フライパンで作れる「驚きの料理3選」 焼き魚からパスタまで!

あんな料理やこんな料理、フライパンひとつでいつもの料理が作れると洗い物も減るし、時短にもなります。

ここでは、いつもはハードルが高かった“あの料理”をフライパンひとつで作ってみました! これを読めばフライパンの出番が増えること間違いなし、ですよ。

01.
フライパン焼き魚

Medium b6fc0c36cf9d25ce6646e863eff2ea55b06ed36f

材料:2人分
お好きな魚の切り身    2切
塩            適量
酢            適量


【作り方】
①切り身に軽く塩を振る。
※塩が振ってある切り身を使用する場合は、塩は振らなくてOK!
②フライパンを中火にかけて温める。
③酢を切り身に軽く塗り、フライパンに蓋をして両面こんがり焼く。

フライパンでも、皮はパリっと身はふんわりと焼くことができます。

ポイントは、フライパンしっかり温めてから焼くことと、酢を塗ること。こうすることで、フライパンに身や皮が張り付いてぼろぼろになるのを防ぐことができます。焼き上がりは、酢の匂いも味もしません。焼き魚食べたいけど、グリルがない……という人に持ってこいですね。

02.
フライパンチーズメンチカツ

Medium b645da21eae5eab34b6d7017309b47b6657f2f88

材料:2〜3人分
A豚ひき肉         300g
A玉ねぎみじん切り)   1/2個
A塩コショウ        適量
パン粉            40g
ピザ用チーズ         適量
パセリ、ソースお好みで)  適量


【作り方】
①パン粉をフライパンでキツネ色になるまで炒り、取り出す。
②①で使ったフライパンを軽く洗い、Aを入れて粘りがでるまでゴムベラで練り混ぜたら、均等に広げる。
③蓋をして弱火で焼く。
④裏面に焼き目がついたら皿などを使ってひっくり返し、再び蓋をして中まで火を通す。
⑤火を止め、チーズをまんべんなくのせ、蓋をして余熱で溶かす。
⑥①のパン粉をまんべんなくかける。お好みでパセリやソースをかけてお召し上がりください。

なんと、油を一滴も使わずにジューシーなチーズメンチカツが完成!

パン粉を最初にしっかり炒ることで、まるで揚げたてのようなサックサクな食感を再現できます。チーズがお肉とパン粉を密着させる役割をしてくれるので、取り分けた時にパン粉がボロボロこぼれることもなく、とっても食べやすいです。

油で揚げるよりもヘルシーで、すぐに作れるフライパンチーズメンチカツ、今夜のおかずにいかがでしょう?

03.
シーフードとトマトの
フライパンパスタ

Medium 835642266d540192fcce01e32cc8b77983aafd3b

材料:1人分
Aにんにくみじん切り)   1かけ分
Aオリーブオイル       適量
Bアサリ           10個
B海老            4
白ワイン             30ml
C水             200ml
Cトマト水煮缶        200ml
Cウスターソース       大さじ1
Cトマトケチャップ      大さじ1
C塩コショウ         適量
パスタ              100g
モッツァレラチーズ      50g
イタリアンパセリ       お好みで


【作り方】
①フライパンにAを入れて弱火にかけ、にんにくの香りがしてきたらBを加えて炒める。
②オリーブオイルが全体に回ったら白ワインを加えて蓋をし、あさりの口が開くまで蒸す。
③あさりの口が開いたらCを加え、沸騰してきたらパスタを半分に折って加える。
④パスタ同士がくっつかないように時々混ぜながらパスタに火が通るまで煮る。
⑤モッツァレラチーズを加えて予熱で溶かす。お好みでイタリアンパセリを散らしてお召し上がりください。

フライパンひとつで本格的なパスタだって作れちゃいます!

魚介の旨みがたっぷり出ていて濃厚な仕上がり。ソースとパスタを一緒に煮ることでソースにとろみがついてパスタに味がしっかり絡みます。別鍋を用意する必要がないので、洗いものも少なく済むのがうれしいですね。

フードクリエイティブファクトリー
「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チーム。食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、イベントなどを手がけています。
1985年、イタリア南北をくまなくリサーチし、あらゆるパスタ料理レシピを1冊の本にまとめたヴィンチェンツォ・ブオナッシージ。『新パスタ宝典』に収められたメ...
オーブンも、発酵器も不要。フライパンを使った「チョコパン」レシピのご紹介。発酵時間を除けば、所要時間わずか20分!動画はたったの3分ですが、作り方のポイン...
近年、「太る原因は糖質だった」と様々なメディアで騒がれていますね。 その影響もあってか「パスタは太るから……」と敬遠している人もいると思います。とはいえ、...
お花畑みたい?ちょっと食べるのを躊躇する?見ただけではいろいろな意見が出そうなカラフルなパスタですが、ちょっとワクワクします。料理としての味にこだわりつつ...
本場イタリア人が見たら、驚嘆の「マンマ・ミーア!」が聞こえてきそうなこのパスタ。一度目にしたら忘れられない、ド派手なピンク色。間違いなくインパクト大!とこ...
イタリアのイメージが強いパスタ料理ですが、イオニア海を南東に下ったギリシャでも、古くからラザニアによく似た「パスティツィオ」という料理が親しまれてきました...
子どものころ、クッキングトイと呼ばれる、料理が作れるおもちゃがあった。キッチンのガス台がそのまま小さくなって、ホットケーキやドーナツが作れるものである。子...
ニューヨークで高級ギリシャ料理レストラン「Loi Estiatorio」を営む、シェフのマリア・ロイさんが、地中海料理の上手な取り入れ方を「The New...
いかにもイタリア人的な感覚から生まれた、アソビ心満点の転写式タトゥーシールのご紹介。でもこのタトゥー、貼る場所までちゃんと決められているのです(一応)。そ...
食べやすく、見た目も華やかなフィンガーフードは、さまざまなシーンで重宝できます。ここで紹介したいのは、米レシピサイト「Allrecipes」に掲載されてい...
素敵なデザインが多い反面、その重さや洗いにくそうなイメージから、使ったことがないという人も多い「無水調理鍋」。ですが、この鍋でつくった料理を一度食べてしま...
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
モロッコ料理というと、とんがり帽子のような鍋蓋が特徴的な“タジン”を思い浮かべる人が多いだろう。確かにこの煮込み料理はモロッコ料理の代名詞で、ベジタブル、...
レストランの入り口でよく見かける「食品サンプル」。本物みたいな出来にビックリすることも多いですが、「サンプル」なので、当然食べられません。ところが、今回ご...
SNSで何かを共有し、その価値を交換する方法は様々。例えば、Uberなら「移動手段」を、Airbnbなら「スペース」をーー。そして、ここで紹介する「Fea...
揚げてから時間が経ってしまったフライドポテトの残念さったらありません。ま、あれはあれで美味しいという意見もあるでしょうが。で、その残りものポテトでもおいし...
冬に旬を迎えるホタテ。寒くなるにしたがって身が分厚くなり、甘みも増しておいしくなります。このホタテの旨味をいっそう引き立たせてくれる組み合わせがトマト。イ...
2015年10月18日、Twitterに投稿されたいろは@速度制限中さんのツイートには、ほんの少しの工夫で劇的に便利になった「パスタの袋の開け方」が紹介さ...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、肉と魚を調理する...
手づくり餃子における意外な落とし穴は、あんと皮のバランス。なぜかいつも皮だけ数枚余ってしまう。みたいなことありませんか?ところがこの餃子の皮、使い方次第で...