テクノロジーが解放する「2つの自由」。次にアップデートされるライフスタイルは、いったい何?

テクノロジーの進化は私たちをいろんな面から解放してくれます。

ひとつは「ライフスタイル」。 固定電話からモバイルになったことでいつでもどこでも連絡が取れるようになり、コミュニケーションのかたちが変わりましたね。

もうひとつは「働き方」。インターネットとモバイルPCが普及したことで、必ずしもオフィスに行かなくても仕事ができるようになりました。

さぁ、もうインフラの準備は整っています。知らずに固定され続けるのも、積極的に活用して自由を獲得するのも、あとは「あなた次第」です! 今一度、これからの自分のライフスタイルや働き方を見直してみませんか?

テクノロジーが変える私たちのライフスタイル

テクノロジーの進化の後には、必ずライフスタイルが変化します。20世紀には車や家電といったモノが著しい進化を遂げ、私たちの生活をとても便利なものに変えてくれました。

そして私たちが生きる21世紀ではインターネットが広まっていくことで、モノからデータ、情報に価値が移りはじめています。

皆さんはもはやスマートフォンがなかったころのライフスタイルを思い出せないのでは。当たり前のようにニュースサイトを見て、当たり前のようにゲームで遊び、当たり前のように電話する――テクノロジーはライフスタイルを一変させてしまうのです。

150710_150710_tv2

スーツを着て9時17時で会社勤務…当たり前だった働き方からの解放

「ライフスタイルが変われば、当然働き方が変わる。スーツを着てネクタイを締め、満員電車に乗って毎日9時から17時まで会社で働く…そんな古い働き方を続けている会社からイノベーションが生まれるはずがない」とこぼすのは、世界をまわりながら、仕事と遊びの垣根のないライフスタイルを実践する実業家の本田直之氏。

自らをモバイルボヘミアンと呼ぶ彼の生き方こそが、これからのスタンダードとなるのかもしれません。

もちろん今まで通りの働き方のままの仕事も残るでしょう。でも、もう縛られなくていい。 就職しなくてもパソコン1台でできる仕事もありますし、環境は整っています。テクノロジーの進化は、私たちの働き方も解放してくれました。

150710_150710_tv1

テクノロジーは、私たちを「パッシブからアクティブ」にアップデートする

こうしてインターネットを介して数多くのデータや情報が行き交うようになると、私たちは自分が欲しい情報を自分で選ぶようになります。

今まで新聞でニュースを見ていた人も、たくさんあるウェブメディアの中から自分好みのサイトを見つけてニュースを見るようになったり、テレビドラマもリアルタイムで観ず、録画して好きな時間に観るようになりました。つまり、時間や場所に縛られることからも解放されたのです。

これからのキーワードは「パッシブからアクティブ」。垂れ流される情報をパッシブ(受動的)に受け取るのではなく、自分が欲しい情報をアクティブ(能動的)に取りにいくのが当たり前のライフスタイルになります。だって、大事な自分の時間は、自分の好きなことに使いたいですものね。

150710_150710_tv3

固定化されていた最後のメディア「テレビ」も遂に解放される!

新聞はネットニュースに、本は電子書籍に、音楽CDはデジタル配信や定額配信サービスに。私たちを取り巻くメディアが日進月歩のアップデートを繰り返している中、遂に日本を代表する一大メディアのテレビも、テクノロジーの進化によって解放されようとしています。

地上波チャンネルのタイムラインから観たい番組を探し、その時間にテレビの前で待つ。ライフスタイルの一変した私たちに、そんなムダな時間はあるでしょうか?

単に録画すればいいだけではありません。そもそも地上波以外にもチャンネルや番組はたくさんあるのです。それこそ、世界中に!

いまアメリカではストリーミング形式の配信サービスが当たり前になってきています。これにより、好きな番組を世界中のコンテンツから探し、いつでもどこでも好きな時間に観ることができるようになりました。テレビが解放されることによって、私たちのライフスタイルがまたひとつアップデートされるのです。

テクノロジーの進化は止められません。一度起きたイノベーションは、もう以前の時代に戻れないことを意味しています。それでもまだ、今までのライフスタイルや働き方を続けますか?

知らないまま時間や場所に固定され続けるもよし、制約から解放され自由を謳歌するもよし。ど ちらを選ぶかはあなた次第です。自分をアップデートするのは、常に「今」しかありませんよ。

クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディア1年の6ヶ月をハワイ、3ヶ月を東京、2ヶ月をヨーロッパ、残りをアジアなどへ...
ポーランドのフォトグラファーIzabela Urbaniakさんは、2児の母。2012年以来、夏になると、あるテーマに沿った子どもたちの写真を撮影し続けて...
わたしたちが暮らす現代社会は、今大転換期を迎えています。そんな新しい価値観や時代、ライフスタイルとはどのようなものか。ここでは、日米のベンチャー企業へ投資...
わたしたちが暮らす現代社会は、今大転換期を迎えています。新しい価値観を持った、ライフスタイルとはどのようなものか。日米のベンチャー企業への投資事業を行い、...
Apple Watchにワイヤレスヘッドホン、電子タバコ、すべて21世紀のテクノロジーから生まれたプロダクト。では、もしこれらが19世紀の人々の生活に浸透...
いまや、日本だけでなく世界のデジタルアートシーンで確かな存在感を誇示しているチームラボ。2015年5月10日に終了した「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
本田 直之/Naoyuki Hondaレバレッジコンサルティング株式会社代表取締役社長兼CEO|サンダーバード国際経営大学院経営学修士(MBA)|明治大学...
「忙しい」が口ぐせで、それを言うたびに周りの人から「忙しいっていうのは心を亡くすって書くんだよ」とか言われて、さらにイライラ…。カレンダーいっぱいに予定を...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
現代女性の生き方のヒントとなる記事が並ぶ「Elite Daily」の人気カテゴリWOMAN。たまに、こんな刺激的な記事も登場するのが魅力です。女性ライター...
数年前、時代の多様化のなかで“働き方”が話題になった。そして今、その流れはもっと広い“ライフスタイル”という領域にまで及ぼうとしている。そのなかで話題にの...
四角大輔/Daisuke Yosumiアーティストインキュベーター|執筆家オルタナティブな生き方を求め、ニュージーランドの湖で水と食料を自給する森の生活者...
クエンティン・タランティーノ監督作品『イングロリアス・バスターズ』で、世界的な脚光を浴びた女優メラニー・ロランは、近年監督業でも注目されている。彼女が、俳...
いまある日常をすべて捨て、自由気ままな無期限の旅に出る…あこがれはあれど、簡単にできることではありません。それをスパッと決断。6歳の娘とアジア圏を暮らすよ...
テクノロジーの発達は人々の生活を便利にし、またコミュ二ケーションの方法も変えてきました。その影響は恋愛にも及んで、昔と比べると恋人同士の連絡回数も連絡手段...
「人生80年」とはよく耳にする言葉ですが、となると40歳はちょうど中間地点です。まさに今!というあなた(特に男性)はぜひこの記事を読んでみてください。男性...
どうやら巷では、自宅では裸で過ごす“裸族”が増えているそう。タレントのなかにも、実践者が多いらしく、美容や健康に良いとか。精神的にも開放感を満喫できるのも...
「今の生活に満足できない」「いつも気持ちがもやもやしている」という方、モノにあふれた生活を送っていませんか?ミニマリズム(モノを極力持たない暮らし方)を紹...
「強烈な原体験」は人を支え、人生を正しくデザインしてくれる。自分の内なる原体験を軸にしている人は、さまざまな制約から「自由になれて、シンプルに生きられる」...