半自給自足できる「アーバンなエコビレッジ」が、アムステルダム近郊に建設開始!

2016年夏から2017年にかけて、オランダのフレヴォラント州にある自治体アルメーレ市に、100軒の家が建設される予定です。目的は自給自足できるコミュニティを形成すること。

「ReGen Village(再生の村)」と呼ばれており、場所はアムステルダムから電車で20分、距離にして約30kmほど東に行ったところ。都市から近く、その近代的なビジュアルも目を引く要因に。

必要な食料の
約50%を賄える!?

52bc72a183c163b1b8ef0f2de0177f9219f60f2f0bc3d7b8d65d1f8ced35404d0039966d690994b3B8b02979361cb6db4d5b35f6024f9a8e2a2c02e4E0c92b5e6838192f3c162c66ff449612a4fd975e6180fc57a1bee050c86dc1ddeab35e557b835c18

エネルギーは、地熱、太陽光、太陽光熱、風力、バイオマスなどから発電。雨水や生活雑排水をリサイクルして、水産養殖(魚の養殖)と水耕栽培を掛けあわせたアクアポニックス(魚耕栽培)へと応用します。

魚耕栽培とは、魚の排泄物を植物の栄養分として利用し、浄化された水を再び魚へと還元する方法。そのほか、空中栽培などと組合わせて農場の生産性を効率化し、水の使用量を通常の10%に抑えた上で、収穫量を10倍に増やせるそう。試験的な運用ですが、アルメーレ市の場合、必要な食料の半分ほどは賄えるだろうと言われています。

料理をするときには、勝手口を開けて畑から新鮮な野菜を収穫するーーなんて暮らしが実現するのかも?

Licensed material used with permission by EFFEKT
自給自足ですべてをまかないながら、都市生活にはない“自然との共生”をコンセプトにしたライフスタイル。ニューヨーク、サンフランシスコ、バンクーバー、メルボル...
再生可能エネルギーで生活できる街をつくろう。という計画は、実験段階ではあれど世界中で始まりつつあります。フロリダ・フォートマイヤーズもそのひとつ。エジソン...
アウトドアが魅力的なのは、なぜでしょうか。自然に触れられるから?美しい風景を眺め続けられるから?食べ物が美味しいから?ノルウェー北部に暮らす5人家族は、2...
ミシガン大学(MSU)の研究チームが、太陽エネルギーを捕捉することができる透明な太陽電池パネルの開発に成功しました。サイエンス・テクノロジー分野で大きな注...
カンボジアでは、20数年にも及んだ内戦とその後の混乱により、たくさんの人が傷つき、文化や財産が失われました。伝統的な絹織物も、そのひとつ。カンボジアのNG...
エチオピア北部の町ゴンダルは、年間降雨量が極端に少ない地域。激しい干ばつに見舞われ、土壌もやせ細り、この地で農業を営む人々は町を捨て、他の地域に移っていく...
01.無料でできる!契約アンペアを見直してみようアンペール(1775年〜1836年)物理学者、数学者。電流の流れる方向と磁場の向きに関する「右ねじの法則」...
鹿児島県鹿屋市と大崎町にまたがる事業用地に、太陽光発電所を建設する計画が発表された。およそ200万m2の広大な敷地に設置されるのは、約340,740枚の太...
九十九里の上質な落花生と甜菜糖と塩。本当にそれだけの材料で作った「HAPPY NUTS DAY」……自社製品ではありますが、僕はこのピーナッツバターが大好...
「Lucid Energy」が開発した発電システムは、インフラのひとつ「水道管」にタービン発電機を設置したもの。流れる水の力で発電できる。しかも、水質セン...
国際的な港湾都市、オランダ・ロッテルダムに建設予定の次世代型風車「Dutch Windowheel」。何やらモダンな現代建築というより、どこかアート作品の...
雨水がビールに!?冗談みたいな話に真剣に取り組んでいるのは、オランダのアムステルダムにあるビール醸造会社。そもそも、話の前提は、気候の変化によってオランダ...
無人島で20年以上暮らし続けている老人その理由とは?無人島での生活。それは多くの人にとって、子どもの頃に想像したことがあるだろう。けれども、それを実行する...
初めてヨーロッパを訪れる人には、アムステルダムを勧めたいという人は多いようです。近代的で美しく、どの国から来た人であっても大きなカルチャーショックを受ける...
このボールペンは、いつもバッグに入れて持ち歩いています。手ぶらの時、ポケットに入れて持ち歩くこともしばしば。ケースに入れていないので傷だらけですが(笑)。...
再生可能エネルギーのひとつとして注目が集まる太陽光発電。起伏に富んだ日本の国土では、あの黒いパネルを無数に設置できる発電所の敷地確保は、意外に困難なんだそ...
森の中に入って目をつむると、つぼみが開いていくように、感覚が研ぎ澄まされていくのが分かります。頬を撫でる風、緑のにおい、鳥の声。自然のものに触れると、ほっ...
昨年末、フランスはノルマンディーにある、Tourouvre au Percheという小さな町に、ソーラーパネルでできた道路が開通した。これまでに、太陽光発...
シンプルで機能的で、管理的な反面、どこか殺風景に映るケアホームが、ほんのちょっとのアイデアで表情豊かに生まれ変わる。オランダから始まり、欧州で注目されつつ...
水上に浮かぶ住宅(フローティングハウス)は、建築デザインにおいて今や目新しさは無くなっている。が、オランダのデザイン事務所が発表した、このコンセプチュアル...