法を紹介しました。できるだけ毎月かかる水道代を節約したいという方はぜひ参考にしてみてください。うまく取り入れられるようになったら、自分ですすぎの回数など設定してみるのも良いですよ。

冬になると暖房費がかさんで、電気代が高くなりがちです。冬の電気代は気になるものですが、寒いのは我慢したくないですよね。電気代が高くなるからと暖房をつけるの...
ついつい「つけっぱなし」になりがち。大きさにもよりますが、いくら省エネ仕様のものでも、電気代がかさんでしまうことも…。寒い冬場でも取り入れやすいように節約...
空気を乾燥させたり汚したりすることがなく、温風によってほこりが舞うこともない。そんなメリットだらけの床暖房ですが、一方でネックとなってくるのは、電気代では...
ひとり暮らしやアウトドアには最適かも?足で踏むだけで使える、小型の洗濯機が話題!「Drumi」は電気が要らない超お手軽サイズのドラム式洗濯機。動画を見てみ...
取り込んだ洗濯物をすぐにたたまず、バサッと床に置いておくだけでは、せっかくキレイに洗った衣類にまた汚れやシワが付いてしまう。かといってキレイにたたむには、...
London’s Royal College of Artの学生、「Simin Qiu」さんがデザインした「水道」のアイデアが美しくてとても機能的!こんな...
出先でコーヒーこぼしちゃった!でも、この後大事な約束が…。そんな時にめちゃくちゃ役立つアイテムが登場しました。使い方がカンタンな上に、かかる時間が最短30...
みなさん「エクササイズ」してますか?定期的な運動はカラダにもいいし、ストレス発散にもなります。ただ、運動が大事ってことは分かってるんだけど、仕事は忙しいし...
「mindbodygreen」において、ライターのCortney Harden氏が、家庭用品を使ってお金を節約する72の方法を紹介しています。曰く、既製品...
無駄に流れ落ちていく水をもっと劇的に節約するべく、スウェーデン企業「Altered」が水を“濃霧”に変えるノズルを開発した!ノズルは75%節水のシャワータ...
「Lucid Energy」が開発した発電システムは、インフラのひとつ「水道管」にタービン発電機を設置したもの。流れる水の力で発電できる。しかも、水質セン...
今すぐ自宅の洗濯槽を洗わずにはいられなくなる―。今回はそんな動画をご紹介。用意するのは、過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)とお湯のみ。実は、これらを使うだけ...
丁寧な暮らし、つまり心が豊かになるような生活は、無理な節約をしていると叶いません。節約をするにしても、無理やりするのではなく、できることなら楽しみながら行...
トイレを流すとき、一体何リットルの水を使ってると思う?一度トイレを利用しただけで、どれくらいの水が使われているか知っているだろうか。その量なんと、約6リッ...
もし、世の中から水がなくなったら?ほとんどの人はそんなこと考えたことないですよね。蛇口をひねれば水が出る、それが日本のスタンダードですから。でも、当然なが...
「Elite Daily」に寄稿する女性ライターBrittney Kniesさんは、30代の頃に2度ほど真剣な交際を経験したものの、その両方がお金の問題で...
就職して、初めてまとまったお金を手にする20代。学生時代とは比べものにならない収入を手にして、ついお金を使いすぎていませんか?とくに親元にいると、給料はほ...
旅行や出張先のホテルで洗濯したものを「どうしても翌朝までに乾かしたい!」なんてことはありませんか?そんなときに便利なのが、超小型乾燥機「ハンディー・セコ」...
一過性のブームではなく、きちんとカルチャーとしてDIYが根付いている。なんでも自分で作っちゃう、海外の“DIY女子”はひと味違いますね。アメリカのティーン...
辛い経験は人を成長させてくれます。人との付き合い方、生活のスタイル…人生に対する考え方がガラリと変わったりします。より良い自分になるには、挫折や失敗を経験...