人生を充実させるために、やめるべき「ムダな習慣」

「あなたの活動の80%が、じつはムダな作業だ!」衝撃的な見出しとともに、日常生活の中に潜むムダを暴き出すのは、ライターChad Halvorson氏。曰く、べっとりと体に染み付いた、このムダを一つひとつ取り除いていけば、より少ない時間で効率的に成功を手にすることができる。言うは易し。
では、実際に何が“ムダな時間”だと彼は主張しているのでしょう?

01.
メールの返信は30分以内?
常にメールをチェックしない

000028965946_Large

2013年、アメリカ雇用状況の調査において、じつに労働者の約32%がメールを受け取ってから15以内に返信をしていると答えたそうです。さらに、約23%が30分以内に返信をしているようです。この、相手からのメールの返事を直ぐに返すことが、必ずしもいいことなのでしょうか?

常にメールをチェックしている状態、それには貴重な時間を多く費やさねばできません。でも、メールのチェックなんて、私たち自身でコントロールすべきものです。重要なプロジェクトに取り組んでいる時は、メールをはじめ、あらゆる通知をオフにする習慣を身につけましょう。もしくは1日2〜3回、新着メッセージを確認する時間を設定してみる。時間を節約できれば、はるかに多くのことを達成できるはずです。

02.
“完璧主義”の落とし穴
実際は、先延ばしにしている

000078214677_Large

何でも完璧にこなさないと気が済まない。完璧主義に囚われてしまうことが、ときにありますよね。効率的にタスクを行う代わりに、徹底にこだわり、結果として膨大な時間をムダにして終わります。単純に次のステップに進めばいいことも、気になると最後まで見届けなければ気持ちが悪いから。

完璧にしようとして、タスクに多くの時間を費やすことは、じつのところ、次のステップへと進まず、先延ばしにしているサインなのです。時間のムダをなくすためには、ほどほどに、いい塩梅を見極める力を養うこと。一度決断したら振り返らずに、次のステップへと進んでいきましょう。

03.
マルチタスクは単純作業のみ!
同時進行で物事を進めない

000081101337_Large

同時に2つ以上の作業をこなす“マルチタスク”。これが多くの人にとって、悪い習慣となる元凶だったり。よほど頭の回転が速い人や単純作業や反復作業でない限り、マルチタスクは生産性を下げます。なぜなら、一般的に脳は一度にひとつのことにしか集中できないから。

同時進行のように思えるけれど、脳内は常にタスクを切り替えることで、上手く集中することができません。ひとつのタスクに心を落ち着けて取り組むことができない場合、生産性を下げ時間をムダにしていると認識しましょう。次のタスクに移る前、時間を決めてひとつずつ集中して取り組む方が、結果として速く終わらせることができますよ。

04.
人・モノ・こと
“邪魔する何か”が
11分ごとに襲ってくる?

000060718034_Large

気が散りやすい環境で働いていませんか?ある研究によると、労働者はおよそ11分ごとに、何らかの影響により、“邪魔”が入り、作業が中断される、ということが明らかになりました(どおりで仕事が進まないはず!)。あなたの邪魔をする人を、わざわざ側に呼び寄せるような愚行をしていないか、胸に手を当てて考えてみて。集中しなければいけない時に、テキストメッセージやメールを送ったりしていませんか?

これらの邪魔を排除していけば、集中力が増していくことでしょう。たとえば、本気で集中したいときには他人の目のつくところに「集中モード」と書いて置いたり、ドアがあるなら閉める。スマホの電源を切ってもいいかもしれません。今は、話している時間がない、ということを周知させることも大切です。

05.
置いたものが見当たらない…
作業環境を煩雑にしない

neourban hipster desktop

人それぞれ整理の仕方はあるでしょうが、デスクをキレイに保っておくことは大切。「Zappos」のCEOトニー・シェイのように、散らかった煩雑なデスクを好む人も、なかにはいますが…。でも、やっぱり汚く整理されていない場所で仕事することは、生産性を落とすことにつながります。

重要な書類が必要なときに見つからない、机に置いたはずの鍵が見当たらないなど。そればかりか、ぎりぎりまで仕事を完了させることすら忘れてしまったりも。自分に合った整理整頓を試しながら、デスクの上にも秩序を保つようにしましょう。

06.
ひとりで背負い込むのはNG

000075953263_Large

徹頭徹尾、自分で全てしようとする人は多いもの。でも、他人に任せることを拒否してばかりいると、実際には裏目に出てしまいます。自分の得意分野でないことも、自分一人で努力しようとするのは、やっぱりムダ。

ならば、同僚やチーム、アシスタントに的確な指示を出して、タスクを委任することも手段のうち。そして、アナタの専門分野やプロジェクトに責任を集中させましょう。メールや調査など、自分に適さないと思うものは、他人を頼ってもOK。ただし、そこはギブアンドテイクをお忘れなく!

07.
他人のお願いに
「NO」が言えないと…

Designer on the phone

「NO」が言えないと、重要なプロジェクトのための大切な時間をムダな活動に費やすことになります。非生産的な作業割当や個人的な頼みごとについては、断る必要があるかを熟考し、しっかりと自分の中に境界線を設定することが重要。

勤務時間中に終わらせたい重要な案件に焦点をあて、その他は自分の個人的な時間に行う。人間関係や仕事上のネットワークをダメにすることなく、「NO」と言える、簡単で効果的な方法は、たくさん。そこにアンテナを張っていきましょう!

Licensed material used with permission by When I Work

価値観が多様化する現代、昔と比べて私たちの働き方も随分と変わってきました。「ワークライフバランス」という言葉が世に出て久しいですが、自由に生き生きと暮らす...
「これまでの人生を振り返ったとき、ムダを費やしたことは一切なかった。効率的な事ばかりしてきた」なんて人はいないでしょう。高田晋一さんの著書『自己啓発の名著...
成功に近づくためには、毎日の習慣が大切です。「Inc.com」のライターNicholas Coleさんは、充実した毎日にするために「今すぐやめるべき12の...
あなたの周りにもいるかもしれない、ズバ抜けて効率的に動ける人たち。その秘密はやはり「時間の有効活用」と強く関連しているようです。そこで「TalentSma...
価値観が多様化している現代において、自由であたらしい働き方を求める人は増えています。自分の求めるワークスタイルに合った会社選びをしようと思ったら、果たして...
「少しでも自分の生き方を変えたい!」と思って自己啓発本を手にしても、分厚いし内容が難しそう…という理由で、読むのを諦めた人も多いのではないでしょうか。高田...
Presented by ZEPPELIN × TABI LABO※イベントは終了致しました。いつまで「会社の言いなり」で働くの?10年前に当たり前だった...
せっかくの休みをダラダラしたいけれど、でも何か有意義なこともしたいと考えている人も多いはず。そんなあなたに、休日の過ごし方のアイデアを紹介します!1.仕事...
働くことは、会社のためでしょうか。それとも、自分のためでしょうか。答えはひとつではありません。価値観が多様化している現代においては、生き生きと自分らしく働...
海外で生活マーケティングを学んだという沖幸子さんは、自身の著書『部屋も心も軽くなる「小さく暮らす」知恵』(青春出版社)のなかで、お金との向き合い方を変える...
「今から10年前、26歳の私は『人生のどん底期』にいました」そう語る安藤美冬さんは、大手出版社に新卒入社したあと、人間関係や仕事につまずき、ストレスから体...
1日の過ごし方や仕事の進め方で無駄を感じること、ありませんか?体をリフレッシュさせたり、モノや情報の整理することで、案外思考までもクリアになり、無駄が改善...
これは、「Elite Daily」のライターSydney McBrideさんが2014年末に書いた「2015年には絶対やめることリスト」。少し前の記事では...
私たちは何か目標を立てるとき、何か「する」ことを考えがちですよね。おそらくみなさんも「今年は絶対にこれをやる!」と抱負を決めたことでしょう。でも「Brit...
ジョン・キム作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学な...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
これまで女性は「仕事か家庭か」「出世か出産か」の二者択一を迫られることが多かったと思います。けれど、今はプライベートを大切にしながら仕事も継続できる時代。...
わたしたちが暮らす現代社会は、今大転換期を迎えています。そんな新しい価値観や時代、ライフスタイルとはどのようなものか。ここでは、日米のベンチャー企業へ投資...
「Power of Positivity」で紹介されているのは、人生の転換期を迎えているサイン。記事によると、どうやらほとんどの人は、人生の舵を切るタイミ...
「仕事も終わった。さて、プライベートタイムだ♪」とはいえ、翌日に向けてのエネルギーを養う時間でもありますから、適当に過ごすだけじゃいけません。美LIFEク...