Levi'sの次世代型デニムジャケット。秘密は「袖」にあり

Levi'sがGoogleと共同開発を進めてきた次世代型ウェアラブルジャケットが、いよいよ2017年春リリースとなるようです。創業140余年、デニム業界の雄とテクノロジーの注目コラボ。サイクリストに嬉しい機能が満載です!

アメリカン・アイコンが挑む
“着る”デバイス

4337d822cd7282accdcc4397bc358616a9732495

これが開発中のデニムジャケット。一見、これまでのモノとの違いを……言えませんよね?じゃあ、内側に秘密が?いえいえ、秘密は繊維のなか。

でも、難しい話はさておき、まずは実際にこのジャケットをサイクリストが着たらどうなるか。動画でチェックしていきましょう。

ジャケットを
ウェアラブルにする?

00e723c77d80e3fe3c6af9df96952dcba434704e

たとえば、Bluetoothで接続しているスマホで目的地を検索。もちろん、スマホはもう出番なし。音声ナビゲートはイヤホンを通して。あとはナビがジャケットと連動して、目的地まで案内してくれるから。

E170de628090fb3b8ada0b27da2c75042e009653

いざ、ライドオン!

E3a1813da8c02b145c780ff5554be722f7dfed35

ジャケット左手の袖口にある突起をポンポンと、これだけでルートが変更。

3bad507e602bb1b2686b38610472776617893f55

袖をスワイプすれば、周辺情報が音声で案内されたり。近くのカフェでちょっと小休止、なんてときにも検索のたびに止まる必要はありません。

376e880c6c7657a1a77a305519ed3ea2dc736bc67c0f455c02471b527f92bfa77c0095a7974d6e37

ほかにも、ボタンに触れることで電話に出ることも(着信拒否も選択可)、スワイプで音楽を変えることだってハンドル片手にできてしまうようです。

そもそも、スマホを手に“ながら運転”はどうしたって危険だし、サイクリストからしても煩わしいもの。たとえそれがスマホホルダーだったとしても。

そこへ行くと、このジャケットは安全性も快適性も同時に手に入る。まさに、サイクリストにうってつけの“着る”ウェアラブルデバイスというわけ。

導電性の糸で
センサーを編み込んだデニム

Ae8c5344049ed6893bf119e02903c6b96cdbd8f2185b704cc3dcb045c7cc2e6400a828bb84660358

ポイントはこの袖口にあり。かいつまんで説明すると、センサーの役割を果たす導電性の極細糸をデニム繊維と一緒に紡ぎ、その糸で織った生地とICチップを接続。スナップの部分がその役目を果たし、タッチしたり、袖口をスワイプすることでBluetoothの端末を動かすことができるという技術。2015年より、Googleと共同開発で進めてきた「Project Jacquard」です。

9c7476c0b8300cafa2d696f32e5f8f7746cf82d4

「我々はこの象徴的なプロダクトを、そう大きくデザインから変えたわけではない。でも世界は日々変化していく。こうして未来へのドアを開くことは、我々のデザインにとっても、ブランドにとっても重要なこと」

とは、Levi'sシニアディレクターBart Sights氏のコメント。デザインを一から作り直していくわけではなく、テキスタイルに変革を与えることで、“伝統”や“らしさ”はそのままに。新しいモノを作るのではなく、新しいコトに挑む。そこに、老舗ブランドが次世代へ挑むチャレンジングスピリットを垣間見た気がします。

以下は、Project Jacquardの全容を追ったドキュメンタリー。こちらも必見!

提供元:Google
Licensed material used with permission by Google
ブラスト、シェービング、ケミカル、ヒゲ、加工方法や色落ちの違いで幾重にも表情を変えるのがデニムジーンズの魅力。そのデニムを画材に使って、唯一無二のアートワ...
大量に廃棄されている衣料品をリサイクルする目的もあり、デニムでつくったサングラスが開発されました。環境問題に関心のあるデザイナー2名が、クラウドファンディ...
目的地に向かったり、きれいな景色を横目で見ながら走ったりするだけが「サイクリング」の楽しみ方ではありません。オーストラリアのパースを拠点とするサイクリング...
転倒、衝突、接触…、もしもあなたが自転車に乗っていて、不意なアクシデントに遭遇したとする。そのとき、頭部を守ってくれるのは、このエアバッグ「Hövding...
ひざやおしりが破れたデニム・ジーンスに「あて布」をして補強していた日々が、もう終わりになるかもしれない。破れた箇所にたらすだけで、繊維が自己修復され元どお...
北京に行った時、大気汚染で最も深刻な状態を表す「赤色警報」が出ていた。日の光がスモッグで霞んでオレンジがかり、午前なのにまるで夕方のような光景だったのを覚...
高強度ありながら“肌に最も近い素材”と言われる、ハイドロゲル製のコンドームの開発競争が、近年激化しています。この次世代型コンドームの登場により、エイズウイ...
みなさんが普段はいているジーンズ。それに使われているデニムが他の生地と大きく違うのは「色落ちすること」にある。はき続けているうちに、擦れ、色褪せ、自分だけ...
スポーツカーよりも速い自転車を見たことがあるだろうか。ここで紹介する動画は、2014年11月にフランスのサーキット「Circuit Paul Ricard...
これがあれば、溺れても安心!デバイスのフックを引っ張るだけで、小型の「浮き輪」が出現する優れものです。実際の使い方はこんな感じ。 「Kingii」はクラウ...
東京大学の研究グループが、表面温度の分布を測定する、薄くてしなやかなプラスチック製の温度センサーを開発した。人体に直接貼り付ける超薄型の温時計なんていうの...
自転車を駐輪するための自転車ラックは、ほとんどが水平方向。こちらのほうが、より多くの駐輪が可能なんでしょうけど、昇降式のラックの上の段しか空いてないときな...
自給自足ですべてをまかないながら、都市生活にはない“自然との共生”をコンセプトにしたライフスタイル。ニューヨーク、サンフランシスコ、バンクーバー、メルボル...
紛争や貧困に苦しむ中東やアフリカの国々から、ヨーロッパへと海を渡る人々。ひところに比べその数は減少したものの、難民流入と受け入れ問題で欧州全体が大きく揺れ...
日々すくすくと成長していく子どもの姿は、動画や写真でどんどんスマホに溜まっていきます。でも、忙しかったり、実家が離れていると、子どもの近況を伝えるのも一苦...
サイクリストにとって、バイク周りのグッズはかっこよく揃えたいもの。「Oi」はミニマルでハンドルになじむ、スタイリッシュなバイクベルです。開発したのはオース...
夜道を走る自転車って、結構危ないですよね。サイクリストもドライバーも、お互いドキッとするような怖い思いをした経験が少なくないはず。とくにドライバーから見る...
プログラミングを、PC画面とにらめっこせずに学べるツールが開発されています。「Project Bloks」では、子どもたちが遊びながらにして、自然と基礎を...
自転車先進国と呼ばれる国が多いヨーロッパ。2016年1月にドイツで自転車専用高速道路が開通したことは記憶に新しいですが、そのほかにも続々と始まりつつある新...
ロードバイク乗りにとって、日々の移動やツーリング時、ちょっとした荷物を何に入れるかというのは頭を悩ませるポイント。バッグパックは動きに制限が出てしまうし、...