ココナッツオイルブームの火付け役が新展開。「ジャンクでも、ちゃんとオーガニック」なスイーツ店

今日のココナッツオイルブームの火付け役とも言える女性起業家が、「ガマンしないオーガニックおやつ」の路面店をオープンしました。

オーガニックなんだけど、ジャンクな要素もしっかり。え?相容れないはずのこのふたつ。それが、ちゃんとフュージョンしているんです。

かわいくてワクワクする
けど、ちゃんとオーガニック

9a2c45055c5180d88979ab53aad12191c10d9689

鮮やかなベリーソーダにラムレーズンのアイスをトッビングしたこのクリームソーダ。グビッといけば一瞬で蒸し暑さから解放されて、心もカラダもリフレッシュできそうですよね。それでいてオーガニックだっていうんだから、もうHAPPY間違いなし!

フレーバーは、有機のクランベリージュースに天然のアガベシロップで甘みをプラスしたもの。こちらも有機ココナッツクリームをたっぷり使用した濃厚ビーガンアイスをトッピングしています。

つまりは、見てかわいく、食べておいしい。だけどちゃんとオーガニックしているソーダという訳です。

BROWN SUGAR 1ST.
初の路面店、神宮前にOPEN

B66dea30932932781e881df13c9a5b75e9c988e6552a653b0c9f4f73838fbe608599845d2975d26f

天然フレーバーのみでつくるオーガニックソーダとココナッツミルクをベースにしたアイスクリーム、クッキー、さらにはオリジナル商品を取り揃えた「BROWN SUGAR 1ST.(ブラウンシュガーファースト)」。2016年6月9日、東京・神宮前にオープンしたばかりというのに、甘いものをガマンしたくないスイーツラバーたちで賑わう、いま話題のショップがここ。

8e355d35cfa18ee729c2b5cf63a1367710557bb4

すでに、情報感度の高い人であれば店名を聞いてピンと来ているはず。そう、ここは有機エキストラバージンココナッツオイルの火付け役となった、あのブラウンシュガーファーストがオープンした初の路面店なのです。

注目度の高さがいまいちピンと来ていない方のために、このお店のことをかいつまんで説明していきましょう。

子どもが安心して
食べられるおやつを。
Farmer's Marketからスタート

8afead179644368e8d2001144b24840ce680ae8c

「わが子に食べさせたいかどうか」、ブラウンシュガーファーストの素材選びは、この理念にすべてが凝縮されている。とは、代表荻野みどりさんの談。妊娠・出産を機に、「子どもに安心して食べさせられるおやつ」を販売するビジネスを開始した人物です。

45de9cd7dca806a151aa78e7342bbee5648b233b

まだ小さかった娘さんを背に、青山・国際連合大学前の「Farmer's Market」でお手製のウーピーパイなどのお菓子を販売していた荻野さん。よりカラダにいいものを求めるなかで巡り合ったのが、バターにとって代わる原材料、有機ココナッツオイルでした。

ココナッツオイルで作ったお菓子の人気は瞬く間に広がり、オイルの輸入卸にも力を入れるようになった彼女。こうして、青山の露店から始まったココナッツオイルブームは、今日私たちが知るところとなったわけです。

「ジャンク」×「オーガニック」
ガマンの代わりにワクワクを

Dc07c61c93016d4066e87c187371579d189cca56

もはや、日常のなかに浸透した感のあるオーガニック。けれど、実際のところ有機と無農薬の違いがイマイチよく理解できていなかったり、どこかマジメで高級志向のイメージが付いて回るのが本音、という人だって少なくないはず。

「この意識をまずは取っ払い、あれはダメ、これはNGとガマンするよりワクワクを優先してほしい」、こう荻野さんはオーガニックへの窓口を開いてくれます。対極に位置するはずの「ジャンク」を、あえてオーガニックと掛け合わせる斬新なコンセプトも、もちろん彼女ならではの戦略。

「週末に遠出して、自然に癒されるだけがオーガニックではありません。都会にいたって、アイデアと選択次第でオーガニックライフは実践できますよ。日常のなかで少しでも自然とのつながりを感じてワクワクしてくれたら最高ですね」

378fb82c85020be5c0efd5b1caf541b1f110ed32

ショップの棚にずらりと並んだ「ガマンしないオーガニックおやつ」たち。

あれもこれもとガチガチに周りを固めてしまうよりも、ちょっと「ジャンク」な側面を残してあげることで、より「オーガニック」を身近に感じることができる。

なんだか「無理しなくてもいいんだよ」、と背中を押してくれているように聞こえませんか?キレイになりたい、だけど甘いものに目がない人。これ以上のワクワク、他にありませんよね。

Licensed material used with permission by 株式会社ブラウンシュガーファースト
ダイエット中ならば、砂糖はなるべく控えたいところ。けれど、毎日の食事の中で完全に“砂糖抜き”は難しい…という人もいるでしょう。そこでおすすめしたいのが「コ...
テンダーヨホホ研究所主宰泣く子も訛る社会派ヒッピー。 電気関係、ウェブ、文章表現、写真、選挙、先住民技術、などが研究対象。 2015年のテーマは弓矢と足跡...
東南アジアにおいて、香港もまたスイーツ天国のひとつ。お腹いっぱいディナーをした後でも、街を歩けばネオンに惹かれてつい立ち寄ってしまうのがスイーツ専門店です...
エディブルフラワーを使ったスイーツ、と聞いてピンときたあなたは、かなり流行に敏感。というのも、そのあまりに美しい見た目が、じわじわと女性の注目を集めている...
ここで紹介するのは、クロワッサンとマフィンを掛け合わせたハイブリッドスイーツ、その名も「クラフィン」!クロワッサン×ドーナツから成る、ニューヨーク発のクロ...
ドリップコーヒーから出るコーヒー豆のかす。これをただ捨てては「もったいない」と、いろいろな再利用法がネットでも紹介されています。消臭剤や除草駆除、これはよ...
思わず圧倒されるボリュームと色鮮やかさ。通常のそれとは桁違いの量の野菜を挟み込んでいるのは、東京・代々木上原にある「POTASTA」自慢の特製サンドイッチ...
建築家とパティシエ。これらのスイーツを見て、意外にも両者の親和性が高いことに驚かされた。 ここで紹介するスイーツの数々は、ウクライナのパティシエであるDi...
白いプリンに赤いソースが華やかなこのスイーツは、イスラエルの「マラビ」というもの。大切な来客のおもてなしや、祭事につくってみんなで食べる、特別感のあるデザ...
買ったばかりのデニムや、お気に入りの靴、プレゼントしてもらったバッグ──。その日のコーディネートは、主役となるアイテムを軸に逆算して考えるもの…なのですが...
完全オーガニックの学校給食がアメリカで開始される。「TakePart」のライターWilly Blackmore氏によれば、それも「地元産のみ」というこだわ...
辛く悲しい失恋。そんな苦い記憶も、ニューヨーク在住のデザイナーIsabella Giancarlo氏の手にかかれば“甘い思い出”に大変身!その方法は単純明...
フランス人なら、誰もが一度は口にしたことがあるシューケット。シュー生地にパールシュガーが散りばめられた小さな焼き菓子は、大人から子どもまで大人気。フランス...
上品な味わいの「マスカルポーネチーズ」は、ティラミスだけでなく、さまざまなケーキに使用されています。あの濃厚なクリーミーさを冷蔵庫にあるもので再現できたら...
アメリカやイギリスを中心に、海外ではスイーツ感覚で食べられている「ライスプディング」。あれ苦手という声をよく耳にします。日本人からしてみれば、お米を牛乳で...
日本では遺体を火葬することが一般的。海外では土葬するところも多くありますが、お墓参りというと墓石や十字架の並んだ風景が頭に浮かぶもの。しかし、イタリアのデ...
日本に上陸するやいなや、瞬く間に圧倒的な地位を築いた「ICE MONSTER(アイスモンスター)」。新食感のかき氷を求める長蛇の列は、オープンから1年が経...
「オーガニック」をテーマとしたナチュラルな腕時計が話題を呼んでいます。と言ったところで、ピンとこない人も多いですよね。言い換えると、使用される木材は加工に...
コンデンスミルク、バター、ココアパウダーだけでつくるブラジルの定番チョコ「ブリガデイロ」。家庭でもつくるほか、どこのお店でも手に入るほど生活のなかに浸透し...
いま、タイで超人気のキャラスイーツ名人、songsweetsongさん。彼女の手にかかれば、誰もが知っているあのキャラクターたちが美味しく“変身”してしま...