「代々木八幡のノート」は、仕事にマンネリを感じている人に薦めたい

普段、何気なく使っている道具。しかし、誰だって手に馴染んだ替えの効かないものや、仕事に使うならこれでなくてはダメだというものが1つや2つあることだろう。

もちろん、道具であるからには機能性が高いに越したことはない。だが、道具の良し悪しは、ただ機能性だけで決まるものなのだろうか。

手触りや重み、色や音、それらが生み出す微細なニュアンスが使い手の心に働きかけ、単に物理的な機能性を超えた愛着というものをもたらす。

F680ab5ec1f41a101ff9360bf6f139fc26d72c3a

そんな道具たちの中でも、最も身近なのが文房具だ。とくにノートはどんな仕事をするにしても必需品。こだわりを持つ人も多いことだろう。

普通の店先で売られているノートは、規格通りの一辺倒な量産品ばかり色、形、中身、すべて自分好みに作れたとしたら、どれほどいいことだろう。仕事の効率も上がるはずだし、クリエイティブも刺激されるに違いない。

わずか10分、800円〜
カスタムメイドのノート

898711d6c2a00c5724e11ee09a42f6ccb32f7704

そんなユーザーの願いを叶えるべく、スタートしたのが、『HININE NOTE(ハイナインノート)』だ。代々木八幡の街の片隅に店を構えるハイセンスな印刷会社が手がけるこのブランドは、使い手が望むノートの理想像に最大限近づけた1冊をカスタムメイドしてくれるのだ。

C025dba57556cf151816e3f15776ae95de491ee5

ノートを作る手順は次の通り。

38d701b40abd39d12694712eacd7743cbe941c38

まず、サイズを選ぶ。

4f55f9b3541a595ad87ce8c1ad585ad92396c6b2

次にリング製本かテープ製本を選び、

表紙と裏表紙の色と素材をそれぞれ選ぶ。数量限定でレザーや有名アーティストがデザインした表紙もある。

C12284ddb6a6d75db55c47b760952b85163a9fb3

中の紙については、どの紙をどの順番でどのくらい入れるかまで自分次第。これは使い勝手に大きく影響する部分。是非、こだわりを発揮したいところだ。

Ebf3c077fe08614004c82e5a0c0543b0603cec49

さらにオプションで、封筒のような丸タックもしくは、ゴムバンドを付けることもできるし、中身にカレンダーやポケットをあしらうことも可能。

47634430b28723d74bc3ac604fdbc4ba98465710

これらの仕様の組み合わせは実に数万通り。これだけ自由度があれば、誰もが理想のノートを作ることができるはず。

これだけワガママを叶えてくれて、価格は800円からというのだからリーズナブル。

しかも完成までの時間は10分程度だという。この『HININE NOTE』は、自分専用の世界に一つだけのノートとして所有する満足感を与えてくれるうえに、理想の使い勝手と愛着がやる気を刺激してくれる。

また、オンリーワンのアイテムゆえ、仕事仲間や友人へのギフトとしても喜ばれることだろう。

9562238a6f6fda82b1b7c9548242a85be5e8f9a1

他人とは違う自分だけのノートを持つ。自分の理想の使い勝手を備えたノートを持つ。そのことが与えてくれる可能性は計り知れない。仕事にマンネリや行き詰まりを感じているのなら、まずノートから変えてみる、というのはどうだろう?

『HININE NOTE』

東京都渋谷区上原1-3-5 SK代々木ビル1F

TEL  03-6407-0819

MAIL  note@hinine.co.jp

営業時間 13:00~20:00

Photo by 穴田成美
Licensed material used with permission by HININE NOTE
以前、TABI LABOの記事でも紹介した、代々木八幡の『HININE NOTE(ハイナインノート)』は、表紙や中身の色や素材、綴じ方はもちろん、ノートを...
ゴッホやピカソ、ヘミングウェイなどアーティストたちに愛されてきた伝説のノート、モレスキン。黒い表紙をゴムで留めるデザインはシンプルで2世紀以上愛されている...
「Rekonect Notebook」は、冊子の真ん中にあるノド部分から各ページを自由に着脱できるノートです。まずは以下の動画を見てみましょう。ノドの盛り...
2016年元日、一人の女性のつぶやきがTwitter上で拡散され、大反響を呼びました。【拡散希望!】と彼女が呼びかけた背景には、おじいちゃんの作った「方眼...
一冊4,980円(販売予定価格)のノート。こう聞いただけでそっぽを向いてしまったとしても何も不思議はない。どう考えたってノートの値段ではないからね。でも、...
子どもの頃、塗り絵が好きだったという人も多いかもしれませんが、近頃海外では大人の間でブームになっているそうなんです。没頭することでストレスを発散し、リラッ...
ノートの中身を見られるのはすごく恥ずかしい。僕は、仕事でミスしたことやもらったアドバイスを書いているから、誰にも読まれたくない。その内容が日記だと、なおさ...
人の行動を変える専門家として活動している永谷研一さんの著書『できたことノート』では、物事がプラスに転じる方法を紹介しています。気がつくとマイナス思考になっ...
左利きのあなた、こんな悩みがありませんか?利き手が左の人にとっては避けられないジレンマ。ノートの書き方を変えるわけにもいかず、悩みの種ですよね。でも、そん...
普段使いのノートとして、〈コクヨ〉の「測量野帳」をいつもカバンに入れています。その名のとおり、もともとは屋外での測量用として誕生したこのノート。1959年...
A4サイズのホワイトボードが4枚セットになった〈BUTTERFLYBOARD(バタフライボード)〉。1枚1枚のボードは、マグネットでノートのようにくっつけ...
手書きの質感が大好きなアナログ派におすすめしたい、スマートデバイスがあります。ペンも紙も自前でOK。それなのに描いたものがちゃんとリアルタイムで保存できる...
ラクガキと合わさることで、よく知られるあのモニュメントが二次元へ早変わり。世界中のあらゆる観光名所がマンガの一部になったみたいです。デフォルメされたその姿...
通常のソレとはまったく異なる形状のウォーターボトル。まるでノートのようなビジュアルに、多くの人が虜になっている模様です。なるほど、確かにその気持ちわかりま...
ここで紹介するのは、文房具マニアの少年・山本健太郎くん(当時小学6年生)が作った『文房具図鑑』。れっきとした「本」です。元々、夏の自由研究としてまとめたも...
まるで三面鏡のような形をした追加スクリーン「Slidenjoy」は、パソコンに取り付けるだけで、簡単にスクリーンを増やすことができるというもの。複数人で映...
毎年4月に新しいスケジュール帳を買っている人も多いはず。でも今年は自分で作ってみるのもアリかも?必要なのは好きなノートとペンだけ。わざわざ好みのスケジュー...
ありとあらゆるモバイルバッテリーが市場に溢れかえる昨今、僕のモバイルバッテリー探しに終止符を打ってくれる理想のものが見つかった。〈RAVPower(ラブパ...
「おむすび」と聞いて、頭に思い浮かべるイメージは人それぞれかもしれません。塩むすび? 海苔はついてる? 具材は? 俵型? 三角?日本人にとってのソフルフー...
仕事がつまらない…。と、感じることはありませんか?私は長年同じ職場に勤めましたが「仕事に飽きた」ことはいちどもありませんでした。少しの気付きで、モチベーシ...