後をついてくる荷物持ちロボット「Gita」が、なんだか愛おしい。

先に説明しておくと、この大きな水色の物体は、荷物運搬ロボット「Gita(ジータ)」。基本的には、買い物のお供として開発されたもので、最大18kgまで荷物を運搬できるそう。

なんだけど、コロコロついてくるその仕草に、もはや“荷物持ち”を超えた愛おしさを感じてしまったのは僕だけ?

コロコロ、トコトコ…
ねっ?

53256c9824dfe6be83317df8d847f7fd78c98f39

あれ、そうでもない?

Medium 532020b0b5a36711de9e5b01d3700ce1fde2f40fMedium a740476af39888c34f43811ade29d976e1daf402

個人的には、ただ散歩に付き合ってくれるだけで十分だと思いましたが、ちゃんと“本業”について紹介しましょう。この通り、スーパーで買ったものをドンドン入れちゃってOK。

Medium 8fa27cb29d0377d09cb54951eabd3ea2e0584c96

で、そのままあなたについてきてくれるから、手ぶらでラクラクというわけ。

Medium 17876ca836ab982808d4f9776e4357c21f57a16c

ちなみに、「Gita」はイタリア語で「外出」の意だとか。

道を学習し、単独で走行も

Medium 043f25e70f81c18afa45c47e42009487bcf19ab6E01a8f99e0881a57cf6520fd9f2c0edbe4a87073

後ろをついてくるだけでなく、道を覚えて単独で走行する賢さも。さらに、センサーで障害物を検知し、衝突を回避する仕組みも組み込まれているそう。上の通り、職場に忘れ物を届けて、そのまま自分で家に帰ってくれたりもするわけです。

Medium 3f955737433134798c27106119bccbd24b8e4135

現時点では、発売時期や価格等は決まっていないとのこと。もちろん、盗難などの安全面に課題はあるのでしょうが、新たな取り組みとして注目したいところですね。

Licensed material used with permission by Gita
そう遠くはない未来。私たち人間と区別がつかないほどの人工知能が生まれるとしたら…。もしもロボットが人間と同じように笑ったり、悲しんだりするようになったら…...
ミネソタ大学は、頭に被せたキャップから脳波を読み取り、ロボットアームを操作できる技術を開発しました。考えたとおりに動き、モノを掴んで移動できます。「世界で...
従事者不足や負担軽減が慢性的な課題とされてきた介護現場に、テクノロジーが変化を与えようとしている。という話題は、もう数年前から耳目にしてきたことだけど、そ...
「VR元年」とも言われる2016年。そこには「Oculus Rift」や「PlayStation VR」の存在が大きく影響していますが、こういった新しいテ...
ベルギー・アントワープで開催されたブックフェアの会場で人気を集めたのは、著名な作家8人によるサイン会でした。しかも12日間ノンストップで行われ、選ばれた作...
人工知能(A.I)は、手料理までを奪い去ろうとしています。利便性を追求した結果、ロボットアーム付きのシステムキッチンなるものが登場。しかも、あのトップシェ...
2016年2月29日(月)、神奈川県藤沢市で「ロボットタクシー」の実証実験が開始されました。アプリで呼び出せば自動運転で迎えにきてくれ、そのまま買い物に。...
単純作業労働の現場をはじめ、知的労働分野でも、ロボットに人間の仕事が奪われるという自体が起こっています。私たちの暮らしを快適なものにする一方で、見たくない...
犬や猫のような見た目ながらも、骨格むき出しな見た目やカクカクした不気味な動きでたびたび気味悪がられていた四足のロボットたち。ただ、その能力は高く、悪路走行...
ロボットや人工知能を「Electronic Persons」として扱い、その所有者に税の支払いを義務付けるーー。なんて計画案がEUで持ち上がっていると、各...
この2つの動画を見てみましょう。まずはひとつ目。羽根つきのロボットが宙に浮いています。羽ばたいて飛べる小型の昆虫型ロボットが開発されたんですね!しかし、動...
人間の言うことをきかないロボット。と聞くと、どんなイメージを思い浮かべるでしょうか?実際に見てみましょう。男性「座って」ロボ「オーケイ。(ウィィイィンン…...
アダルトサービスがテクノロジーによってどう変わるのか。VRやセックストイの進化を見ると、どんな未来が待っているのかがある程度イメージできます。主には、バー...
単調な仕事、のしかかる負担、過重労働。そして、その先に待ち受けていることとは…。映像クリエーターMichael Marczewski氏が監督した、3分ほど...
『Science Vs. Music(科学VS音楽)』 と銘打たれたミュージックビデオは、サウンドを可視化した斬新な映像作品だ。特定の周波数が生み出す音の...
ドイツの企業「Festo」によって開発された蟻型のロボットが凄い!最新のテクノロジーニュースを取り扱うメディア「PSFK」の記事によれば、なんとインターネ...
かつてないほど高度な情報化を迎えた私たちの社会に、必要不可欠となった「プログラミング」の技術。優秀なプログラマの育成が世界各国で課題になるなど、その教育の...
ピンときたのはSFファンだけでしょうか?これは結構衝撃的なニュースです!Googleが2012年に申請したある特許が、今年3月31日に受理されたようですが...
「吸引力の変わらない、ただひとつの掃除機」を武器に、世界を席巻中のダイソン。2015年10月23日(金)、同社の新製品となるロボット掃除機「ダイソン 36...
「男と女の脳は違う!」なんて話をよく聞きますが、男女の生物学的な差は、実際のところ知性にどれだけの影響を与えているのでしょうか。男女差は本当にある?それと...