「妥協」がクセになっている人生から抜け出す、5つのアドバイス

「自分の価値観を曲げずに生きることは、とてもハードです。それが正しいかどうかなんてわかりませんし、自信が持てないからです。また、自分が正しいと思っていても、他人と摩擦が起き、傷つくのを恐れて妥協してしまうものなのです。そして、人生は短いということも肝に銘じなければいけません。精一杯生きなければ」。

米メディア「Elite Daily」の女性ライター、Kristen・Bousquetさんの言葉です。ここでは、彼女が自身の経験から感じた「20代に送るアドバイス」を5つご紹介します。

01.
「助けてほしい」とき
思い浮かべた友人は?

2a8a4aacce5f4ab0322f3db9f326b740e1926c85

ヒマなときだけ声をかけてくる人や、自分が困ったときに助けを求めてくる人、自分の保身のためにあなたを非難する人。はっきり言って、そんな友人はこの先の人生においても必要ありません。おそらく、学校を卒業したら会うこともないでしょう。

あなたは、助けがほしいとき、誰の顔を思い浮かべますか?いま頭に浮かんだその人こそ、あなたの人生に必要な人です。

02.
尻込みせず
新しい環境に身を置く

先のことを考えると、途方に暮れてしまうこともあるでしょう。

そんなときは気持ちを切り替えて、新しい環境に身を置いてみましょう。きっといまより大きなゴールが見えるようになるでしょう。

私は学生の頃、ニューヨークの出版社で働くことを夢見ていましたが、いざオファーが来てみると、ボストンでの暮らしを捨ててニューヨークの街へ飛び込むことに尻込みしてしまいました。でも、いまでは思い切ってニューヨークに来て良かったと思っています。結果的にボストンでは決して得られない経験や機会を得られました。

こんな時こそ「妥協しない」というモットーが生きてくるのです。目標へ一歩一歩進むことが、あなたを最終ゴールまで到達させる原動力となってくれます。

03.
つらい恋愛を
我慢しつづける必要はない

F87f99710435bcbf8544632621898444521d1be6

恋愛を人生のストレスにはしたくないものです。

男性からひどい目に遭わされた友人をたくさん見てきました。私自身も傷ついた思い出がたくさんあります。

責めるわけではありませんが、私たち女性は時に自分が傷付けられるような状況を受け入てしまうことがあります。

だからと言って、自分を女王様のように扱ってくれる人を探せとは言いません。魅力的な男性を見つけるために、くだらない男性をできるだけ無視しましょう。

「この人とは残りの人生を過ごしたくない」と思うのならば、無理に一緒にいつづける必要はないのです。ただそこにいるのが心地いいからと、意味の無い関係を続けるのは20代でやめましょう。

04.
仕事選びに妥協してはダメ

仕事の不満や愚痴は絶えることがありません。キャリアのために働くのではなく、毎日笑ってポジティブに仕事をしたいものです。 

イヤな仕事だけど責任があるから辞められない、というのは現実から逃げているだけ。自分の天職を見つけるには、多くの仕事を経験しなければなりません。何年もかかるかもしれませんが、ちゃんと自分に合った仕事を見つけたとき、あなたは満ち足りた毎日を送ることができます。

05.
妥協は「幸せ」の放棄

D7d9c078ef7bc589090e07c46983a22af85380f7

「妥協は良くない」ということを、小さな物事に当てはめていきましょう。人生はあなたが思っている以上に短いものなので、幸せになるためには最善を尽くすことです。

日々の生活の中でも、深い悲しみや満たされない不満を抱くことがありますが、人生は常に前向きでいたいもの。

幸せになるためには「妥協」を減らすことが大切なのです。

Licensed material used with permission by Elite Daily
「人間は、自分が幸福であるということを知らないから、不幸なのである」とは、 ドストエフスキーの言葉。幸せは、何気ない日常の中にあります。普段気づいていない...
今後の生き方に不安を感じているあなたにお届けしたいのは、「Spirit Science」のライターElimor Baderさんがまとめた、なんとなく過ぎて...
「高飛車な女性」と聞くと、お高くとまってる、とか調子乗ってるとか、ネガティブなイメージを浮かべがち。でも米ライターAshley Fernさんによると、そう...
「もし私が、若い女性だったら。正直、どうしたらいいか分からないわ。あなたたちには、テクノロジーがあるわね。それによって随分便利になったでしょう。でも、それ...
家族のもとで暮らし、安定した仕事に就き、休日は地元の友人に会う。たしかに、これもステキな人生ですが、果たしてあなたにとって「最高の人生」と言えるでしょうか...
「楽しい人生にしたい」と思ってはいても、一度落ち込んでしまったらなかなかその状態から抜け出すのは難しいものです。そんなふうに人生にもがき苦しんでいるときは...
誰にだって恐怖心はあります。失業がこわくて退屈な仕事を続けたり、独りになるのが怖いから適当な相手とも一緒にいる。でも心配しすぎることで、私たちは本当に大切...
この世界は、毎日さまざな場所でデータが取られています。そして、調査によると私たちは毎日何千件もの広告を目にしているそうです。それらの広告の内容はあなたの意...
人生で大切にするべき「キーパーソン」。それは、どんな人なのでしょう?すでに自分の近くにいたとしても、案外気づくのは難しいのかもしれません。そこで、米メディ...
「Thought Catalog」のライターBianca Sparacino氏が書いた、あなたは知らないうちに人生をムダにしているという記事が公開され、大...
「嫌なことから逃げるのは、恥ずかしい」。そう思って我慢し続けるのはつらくありませんか?じつは何かから逃げることは、「自立して、自分と向き合うこと」でもある...
多くの人は、自分の人生で何か大きなことを成し遂げたいと思っているはず。確かにそれは大切なことですが、そればかりに囚われていると、もしも何も成し遂げることが...
人生についていろいろ考えはじめちゃう、20代後半。確かに何歳のときでも悩みは尽きないんですが、とくに30歳になる前に知っておいてもらいたいことが「Elit...
当然ながら、人生には楽しいこともあればつらいこともあります。ただここで確認しておきたい大切なことは「人を成長させてくれるのは、つらい経験のほう」だというこ...
人は易きに流れる生き物。だからこそ、苦しいことや辛いことと向き合えば成長が待っているはず。たとえば、こんなことから目を背けずにいられれば、日々のモチベーシ...
「1日24時間では足りないと思う程に忙しいとき、マヨネーズの瓶と2杯のコーヒーを思い出して下さい哲学の授業の前に、教授は大きな空のマヨネーズ瓶を持って学生...
仕事でもプライベートでも、「人生万事塞翁が馬」。上り調子のときもあれば、下り坂のときもあるでしょう。でも人生には、どん底まで落ちたときにしか学べないことが...
あなたは今の人生や生き方に満足していますか?心のどこかで、もっとこうしたい、ああしたい。そんな気持ちがあるのなら、いま一度この質問を自分の心に問いかけてみ...
誰にだって、生きていればどうしようもなく落ち込む瞬間が訪れます。そのなかでも最もつらい経験のひとつが「身内の死」かも知れません。ここで紹介するのは、大学時...
自己啓発でよく言われる「若い頃は、たくさん失敗しよう」というフレーズ。だけど、具体的にどんな失敗が、どう将来に役立つのでしょうか?米メディア「Elite ...