【新技術】「1年で消えてなくなるタトゥー」なら、したいと思う?

タトゥーと言えば、基本的には一度入れたら一生ものというイメージ。いくら興味はあっても、その後の人生とどう付き合っていくのか熟慮が必要になるだろう。気軽に楽しむだけなら、ヘナタトゥーなど「メヘンディ」を楽しむのもアリだ。肌の表面に塗るだけでよく、個人差はあれど、おおよそ1週間から3週間で消えてなくなる。

でも、“なんちゃって”気分を味わうだけでなく、もうちょっとタトゥーユーザーの心情を本気で経験してみたいならーー。ここで紹介するのは、およそ1年間で消えるタトゥー。試してみるかどうか考えてみると、絶妙な期間に思えないだろうか?

約1年で消える
期間限定のタトゥーって?

751de8ee69df8e8036300212289cec1950cad224

おおよそ1年で消えてなくなる特殊なタトゥーインクを開発したのは、NYU出身のエンジニアたち。社名にもなっている「Ephemeral」には、"短命の"とか"はかない"という意がある。

もちろんこれが、彼らが開発したインクの名称。そのまま社名に使っているところがオモシロイが、その注目度は高い。

色素分子を小さくして、
カプセルコーティング!

Cccd4e3300970adeff6efeb3cfab14c275ac5b66

気になるのはその仕組み。タトゥーは、インクの入った針を皮膚に刺し、表皮のさらに下(真皮層)まで塗料を染み込ませていく。Ephemeralは、まずこのインクを分子レベルで確認し、その大きさに着目した。

人間の体は、異物を発見すると自然にそれを取り除こうとする。同社によれば、その免疫力の作動に対して、従来のインクは色素分子が大きすぎたそうだ。そこで、色素が真皮層でおよそ1年間だけ持続できるよう、ギリギリのラインまでインクの色素分子を小さくした。

さらに、免疫機能がすぐに除去をはじめてしまわないよう、色素分子を独自開発した球体構造の中に閉じ込めた。いわゆるカプセルのようなイメージらしいが、これで実験を行った結果、細胞からインクが消えてなくなったという。「Tech Crunch」で、Seung Shin CEOはこうコメント。

「従来のタトゥーは色素分子が大きすぎたんです。これがタトゥーが消えない原因。Ephemeralなら、分子が小さく、やがて皮膚から色素が排出されます」。

ずっと残らないなら…
してみたい?

36624f962678b0ea6abc1768b353d9d2c539b879

とは言え、まだ細胞レベルでの実験が済んだ段階。今は、人間と遺伝子的に類似性のあるブタの皮膚を使って臨床実験中。2017年秋ごろの商品化を目指しているそうだ。

はたして、これがタトゥー新時代の幕開けとなるかどうか。もしも彼らの開発した1年で消えてなくなるインクが実用化されたら…。

入れる人の想いが詰まっているタトゥー。日本では、文化的に広く受け入れられているとは言い難い。が、それでもこの「Skin Motion」は、注目に値する。そ...
地球上の約7割が海。「海水を真水に変える」それは、世界の技術者たちが、こぞって研究開発を進める分野のひとつ。ライターJoe Martino氏が「 Coll...
一見すると、指先まで袖のある黒いドレスを着ているようにしか思えないこの写真。ところが、彼女がまとっているのはドレスではなく、黒一色ベタ塗りのタトゥーなんで...
ド派手なタトゥーを全身にびっしりと入れた子どもたちが、ニュージーランドを中心に急増しているそう。一体なんで…。もう気づいた人も多いかもしれない。これは、エ...
ひと昔前の入れ墨の認識とは違い、今やファッションの一部として楽しむ人も少なくないタトゥー。以前と比較すると、そのイメージはややカジュアルなものになり、街中...
コチラの記事では、2週間限定のタトゥー「inkbox」自体の紹介をしたけれど、ここでは簡単な使い方について。貼り付ける箇所によっても変わるけれど、基本的に...
デビッド・ベッカムは、大のタトゥーフリークでもあります。ただし、その刻まれた数々のタトゥーは、彼の愛する妻や子どもたちの名前、大切な家族を表していると言い...
スタジオジブリの映画が海外でも人気なのは、言わずもがな。ですが、あまりに好きすぎてタトゥーを彫っている人たちがいることをご存知ですか?トトロからカオナシま...
スマホに保存したり、財布の中にしまっていたり、自分にとっての大切な写真は常に持ち歩きたい。そうすることで、いつも大好きな人たちとの思い出にひたることができ...
もしも、タトゥーのない自分の姿を見たら、その人はどんな反応をするのだろう。そんな思いつきから、イギリスの写真家、スティーヴン・バートンは1冊の写真集をつく...
20世紀初頭、パブロ・ピカソとジョルジュ・ブラックによって創始され、その後多くのフォロワーを生んだ現代美術の大きな流れのひとつにキュビズムがある。ルネサン...
ボディペイントを自分でやるのは難しいし、シールだと偽物感が気になる。本当に彫る勇気もない…となった時に、私が実際に使ってみて予想以上に気に入ったのが「in...
増え続ける訪日外国人。特に地方自治体にとって、観光産業は大きな収入源です。誰もが足を運んでくれるお客に満足してもらい、リピーターになってもらいたいと考える...
65歳以上の高齢者の人口が全国民の20%を超え、「高齢社会」となっている現在の日本。年金や介護など、誰もが考えなくてはならない問題が山積みですが、そんな今...
冷蔵庫を開けたら、新じゃがしかない……。そんなときにオススメしたい、新じゃがだけでおいしくお腹を満たせる料理。「しかない料理研究家」の五十嵐豪が、簡単でお...
野菜が美味しい季節になってきました。この時期「新○○」と呼ばれるような野菜をよく見かけると思います。なんとなく美味しいイメージがありますが、「新○○」と普...
一体どういうこと?と疑問が浮かぶけれど、この技術によって精神疾患や認知障がいの新しい治療法が見つかるかもしれないのだとか。9月9日に、株式会社国際電気通信...
2015年11月3日、Official Gmail Blogで紹介されたメール管理アプリの新機能が話題に!なんと、Gmailが受信したメールの内容を理解し...
「茹でた卵を元の生卵に戻す!?」そんな、実現不可能に思えることを、何年も前から世界中の化学者たちは、大真面目に研究に取り組んでいたようです。カリフォルニア...
もうドナーを待つ必要がなくなるかも?そんな可能性が感じられるニュースが、アメリカ科学振興協会が運営している科学誌「EurekAlert!」に掲載されました...