「次世代型エコビレッジ」は自然とハイテクの融合がキーワード

自給自足ですべてをまかないながら、都市生活にはない“自然との共生”をコンセプトにしたライフスタイル。ニューヨーク、サンフランシスコ、バンクーバー、メルボルン、コペンハーゲン…世界の大都市近郊には、地球に負担をかけない生き方を選ぶコミュニティがたくさんあります。

自然のエコシステムを参考に、人間にとって生活の基盤となる農業を基本体系としながら、持続可能な循環型のコミュニティを実現する生活。いわゆる「パーマカルチャー」がそれ。そこで、いま新しい動きが。エコビレッジも変わり始めているんです。

エコビレッジにハイテク導入

2bbc54ce5d883db9c3b4ba2cd4e8c83017a80af5Ed5fabe3ed1e45c178e37676a5df3a9c4e7ba5c65049557d5ab948428f8441910b771ca6690d3291

ここに紹介するのは、アムステルダム郊外に2018年完成予定で現在建設中のもの。「ReGen Village」と名付けられたこの村が、アーミッシュの暮らしのように文明を拒絶して生きる場所かといえば、むしろその逆。

ここは最新テクノロジーを融合して自給自足を実現させる、実験的コミューンをイメージしたほうが良さそう。アメリカ資本の不動産開発企業がカリフォルニアで始めたプロジェクトを、オランダの地で実現しようというのです。

地熱、太陽光、風力、さらにはバイオマスをエネルギーに変え、食料はもちろん、電気も、生ゴミの処理もすべてビレッジ内で完結。また、雨水や生活排水を浄化した水はアクアポニック(水耕栽培と魚の養殖を融合させたもの)へと応用させ、すべてを循環させる仕組みをつくりあげました。

ひとつのシステムのアウトプットが別のインプットにつながる」、とは創業者James Ehrlich氏の弁。自然のシステムとテクノロジーとを合理的に繋ぎ合わせ、独自のシステムを構築したのがこのビレッジ最大の特長。

技術は最新のもの、けれど農業に密着することで豊かな暮らしを見直そうとする生活デザイン自体は、パーマカルチャーのそれとなんら変わりはありません。

テスラモーターズに例えられる
緻密なデータ戦略あり

7ba6d0021fd67199fb0a379ea2463e18f4d80584A37086c9edf29da53961f262d61ecbdda519d0fe

ところで、この大がかりなプロジェクトがEV車専業メーカーとして有名なテスラモーターズの戦略に例えられている、というのもオモシロイ話。「Business Insider」はEhrlich氏の言葉をなぞらえ、“Tesla of eco-village(エコビレッジ界のテスラ)”とこんな具合に形容します。

およそ50エーカーの土地に100戸を建設予定のコミューンは、全戸にサンルームが設置され、温度センサーやモニターで管理。また効率よく農作物が収穫できるよう、データはすべてクラウド上で一元管理し、最適な情報を居住者に提供する仕組みなんだとか。

じつは、こうしたデータ分析こそが、テスラモーターズの自動運転システムの構築にも活かされた戦略。エコビレッジ版テスラ、こう形容されるゆえんはここにあるようですよ。

024752fbe9c6aea817a52128319609cf7413f4c1

伝統的な農法やライフスタイルを現代風にアレンジし、自然と寄り添いながら暮らす。ここにテクノロジーの力であらゆる生活システムを統合させたのが、この次世代型エコビレッジ。

なかには、単にテクノロジーで合理化しただけと揶揄する見方があるのも事実。それでも、インフラに依存しないエココンシャスな人、緑豊かな環境で思いのままに暮らしたい人、自然との共生にこちらを選択する人々も増えてきているようですよ。

なぜって、すでにこの開発業社、同体系のエコビレッジをスウェーデンの地方都市(ルンド)にも建設予定。さらにはデンマーク、ノルウェー、ベルギー、ドイツにも予定地の目星を付けているというんだから。

Licensed material used with permission by James Ehrlich Founder, ReGen Villages
2016年夏から2017年にかけて、オランダのフレヴォラント州にある自治体アルメーレ市に、100軒の家が建設される予定です。目的は自給自足できるコミュニテ...
もうドナーを待つ必要がなくなるかも?そんな可能性が感じられるニュースが、アメリカ科学振興協会が運営している科学誌「EurekAlert!」に掲載されました...
バーチャルリアリティ(VR)も、さまざまなところで体験できる様になりました。実際にヘッドセットを装着してみた人も多いでしょう。そんなVRの研究は、次のステ...
シルク製品は、高級感のある柔らかな光沢としなやかで滑らかな肌触りが魅力ですが、とにかく扱いがデリケート。デイリーユースで買うにはちょっと勇気がいるお値段と...
「ヒッピー」と聞いて、一般的に思い浮かぶイメージはきっとこう。ファッションや音楽の趣味が個性的で、自然が大好き。穏やかな印象で、ラブ&ピース!「H...
『Science Vs. Music(科学VS音楽)』 と銘打たれたミュージックビデオは、サウンドを可視化した斬新な映像作品だ。特定の周波数が生み出す音の...
蛍光グリーンのブルゾンに、作業用の保護メガネ、胸元にはゴールドのブリンブリン。どこからどう見てもラッパー風情のこの男(Ian Solomon-Kawall...
機内誌を眺めるか、小さなモニターに集中して最新の映画をみるか、もしくはただじっと目を閉じて目的地に到着するのを待つ、とかく空の上は暇を持て余す。そこにここ...
2016年の4月末。海外メディアが「これぞ高度文明だ」と紹介した日本の技術がありました。それはなんと「駐輪場」。ハイテクな駐輪場って何?とも思いますが、動...
これまでの卓球に対する価値観を一気に変えてしまう、「未来の卓球台」がコチラ。Thomas Mayer氏が考える“あったらいいな”を映像化したものですが、そ...
Levi'sがGoogleと共同開発を進めてきた次世代型ウェアラブルジャケットが、いよいよ2017年春リリースとなるようです。創業140余年、デニム業界の...
高強度ありながら“肌に最も近い素材”と言われる、ハイドロゲル製のコンドームの開発競争が、近年激化しています。この次世代型コンドームの登場により、エイズウイ...
NASAとミシガン大学の共同開発により、自然治癒する「壁」が開発されました。まるでSFのような話ですが、蓋を開けてみるとその構造はとてもシンプル。ポリマー...
もともとは様々なアーティストの手によってタバコの箱に描かれた絵だったそう。「En L'An 2000」は1899年の作品。日本で言えば明治時代の始めです。...
ミシガン大学(MSU)の研究チームが、太陽エネルギーを捕捉することができる透明な太陽電池パネルの開発に成功しました。サイエンス・テクノロジー分野で大きな注...
クエンティン・タランティーノ監督作品『イングロリアス・バスターズ』で、世界的な脚光を浴びた女優メラニー・ロランは、近年監督業でも注目されている。彼女が、俳...
数年前、時代の多様化のなかで“働き方”が話題になった。そして今、その流れはもっと広い“ライフスタイル”という領域にまで及ぼうとしている。そのなかで話題にの...
MAGOこと、南馬越一義氏は名物バイヤーとして、クリエイティブディレクターとして、人気セレクトショップBEAMSを牽引してきた1人だ。90年代には、いち早...
「時計遺伝子」って、聞いたことある?あんまり聞き慣れないよね。その名前から想像する通り、生物の体内には時間を管理する遺伝子が存在するらしい。いわゆる体内時...
実用化に向けて開発が進んでいる、環境に配慮した次世代型の小型ジェット機「MRJ」が、ついに2015年11月11日、秋晴れの名古屋の大空を舞った。国産の旅客...