ワーク&ミリタリーとヴィンテージ感を楽しむ、「男の手仕事」に似合うエプロン

料理に、アウトドアに、DIYに、ガーデニングにと、仕事と趣味を両立させながら人生を楽しむ男たちは増えている。ところが、彼らのこだわりの場面において、不思議とマッチしているな、と唸ってしまうエプロンって、意外と少ない。

そこで、こんな提案を。「男が着けたくなるエプロン」見つけました。

1900年代中期の労働着がモチーフ
ハンドメイドの「タフ」なエプロン

7d65a687e90445703bc1f47d76a705989923bfb6

アメリカ・ヨーロッパの仕事着や作業着の要素を取り入れた1900年代中頃のワークウェアに、今再び注目が集まっている。当時の労働者を象徴するスタイル、そのひとつがワークエプロンだ。

それらをリプロダクトし、現代風にアレンジしたエプロンを製造販売するラボラトリー「NAPRON」。国産ジーンズ発祥の地とされる岡山県・児島で1点ずつ、完全ハンドメイドでワーク、ミリタリー、ヴィンテージの要素を取り入れたプロダクトを製造している。

同時に楽しむ
「着ごこち」と「くたびれ感」

0d61cd1e8b18bd367ed3f3f80e38dcde37d38355

たとえば、このハンガーに掛かったデニム地のエプロン。ハードワークにも十分耐えうる12オンスのデニムを使用したもの。およそ2年ちょい使い込まれ、適度に色落ち縦ジワが入り、牛革のポケットは艶やかな飴色に。いい具合に“くたびれ感”が出ているのがわかる。こうなるともう、手放せなくなるのが男ゴコロというものではないか。

料理?ガーデニング?DIY?
用途に合わせて選びたい

85144cd1a3683740685b6ce0e0d43e8daa0e7f97

USのヴィンテージエプロンからインスパイアされて誕生した、ロング丈の「SPRIT APRON」。股下部分にスリットが入り、しゃがんでの作業も楽ラク。オイルを使う自転車やバイクのメンテナンスに、ほかにはペイント作業にも最適だろう。

357c9330dc41e3b9f7e902a512b9f6270d2eeb8b

胸元からひざまで大小7つのポケット。メジャーやレンチ、ペンをさっと取り出せる設計もうれしい。クロスタイプの調整ひも付きなので、着丈の調整もバッチリ。カラーは、ブルー・ブラック・生成りの3展開。

5f7579f70817e43caa885fa5b4eddbe6f8cffc7f

真っ赤なキャンバス地が印象的なこちらのショート丈「LUMBER BIB APRON」も、ヴィンテージのワークエプロンがモチーフだそう。収納力抜群のフロントポケットは、手袋やブラシがすっぽり収まるサイズ感。ユーティリティーに特化したショート丈エプロンだから、ガーデニングシーンでも、キッチンでも栄える。

ちなみに胸元のレザーポケットは、なめした牛革をアクセントに使用。ジャブジャブ洗い使い込んでいくうちに色落ちや汚れとも違う、いい感じのエイジングが楽しめそう。カラーは全6色。

5a725e592248ed010ee83bffb6481b5b6da90b7c923bf18021bc8f47edbc6224c6f0608b12d283f0

こちらは、ミリタリーのヘリンボン生地を使用した細身の縦長タイプ「LUMBER HALF APRON」。もちろん女性が身に付けるにもバッチリだ。LUMBERは、英語で木材や製材の意。20世紀の中頃に、実際に材木屋が販促用として配っていたエプロンをモチーフにしている。

細身のシルエットも丈の長さもキッチンに立つのに丁度いい一枚。デニムにも合わせやすいカーキーの他、ベージュ、白地にえんじのストライプ柄と全3種類。

14d36929fc93aef4e60369dc7de5286731915d75

ここでは、男性目線で使いたくなるワークエプロンをピックアップしたが、もちろんNAPRONには、ギャルソンタイプからソムリエタイプのロング丈、さらにはワンピースのようなヨーロッパのヴィンテージエプロンをモチーフにしたものまで、レディースラインも充実している。各地のセレクトショップやオンラインでも購入可能。

趣味が一層楽しくなる、こういうエプロンを選びたい。

Licensed material used with permission by NAPRON
価値観が多様化している現代では、暮らし方も働き方も多様化しています。自由であたらしい働き方を求めて模索している人も多いのではないでしょうか。でも、一体どう...
これはミリタリーパッチと呼ばれるものです。まあワッペンの一種ですね。ミリタリーウェアの胸や肩に、面ファスナーがあるでしょう?あそこにつけるんです。マニアの...
個人的な話で恐縮ですが、年末から通い始めたジムへの足がもう遠のき始めていて、自分に嫌気がさしている今日この頃。仕事が忙しいとか、睡眠時間を確保したいとか理...
見た目の華奢さを大きく左右する肩幅を少しでも狭くしたい!そう思っている女性は少なくないですよね。何を隠そう、私もそのうちの一人。いままでは、矯正や整体にで...
付き合っている彼はもちろん、彼の周りの友だちからも「いい彼女」と思われる女性になるためには。誰からも愛される女性の仕草を4つに分類してみました。1.内面か...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
あなたの周りに、存在感のある人はいますか?なぜかは分からないけれど、何となく周囲に一目置かれている人。姿を見せるだけで、その場の空気を変えられる人。地位や...
手軽にDIYを楽しみ、自分好みの空間を自らつくり出してしまう“DIYの達人”たちがいます。いつか自分も!と思っても、工具の使い方すらサッパリ……。「あこが...
親近感がわく人って、身近に絶対にいますよね。自分もできれば、ああなりたい!でも、どうやったら親近感がわく人になれるんだろう……と思ったこと、ありませんか?...
ファンタジーの金字塔『指輪物語』、『ホビットの冒険』は、世界中に熱狂的なファンがいる作品。小説を元にした映画『ロード・オブ・ザ・リング』や『ホビット』も、...
もちろん、彼氏がいること自体は素晴らしいことですし、たくさんの喜びやメリットもあるでしょう。でも、完全にプラトニックな関係の「男性の親友」を持つことも、素...
「プライベートでの成功が仕事の成功を生み出す」ライターMARCEL SCHWANTES氏の主張を簡潔にまとめるならば、そういうこと。成功を収めた起業家は、...
働き方が多様化していく中、「本業と副業」の関係ではなく、「いくつもの本業(複業)」を平行して行なう“パラレルワーク”という働き方に注目が集まっている。ひと...
うまくいっていない関係を、無理にうまくいかせようとする必要はない。関係が壊れたときは次の恋に進んだっていい、と教えてくれる「Elite Daily」の人気...
やりたくても元手がないから…と諦めていた「大人の趣味」を、お金がかけられるようになった今だからこそ楽しんでみませんか?ここでは20代後半から始めたいコトを...
大音量のミュージックに乗って暗闇でバイクをこぐ「FEELCYCLE」や、同じくBGM&暗闇で行う格闘系フィットネスクラブ「b-monster」のように、昨...
アラスカ在住のAna Whiteさんは、限られたスペースを有効活用する様々なアイデアで人気のDIYブロガー。そんなAnaさんの新作は、どうにも子ども心をく...
多くの女性は「好きな男性のタイプ」について嘘をついているのかもしれません。しかも、自分でも気付かないうちに。この記事は女性ライターGigi Engle氏が...
エクササイズはエクササイズでも、真っ暗な中でボクシングをしたり、エアロバイクを漕いだりする「暗闇エクササイズ」なるものが人気の昨今。その理由のひとつには、...
ドキドキの連続で、日々気持ちが浮き沈みする恋愛。この「恋してる」「愛してる」を自分の趣味に当てはめたとき、恋と愛、両者の違いはどんなところにあると思います...