「光合成」で充電できるってホント!?ECOすぎる植木鉢が話題に

クラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」で紹介されている「bioo」は、なんと植物の光合成の力を使って、携帯の充電ができるという驚きのデバイス。開発メンバーでさえ「クレイジーと思うだろ?」と、こちらの疑いの念を見透かすかのような言葉で紹介をしています。

1日に2〜3回
フルで充電可能

Medium 6bbab2bf9c2d6b86a15248507f571f92e937dd81

「bioo」が開発した世界初の植木鉢は、その内部で発電が行われるといいます。光合成の際に発生すると言われる電力を集め、より持続可能でクリーンなエネルギーを生成しようというもの。

あとは、小石のようにデコレートされたUSBポートに充電ケーブルを繋ぐだけ。充電時間は明言されていないものの、1日に2〜3回はフル充電できるそうです。

Medium 7200f68a92b45173700cb9c6af9c4fb1331d2f7d

5.0V、1.0Aの出力を実現しているとのことで、自宅でくつろいでいる時や眠っている間に使うなら十分活躍してくれそう。さらに夜間でも充電可能で、観葉植物の種類も「好みのものでOK」とか。

基本的に
「いつも通り」育てるだけ

Medium f30c791768dc51812c54e146e6104433e90b63c1

使い方もいたってシンプルです。内蔵のUSBケーブルを出して水を入れ、優しくシェイクしたらあとは土を入れて植物を育てるだけ。これで充電できるといいます。

ついに「光合成発電」が
身近に?

Youtubeのコメント欄には、「素晴らしいコンセプトだけど、本当にそれほど充電できるの?」「現状では信じられない」といった声も上がっています。

実際の出力や充電時間などについては気になるところですが、すでに「INDIEGOGO」では1万5,000ユーロ(約183万円)のゴール金額に対して、368%を達成し、約670万円を調達。

ひとつあたり99ユーロ(約1万2,000円)+シッピング料で世界中から購入可能です。デリバリーは2016年12月を予定。

様々な自然エネルギーが注目を集めるなか、ついには「光合成」を利用した発電も身近になるかも!?

Licensed material used with permission by Bioo
消費カロリーや運動量を測定してくれる、スマートウォッチ。便利なのはいいのですが、バッテリーの消耗が早くて充電が面倒に感じることもありますよね。かといって、...
買い物もできて、位置情報も確認して、SNSをチェックもすれば、サクサク動画も見れてしまう。一日中フル稼動するスマホの充電、そりゃどんどんなくなるワケだ。だ...
観葉植物としての癒し効果だけでなく、タバコやトイレなどのニオイを消臭する──。まさに一石二鳥な「eco-pochi」が、いまジワジワと話題になっているみた...
LEDランタンがモバイルバッテリーとして使える。モバイルバッテリーがLEDランタンとして使える。この2つの機能が組み合わさっていて、かつ鞄に忍ばせておいて...
これまで以上にスマホの充電を容易にする、めちゃくちゃ便利なケーブルが登場しました。これさえあれば、料理をしていようが、寝る前の暗い部屋にいようが、サクッと...
スマホを充電する上で毎日使う、USBケーブル。頻繁に使うだけあって、こだわりたい人も多いはず。ここでは、Kickstarterで出資を募り目標金額の5倍以...
このクーラーボックスなら、アウトドアでスムージーも作れて、音楽も流せちゃいます。しかも、その他にも便利な機能が盛りだくさん。驚きの機能はこちら。01.ミキ...
最新のApple Watchを置くレトロな充電スタンド「Elago W3 Stand」が話題になっています。アメリカのAmazonでは2日間で5,000個...
使い方はカンタン。後輪に装着したデバイスにUSBでスマホを接続!あとは自転車に乗って走るだけで充電ができちゃう便利なデバイスが登場しました。しかもこれ、自...
「スマホの充電ケーブル」ってゴチャゴチャしがち。でも、これからは財布や定期入れに収納しちゃいましょう。どうやるかって?これを使うんです。携帯性をとことん追...
車に乗る人なら、こんなやりとりをした経験があるかも。「すみません、ちょっと電気を分けてもらえないでしょうか。バッテリーが切れてしまいまして…」そんな時は、...
震災などの影響もあり、環境に配慮したアイテムを好む人たちの間では、「ちょっとオシャレな発電器」のブームが続いています。パーソナルなソーラーパネルや、手回し...
植物を成長させていく上で必要なことは、成長段階に合わせて鉢を大きくしてあげること。根が伸び、茎が太くなり、葉っぱがどんどん大きくなっていきます。つまり植え...
イスラエルで開発されている「Electroad」は、道路そのものが電源になっています。車道を掘り、機器を埋め込むことで、その上を走るEV車のエンジンに直接...
シンガポールの国立大学、南洋理工大学(Nanyang Technological University :NTU)の研究でリチウムイオン2次電池(蓄電池)...
インドの企業、Ather社が開発を進めているのは、スマホと同じくらいの時間で充電ができ、一度におよそ60kmの距離を走ることができる電動スクーターだ。しか...
太陽光で充電できる「補聴器」を、発展途上国の子どもたちへと広めている女性がいる。グレイス・オブリエンさんは、スタンフォード大学に通う18歳だ。従来の一般的...
海水温が上昇する夏のこの時期、夜の砂浜を歩いていると青白く光り輝いてみえることがあります。あれは海洋性プランクトンによる発光。その明かりを丸いガラス玉に閉...
スペイン・バルセロナの建築家André Broessel氏がデザインした「Rawlemon Solar Energy Generator」は、球体型のソー...
2016年の4月末。海外メディアが「これぞ高度文明だ」と紹介した日本の技術がありました。それはなんと「駐輪場」。ハイテクな駐輪場って何?とも思いますが、動...