ランボルギーニ7473円、フェラーリ9598円。これ、ラスベガスのサーキットを走行する料金です

世界中からエンターテインメントが集まる娯楽の聖地ラスベガス。その中心地から約3キロほどの場所に、モーターファンには待望のサーキットがオープンしました。なんでも、あの高級スポーツカーがどれも破格の値段で乗れるんだとか。

高級スポーツカーを
1万円以下で運転できる!?

03eaa7e2c7fabefb0a2efdf8031617f3b236f1ee

本物のサーキットで、高級スポーツカーを運転するスリルと興奮を味わう。いかにもエンターテインメントタウンらしい超ド級のモーターアミューズメント、と話題のSpeedVegas(スピード・ベガス)。

総額ウン億円は軽く超えてしまいそうな車は、すべてスピード・ベガスが所有するコレクション。その中から試乗車をチョイスできる訳ですが、そのラインナップがまた凄い!フェラーリを筆頭に、ランボルギーニ、ポルシェ、アウディ、マスタング、さらには日産GT-Rも。

1ラップごとに設定された料金は車種によって、49ドルから89ドル(5,314円〜9,598円)まで。これを高いと感じるか安いと感じるかは人それぞれ。ちなみに、料金にはヘルメットレンタル代の他、主要ホテルからサーキットまでの送迎バス代も含まれていることから、「Los Angeles Times」の記事では後者の感想。

インストラクター同乗も可能
サーキット経験ゼロでもOK

Bd8b8ceca1ae7e0400620782e5c49556b1304334

サーキットで走った経験なんて無い、という人でも安心。ドライバーライセンスを持つ専属のインストラクターが、助手席からドライビングのノウハウを教えてくれるんだそう。運転免許があって、かつ運転経験6年以上ならば誰でもOK。

普段は低燃費のエコカーを運転する人でも、走行距離20万kmを超えるオンボロ車のユーザーも、自分ではまずスポーツカーを買おうという発想すらない人だって、ここならゴーカート気分でスポーツカーを運転できてしまうんです。

1周2.4kmのサーキットに続き、
モータースポーツ複合施設が
今夏オープン予定

84705e5aa3600c5e7e8c99355fadb0745e4c5f2c

ラスベガス最長となる1周2.4kmのコースは、12のコーナーと最大18mの高低差、最大角度15度のバンクを有する比較的穏やかなコース設定。とは言え、直線に入れば「トップスピードは優に225キロを超える」、と公式サイトはスピード狂たちを煽りにあおっています。一応、料金の中に保険が含まれていることだけは明記されていますが、コースアウトでクラッシュしたりなんて心配は大丈夫なの?いささか心配。

さて、今回はサーキットのみ先行オープンとなりましたが、観戦デッキやカフェを併設した複合施設がオープン予定。今夏には、ラスベガスに一大モータースポーツ施設が登場するようですよ。

買う気はないけど、運転してみたい
体験を買えるアミューズメント

2f69f2d88195e96c8183f2cb42a45d0cbd6e9496

それにしても、自動車各メーカーがハイブリッドカー(HV)や電気自動車(EV)など、新しい技術やコンセプトを投入して、時代の流れが「エコカー」へと向いているなかで、スポーツカーに乗りまくろう!という、言ってみれば時代に逆行するアイデア。そこに少なからず違和感を覚える人もいるはずです。「レンタカーで十分」だったり、「モノよりコトにお金をかける」生き方が選ばれるからこそ、“若者のクルマ離れ”が叫ばれて久しい日本。

まあスポーツカーなんて買うことはないけど、経験として乗ってみるのはアリ。そんな遊び感覚で気軽に、しかも手の届く価格帯で試乗体験ができるとしたら……。言うなればここは、モータースポーツに特化したアミューズメントパーク。ラスベガス観光の新たな拠点として、足を運んでみたくなる?

Licensed material used with permission by SPEEDVEGAS
スポーツカーよりも速い自転車を見たことがあるだろうか。ここで紹介する動画は、2014年11月にフランスのサーキット「Circuit Paul Ricard...
コインを投げれば、願いが叶うー。世界には、そんな伝説が伝わる場所がいくつかあります。最も有名な観光地のひとつといえば、イタリアにある「トレビの泉」。映画『...
Twitterで1万RTを超えるほど話題になっているこの画像には、なんとダンボールでつくった「ランボルギーニ」の姿が。エンブレムにも要注目です!その名も…...
納屋や蔵の奥に思わぬ家宝が眠っていた…。なんて、夢みたいな現実の話をご紹介。親子三代が引き継ぐことになった、廃車寸前のオンボロ車。おじいちゃんの道楽と思い...
創業から10年で年商10億ドルを達成した企業のCEOと聞いたら、どんな生活を思い浮かべるだろう?高級スポーツカーにプライベートジェット、美しいモデルや億単...
青い鳥でお馴染みのTwitterのロゴは、13個の円を組み合わせた「曲線だけ」で描かれている──。そんな話を聞いたことがあるかもしれません。カナダ出身の女...
ここで紹介するのは、恋に奥手な女性たちの“ドキドキ”をリアルに描いた映像。彼女たちが意中の男性に想いを伝えるための手段は「10円玉」です。クリスマスにぴっ...
イタリアの「Forever Pininfarina Cambiano」は、永遠に書くことができるインクレスペン。「永遠」の響きだけで、かなり興味がそそられ...
台形のころんとしたフォルム…。とっても気になるかわゆさのこの車は、「Microlino」という電気自動車です。2016年のGeneva Car showで...
お金に対する感情というのは少々やっかいで、人間関係と同じように、その関係が依存や執着を生むようであれば、お金からは好かれません。たとえ、100円であっても...
あなたは、冷蔵庫の中身をすべて把握できている?いつ買ったかも覚えていない、いつ食べるかも分からない食料がゴロゴロしている。そんな人にこそ見てもらいたいのが...
2015年12月、ラスベガスで開催された大会「World of Dance Las Vegas 2015」で、ダンサーのFik-Shunが見せたパフォーマ...
私は税理士として、たくさんの方とお付き合いするなか、事業がうまくいっている人ほど「お金は儲けるものはなく、稼ぐもの」という意識でいると感じます。ここでは、...
今月アップされたこちらの動画は、「1ドルで何が買えるか」の最新版。日本円にして約112円(7/21現在)で、2017年の世界では何が買えると思う?日本なら...
「子供の送り迎えや近所の買い物に行くだけだから、そんなに大きなクルマは必要ないんです。でも自転車やバイクは屋根がないし、ちょっと大変で…」。街にはそんな人...
オーストラリアのドラッグレース「SUPERNATS 2015」。このレースで一際注目を集めたのが、TOYOTAのハイエースです。“400馬力”を積んだハイ...
ドキドキの連続で、日々気持ちが浮き沈みする恋愛。この「恋してる」「愛してる」を自分の趣味に当てはめたとき、恋と愛、両者の違いはどんなところにあると思います...
人類の歴史は、輝かしい面ばかりではありません。片方の国が発展を遂げた影には、戦争に敗れた国もあり、産業発展のあとに振り子の揺れ戻しで衰退が訪れた街もありま...
野球カード、スターウォーズグッズ、超合金。この3つの共通点は、超がつくほどのコレクターが世界中にいることですが、ここにiPodが加わるかもしれません。実は...
「いっそ空を飛んで、この渋滞を抜け出せたらいいのに…」。そんな空想が、いよいよ現実のものとなりそうです。モナコで開催されたカーショー「Top Marque...