冬の電気代を節約する5つの方法

冬になると暖房費がかさんで、電気代が高くなりがちです。冬の電気代は気になるものですが、寒いのは我慢したくないですよね。電気代が高くなるからと暖房をつけるのを我慢して、風邪をひいてしまっては元も子ありません。生活や暖房器具の使い方を工夫することで、暖かく過ごしながら電気代を節約することもできます。冬の電気代を無理なく節約する方法を5つにまとめて紹介します。

1.ルームブーツ、着る毛布で暖かく

_317022701

着るものをプラスするだけで、暖かさは格段に違います。
「着る毛布」はフリース生地などでできた足までを覆うゆったりとしたガウンです。

洗い物など家事をするときには不向きですが、パソコン作業や書き物をしているとき、テレビを見たり読書をしたりしてくつろいでいるとき、座ったり寝転がっているときに使えます。

スリッパを履いていても冷えを感じている人は、足首までを覆うルームブーツを履くと温かさが違います。
もこもこの厚手のソックスを履いてみるのもおすすめです。冬の普段の部屋着に暖かなアイテムをプラスして、暖房の設定温度を下げましょう。

2.カーテンなどで窓の断熱性を高める

暖房器具で部屋を暖めても、窓から冷気が伝わってしまうと暖房効率が悪くなります。
窓のカーテンで冷気をシャットダウンしましょう。
腰窓は窓枠より下に10cm以上、掃き出し窓では床につく長さが目安です。

フックにアジャスターがついているカーテンは、多少の長さ調節ができます。
ブラインドよりも、厚手のドレープカーテンとレースカーテンを2枚掛けとすると効果的です。

窓のガラスに貼るグッズも市販されています。
水張りで剥がせるタイプのプチプチのシートは賃貸住宅でも使えます。
シートを貼ることで、窓からの冷気を遮るだけでなく結露対策にもなります。

3.設定温度や掃除!エアコンの使い方を工夫する

4752477_Full

エアコンを主暖房とする人は多いですが、使い方の工夫で電気代を節約することができます。
エアコンにかかる電気代は設定温度を1℃下げると、10%程度削減が可能です。

フィルターの掃除を2週間に1回行うことで、暖かな空気を排出する効率が上がり、電気代を5%程度節約することもできます。

エアコンを使って部屋を暖めると、暖かい空気は部屋の中央の上の方にたまってしまいがちですが、サーキュレーターを使って空気を攪拌することで、暖かい空気を壁づたいに下ろすことができ、エアコンを効率よく使うことができます。

4.外出の20分前に暖房器具を切る

エアコンや床暖房などの暖房器具で部屋全体を暖めたあと、電源を切ってもすぐには部屋は冷えず、しばらく室内は暖かいです。

寒さが厳しい地域を除いては、外出の用意をしているときや家を出る直前まで暖房をつけているのは、実はもったいないです。

外出をする20分前には暖房器具の電源を切りましょう。

5.寝るときは湯たんぽを使って温まる

87601746

夜寝るときには、湯たんぽを使うと電気代を使うことなく暖かく眠理につくことができます。

寝る時間の少し前に湯たんぽを布団に入れておくと、布団に入ったときのひやっと感がなくなり快適です。

プラスチック製のものよりも、金属製のものの方が保温効果が高いようです。

寒さを我慢しないで、冬の電気代を節約する方法を挙げてみました。電気代は意識するだけで随分変わります。例えば27℃に設定しているときに、26℃に下げてもあまり温度の違いを感じないときもあります。無理なく楽しみながら、冬の電気代を節約していきましょう。

空気を乾燥させたり汚したりすることがなく、温風によってほこりが舞うこともない。そんなメリットだらけの床暖房ですが、一方でネックとなってくるのは、電気代では...
ついつい「つけっぱなし」になりがち。大きさにもよりますが、いくら省エネ仕様のものでも、電気代がかさんでしまうことも…。寒い冬場でも取り入れやすいように節約...
節約、とくに水道代について考えたことは? 水道代は段階式に値段が上がっていくので一概には言えませんが、相場を見ると1リットルあたり約0.25円が平均となっ...
01.無料でできる!契約アンペアを見直してみようアンペール(1775年〜1836年)物理学者、数学者。電流の流れる方向と磁場の向きに関する「右ねじの法則」...
「mindbodygreen」において、ライターのCortney Harden氏が、家庭用品を使ってお金を節約する72の方法を紹介しています。曰く、既製品...
丁寧な暮らし、つまり心が豊かになるような生活は、無理な節約をしていると叶いません。節約をするにしても、無理やりするのではなく、できることなら楽しみながら行...
「Elite Daily」に寄稿する女性ライターBrittney Kniesさんは、30代の頃に2度ほど真剣な交際を経験したものの、その両方がお金の問題で...
ひとり暮らしやアウトドアには最適かも?足で踏むだけで使える、小型の洗濯機が話題!「Drumi」は電気が要らない超お手軽サイズのドラム式洗濯機。動画を見てみ...
辛い経験は人を成長させてくれます。人との付き合い方、生活のスタイル…人生に対する考え方がガラリと変わったりします。より良い自分になるには、挫折や失敗を経験...
オンラインメディア「Lifehack」の「お金持ちの節約術」が話題です。ゼロから財を築いてお金持ちになった人は、どのように財産を築いていったのでしょうか?...
年を重ねるにつれ、変わっていく両親との関係性。若い頃は無鉄砲なことばかりで心配をかけていても、ある日、親の存在のありがたさに気づかされるもの。「Elite...
寒くなったら、とたんに心も体もだらけ気味なんてことありませんか?気分が乗らなかったり、原因不明のだるさが襲ってきたり。実はこれ、季節性情動障害(SAD)と...
就職して、初めてまとまったお金を手にする20代。学生時代とは比べものにならない収入を手にして、ついお金を使いすぎていませんか?とくに親元にいると、給料はほ...
台形のころんとしたフォルム…。とっても気になるかわゆさのこの車は、「Microlino」という電気自動車です。2016年のGeneva Car showで...
日本を代表するテクノDJ/プロデューサーのTakkyu Ishinoこと石野卓球と、俳優やタレント業でもお馴染みピエール瀧。高校生の頃に出会ったのち、89...
ここで紹介する「Elite Daily」の記事は20代必見。ライターLauren Martin氏曰く「20代は貯金などせず、思い切り遊ぶべき!」なのだそう...
20代ほど人生設計に悩み、多くのアドバイスが必要なときはないかもしれません。まだ大人になりきれずに悩み、落ち込むこともありますが、信頼できる友だちがいれば...
夏が過ぎたからといって、ワキの匂いには油断禁物!実は、厚着をする冬の方がこもりやすいんです…。でも、そんな心配は無用?「WorldTruth.TV」に、ワ...
JakeとJoは、ふたり組の写真家。カップルでもあるふたりは、2016年の冬、ニュージーランドを旅しながら、美しい星の写真を撮り続けました。ニュージーラン...
結婚や出産にも“適切なタイミング”というものがあります。とくに女性は結婚に焦る傾向がありますが、果たして、無理をして急ぐ必要はあるのでしょうか?人生のタイ...