「Pokemon GO」のおかげでピザ屋さんが大繁盛。その理由とは?

アメリカで先行リリースされ、爆発的熱狂ぶりが連日ニュースで報道される「Pokemon GO」。そのゲーム内アイテムを使い、一夜にして飛躍的に売り上げを伸ばしたピッツェリアが米メディアから引っ張りだこ。

いったいこの店、どうやって集客したかというと……。

ゲーム内課金でモンスター召喚
プレイヤーが店を占拠した

Medium 41f779f315cd2d1622de451af052006ef7ca79f2

NYクイーンズにあるピッツェリア「L'inizio Pizza Bar」のオーナーTom Lattanzioさんは、ゲーム内のアイテムを10ドルで購入し、店に合計12体のモンスターを放った。すると、ほどなくしてスマホ画面をかじりつくように覗き込んだ集団が、ぞろぞろと入店。スライスピザやビールを注文して居座り、店の外まで人が溢れる人気ぶりだったそう。

わずか10ドルの課金で
売り上げ75%UP

Medium 7e7f38d41d0087dfff9f81a2b5925cd5f12b4db5

まさに、Pokemon GOさまさまな訳だが、まだローンチ前の日本人からすれば、この儲け話のカラクリがいまいち見えにくいはず。ざっくり言ってしまえば、このゲームアプリはGPSを利用しながら街に出て、モンスターをハントして成長させていくのが目的。

で、プレイヤー同士でアイテムを交換したり、モンスターを引き寄せる通称「ポケスポット」と呼ばれる場所がゲーム内に存在する。これが、偶然にもLattanzioさんの店と一致していた。それを知ったオーナーは、30分間だけモンスターを出現させることができる(ポケスポット以外では利用できない)アイテム、「ルアーモジュール」を購入し、店内にモンスターを放出した訳だ。

モンスターを手に入れたいユーザーからすれば、1点に集中している格好のハンティングスポット。それこそゾンビのようにそぞろ歩き、Lattanzioさんの店へと吸い寄せられていったことは、想像に難くない。

こうして、ゲームユーザーの行動特性を逆手に取り、集客行動につなげて売り上げを伸ばすことに成功。普段の週末の3割増、前週と比べても約75%増に達したそうだ。

「ポケモンいます」が
新たなビジネス戦略に?

まさに、飛ぶ鳥落とす勢いのPokemon GO。その特性を十二分に活かして集客につなげたオーナーLattanzioさんの機転に、「Bloomberg」までもが注目。

「このゲームのように位置情報と連動したゲームアプリでは、今以上にARの有用性を発揮した広告展開をすべきだと思います。集客行動へのカンフル剤として、ユーザー達に直接インパクトを与えることになるでしょう」

こう語るのはブルームバーグインテリジェンスのアナリストJitendra Waral氏。

まだサービス運用が始まったばかりで、すでにこの過熱ぶり。いわゆるゲーム内での広告ではなく、わずかな額の課金によりプレイヤーたちのホットスポットを作り出せるとあれば、このピッツェリアに限らず、ポケスポット付近に店を構える経営者からすれば、大きな宣伝戦略につながることは間違いない。

間もなく日本でもローンチと噂されるPokemon GO。現実世界の街中に「ポケモンいます」といった立て看板を目にする日も近いかも。

Reference:Bloomberg
Licensed material used with permission by L'inizio Pizza Bar
1996年に第一作が発売されて以来、19年間にわたって愛され続けてきた『ポケットモンスター』シリーズ。英語はもちろん、フランス語、ドイツ語など7つの言語で...
街を歩いていると、ポケモンに遭遇。すかさずモンスターボールを投げ、見事にゲット!そんな子どもの頃に夢見ていた世界が、ついに現実のものとなりました。すでに広...
ローンチ以来、世界中で熱狂の渦を巻き起こし社会現象化しつつある「ポケモンGO」。その人気は内戦の続くシリアでも。けれど、この国でのプレイの目的は、よその国...
ついに、ついに上陸。一足先にサービス開始となったアメリカでムーブメントを巻き起こしていた『Pokémon GO』が、先ほど“母国”日本でも配信開始。ゲーム...
ポケモンゲットで集票も獲得できる?日本よりも一足先にアメリカでローンチされた「ポケモンGO」。その爆発的人気は、米大統領選にも影響を与えようとしている。ヒ...
先日、ついに日本でもサービスを開始した『Pokémon GO』。思っていた通り、街中の風景も少し変わった気がしますよね。でも、そんな注目度大のゲームだから...
ほんの数分でピザを調理するには、ガスコンロの火力がいちばん。このピザオーブンは、自宅にいながらにして本格ピザを手早く簡単に焼くことができる調理ツール。本格...
ピザが好きで好きでたまらない!もう一時も離れたくない…。そんな食いしん坊のためだけにできたと言っても過言ではないポーチが、米で話題になっています。それがコ...
旬を迎えたカリフラワー。淡白な味わいは、付け合わせ野菜として重宝されますが、それだけじゃない!すごい食べ方があるんです。それが「カリフラワーでつくるピザ」...
宅配ビザを頼むと、どうしても数枚余ることがあります。熱々は美味しいんだけど、冷えてしまえばそれも半減。翌朝まで放ったらかしにしておくと、もうどうしようもな...
こんがりふっくら生地が焼けて、ふつふつチーズがとろけていく。石窯からもれてくるちょっぴりスモーキーな薪のにおいが、食欲をさらに増幅させる。焼きたてピザより...
スーパーでよく見かける、3袋1セットの焼きそば麺。たくさん買いすぎて飽きてしまったり、微妙に1袋だけ余ってしまうこと、ありますよね。じつはあの焼きそば麺で...
ファーストフード業界で繰り広げられているお茶目なテクノロジー合戦。ドローンや無人バイクなど未来ネタで攻めるドミノ・ピザや、店内のトレーにキーボード機能をつ...
ネガティブな問題を注意喚起するのに、あえて逆説的にコミカルに伝える手法は、言ってみれば常套手段。世界には思わず吹き出したくなるようなキャンペーン動画がたく...
Samantha Fryzolにとっては、人との繋がりを、いつ結んでいつ絶つべきなのか、その判断を下すタイミングが最も難しかったそうです。もちろん彼女も大...
マフィンやフレンチトースト、チョコブラウニー。いまや、マグカップで作るスイーツは誰もが知るところ。でもこの動画、グラノーラやなんとピザまで、すべてマグカッ...
何層にも重なった生地のサクサクッとした食感。香ばしさにバターの風味が合わさり、朝食にぴったりなクロワッサン。日本でもこだわりのクロワッサンを販売するブーラ...
ワッフルメーカーを使って無理やりピザを作る。ちょっぴり過激な動画をご紹介。ピザとワッフルの中間をいく不思議な食べものになりました。これ、呼び名をつけるなら...
ここは、スイス第3の都市バーゼル。毎年、世界最大の現代アートフェアが開催されるなど、同国の中でも知名度の高い街と言っていいでしょう。実は最近、その街中にピ...
いまや世界的な社会現象となっており、毎日話題が絶えない『Pokémon GO』。モンスターボールを投げているユーザーを街中でよく見かけるようになりました。...