半世紀ぶり、国産小型ジェット機「MRJ」が初フライト!

実用化に向けて開発が進んでいる、環境に配慮した次世代型の小型ジェット機「MRJ」が、ついに2015年11月11日、秋晴れの名古屋の大空を舞った。国産の旅客機としては、じつに53年ぶりのこと。

初フライトを生配信
300万人以上が視聴

三菱航空機株式会社が、2008年から開発を進めてきた「MRJ」。約1時間ほどのテスト飛行を無事に終え、開発拠点のある愛知県県営名古屋空港に戻ってきた。
国産旅客機の開発は、1962年の「YS-11」以来となる。「欧米の下請けに専念してきた、日本の航空産業にとって節目となる」と朝日新聞は、このニュースを大きく取り上げている。

初フライトの模様は、朝8時30分よりUstreamで生中継され、300万人以上が、名古屋空港からのライブ配信映像を視聴。今回の初飛行では、見学スペースは設けられておらず、Ustreamでの視聴を呼びかけていた。
名古屋空港近隣住民が撮影した貴重な写真がこちら。ちなみに、小さな機影は、テスト飛行に随伴した自衛隊機。

“環境にやさしい”
次世代ジェット機


三菱航空機株式会社が満を持して送り込むMRJ。そのプロモーションも積極的だ。特設サイトを開設して、航空機づくりにかける情熱を伝えている。曰く、最新技術を搭載したMRJの特徴のひとつが“環境へのやさしさ”だとか。
炭素繊維素材を主翼や尾翼に用いることで、軽量化。さらに、低燃費を実現し、排出ガスの低減、騒音も大幅にカットした、まさに次世代型の航空機と呼ぶに相応しいスペックを誇る。

同社のリリースによれば、2017年春の納入を目指している。現時点での受注は、日米合わせて400機だが、最終的には2,500機を目指しているという。

 Reference:三菱航空機株式会社 , 朝日新聞
Licensed material used with permission by とんかつ / TONKATZ , イタチ

「本日は〇〇航空をご利用いただき、誠にありがとうございます。当機は羽田発ホノルル行きです。なお、フライトには廃材を再利用したバイオ燃料を使用しております。...
1984年のロサンゼルス五輪が思い出される、背負い型のジェットパック。「ついに実用化か!?」というニュースが定期的に話題になりますが、イメージよりもだいぶ...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
インターネットがまだ行き届いていない世界中の地域に、ソーラー飛行機を使って空から接続できる環境を届けようという計画があります。Facebook社では、太陽...
これは、外の様子を眺められる新しいプライベートジェット「The Spike S-512 Supersonic Jet」。飛行機に乗っている時に、空の様子を...
いよいよ、「自家用飛行機」時代の幕開けとなるかもしれない、革新的な航空機開発が大詰めを迎えているようです。それも電動式で駐機場も不要だとか。ここで話してい...
もともとは様々なアーティストの手によってタバコの箱に描かれた絵だったそう。「En L'An 2000」は1899年の作品。日本で言えば明治時代の始めです。...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
ここは、カリブ海にあるセント・マーチン島マホビーチ。真隣に空港があるので、人々の真上をジャンボジェット機が通っていき、吹き飛ばされるぐらいの風が起こるそう...
外国語の学習は、飛行機のフライトに例えると分かりやすいーー。とAndrew Barrさん。英語を母語とする彼は、7年間かけてスペイン語を学んだ経験から、「...
エチオピア北部の町ゴンダルは、年間降雨量が極端に少ない地域。激しい干ばつに見舞われ、土壌もやせ細り、この地で農業を営む人々は町を捨て、他の地域に移っていく...
世界の主要空港の間近で、旅客機の離着陸をひたすら撮りつづけた、プロのフォトグラファーがいる。航空ファンに混じって、ただ望遠レンズをじっと構える彼。でも、お...
質問:トイレに入って手を洗った後あなたの選択はどっち?①ハンドドライヤーで乾かす②ペーパータオルで拭く正直、好みの問題と言われればそれまで。でも、真面目に...
「子供の送り迎えや近所の買い物に行くだけだから、そんなに大きなクルマは必要ないんです。でも自転車やバイクは屋根がないし、ちょっと大変で…」。街にはそんな人...
患者の負担を軽減するために、傷を最小限に抑えて施術する「低侵襲手術」。これには、頑丈であり、かつ小さな道具が必要になります。2016年3月10日にブリガム...
もしかすると、これまでで最もコンパクトな折りたたみ式電動自転車ではないでしょうか?一度の充電で25kmの走行ができ、折りたたみや組み立てにかかる時間もたっ...
1型糖尿病を患っていて、極度のフライト恐怖症でもある9歳のギャビー。そんな彼女が飛行機に乗らなければならないときがやってきました。ギャビーより小さい子供が...
生物医学研究サイト「GreenMedinfo」の創設者Sayer Ji氏は、こう断言します。「レジで受け取るレシートは有害物質が含まれている」。きちんとレ...
毎日毎日、同じ景色ばかり見ることに、飽き飽きしているそんなあなたに。「Elite Daily」の旅好きライターSophie Cookさんがおくる、新しい環...
スキャナーと聞くと、どうしてもオフィス機器のイメージがあるかもしれません。でも、実はプライベートな場でも使い道はたくさん。そう、こんなにも超小型で簡単に使...