「ポケモンGOプレイヤーを選挙にGOさせたい!」人気の余波に便乗する米大統領選

ポケモンゲットで集票も獲得できる?

日本よりも一足先にアメリカでローンチされた「ポケモンGO」。その爆発的人気は、米大統領選にも影響を与えようとしている。ヒラリー・クリントン、ドナルド・トランプ両陣営とも、話題のゲームアプリを活用してあの手この手の集票合戦。

二人の候補の活用の仕方を比べてみると、“らしさ”が出ていてオモシロい。「めざせポケモンマスター!」便乗キャンペーンを制した先に、大統領の椅子が待っている!?


子ども大歓迎!のヒラリー陣営
「ポケストップ」で公式集会

(オハイオ州の公園で7/16日に開かれた公式集会。じつはここ、ポケストップなだけじゃなく、モンスター同士を戦わせるジムにも指定されている場所。これがわかっていたヒラリー陣営は、モンスターをおびき寄せまくってスピーチの時間に合わせる戦略に出た。若者層をターゲットにリーチを増やす作戦)

「ポケモンGOを誰が開発したのかまでは知らないけれど、このアプリを使って投票につなげる方法は考えてきました」

2016年7月14日、クリントン氏はこう発言するとと同時に、陣営から2日後(16日)オハイオ州レイクウッドにあるマジソンパークで公式集会を開くと発表した。じつはこの公園、ゲーム内でポケモンを一時的に出現させる課金アイテム「ルアーモジュール」が使用できるポケストップと呼ばれる場所に位置し、さらにはモンスター同士を戦わせるジムにも指定されている場所。陣営は公式サイトで「ポケモンを捕まえて戦わせよう」と呼びかけていた。

そして16日当日、集会が開催される公園にポケモンを放ち、集客につなげる狙いは功を奏し、「多くの人が有権者登録を済ませた」とボランティアの声を「Patch」は伝えている。

先の世論調査の結果を受けて、接戦が続くオハイオ州での支持拡大が急務とみたクリントン陣営。ポケモンとともに小さい子ども連れの家族を呼び寄せたいという狙いがあったはず、と「The Wall Street Journal」は指摘している。

トランプ陣営はパロディ動画
モンスターボールでヒラリーゲット

さて、一方のトランプ陣営も黙っていない。同日(16日)の午後には、早くも対立候補の戦略を揶揄するパロディ動画を、トランプ氏の公式Facebookで公開。ポケモンGOのロゴをそのままもじった「CROOKED HILLARY NO!(いんちきヒラリーはNO!)」がそれだ。

モンスターに扮したクリントン氏に向かってモンスターボールを投げると、あっけなくゲットされてしまう。彼女のデータ紹介欄には、「たびたび米国民にウソをついたり、機密事項をメールで共有する。次の進化:失業」、といった具合にトランプ氏らしい皮肉たっぷりで応戦した。

全米で6,500万人がダウンロードしたとも伝えられている、話題騒然のゲームアプリを使った投票推進活動について、公式には言及していないトランプ陣営。それでも、ポケモンGO人気に便乗した“つばぜり合い”は、まだまだ続きそうな予感がする。

1996年に第一作が発売されて以来、19年間にわたって愛され続けてきた『ポケットモンスター』シリーズ。英語はもちろん、フランス語、ドイツ語など7つの言語で...
ローンチ以来、世界中で熱狂の渦を巻き起こし社会現象化しつつある「ポケモンGO」。その人気は内戦の続くシリアでも。けれど、この国でのプレイの目的は、よその国...
街を歩いていると、ポケモンに遭遇。すかさずモンスターボールを投げ、見事にゲット!そんな子どもの頃に夢見ていた世界が、ついに現実のものとなりました。すでに広...
「皆が誇れる大統領に」──、接戦を制した共和党候補のドナルド・トランプは、勝利宣言で高らかにこう表明した。アメリカを二分した今回の選挙を象徴するように、両...
先日、ついに日本でもサービスを開始した『Pokémon GO』。思っていた通り、街中の風景も少し変わった気がしますよね。でも、そんな注目度大のゲームだから...
既存の地図と位置情報機能、カメラが取り込む情報を使って、スマホの画面に拡張現実(AR)を作りだしてポケモンを探す。すでに総ダウンロード数7,500万件を突...
ついに、ついに上陸。一足先にサービス開始となったアメリカでムーブメントを巻き起こしていた『Pokémon GO』が、先ほど“母国”日本でも配信開始。ゲーム...
アメリカで先行リリースされ、爆発的熱狂ぶりが連日ニュースで報道される「Pokemon GO」。そのゲーム内アイテムを使い、一夜にして飛躍的に売り上げを伸ば...
かつて、スマホの登場により盛り上がった「スマホケース市場」。今となっては飽和し切った感は否めませんが、だからこそオリジナルな商品が求められているはず。そこ...
「Oui on Peut!」英語に訳せば(Yes we Can)、聞き覚えのあるフレーズはもちろんあのバラク・オバマの名文句。そのキャッチフレーズを添えた...
いまや世界的な社会現象となっており、毎日話題が絶えない『Pokémon GO』。モンスターボールを投げているユーザーを街中でよく見かけるようになりました。...
大統領選挙中からトランプ氏が訴えていた、アメリカとメキシコの国境に壁を建設するという主張。現実離れして聞こえますが、当の本人はいたって本気でその必要性を訴...
アメリカ国内だけでも11,000以上の店舗数を誇るスターバックスが、11月1日より新たなデザインのカップでの提供を始めました。おなじみウェービーヘアのサイ...
ここは、スイス第3の都市バーゼル。毎年、世界最大の現代アートフェアが開催されるなど、同国の中でも知名度の高い街と言っていいでしょう。実は最近、その街中にピ...
Samantha Fryzolにとっては、人との繋がりを、いつ結んでいつ絶つべきなのか、その判断を下すタイミングが最も難しかったそうです。もちろん彼女も大...
大統領退任まで、残すところ1ヶ月あまりとなった12月16日(つまり今日!)、Netflixにてバラク・オバマの青春時代を描いたオリジナル映画『バリー』(原...
2017年1月に任期を迎える米オバマ大統領。多忙な業務のなか、日々日課にしているワークアウト時に聴くSpotifyプレイリストが、アメリカ版「WIRED」...
「もし大統領になったら、どんな問題を解決したいですか?」。人気動画「0-100」は、0歳から100歳までに同じ質問を投げかける企画。このたびの問には、貧富...
 12月24日、ホワイトハウスより毎年恒例のオバマ大統領夫妻による、クリスマスメッセージが公開された。任期中最後のサプライズ演出なのか、ミシェル夫人の振り...
ツイッターの共同創設者「Dick Costolo」氏がミシガン大学の卒業式で語ったスピーチが熱すぎる!コメディアンを志していた学生時代から、今や世界中の人...