GoogleがNYに5日間限定で多国籍レストランをオープン。そこで活躍したのが・・・

マンハッタンのロウワー・イースト・サイドに登場したポップアップレストラン。お客のほとんどがスマホを片手に料理を楽しんでいます。インスタ投稿用にパシャパシャ撮影のためかといえば、さにあらず。じつは、こんな使い方をしていたんです。

「Google翻訳」を使って
メニューを解読

Medium 89e19e90636369ccfe60dabd23d01f4e160f7725Medium b3394af4838c2298ed5431521ab00f5723affee6Medium 7bc867a55454924fd0c34688c7ba08f9c1b543abMedium 59fcbb368323e1eb7b2ce900285b85d434016318

このポップアップレストランにやってきた多くのお客たちが、まず初めにすること。それが「Google検索」の機能を用いてメニューを解読することです。そこにはトルコ語、インドネシア語、韓国語、フランス語、スペイン語、中国語など多国籍の言語が。

その国の生まれ、もしくは言語を学んだ人ならば理解はできるでしょう。でも、ほとんどの人には読解不可能。そこでGoogle検索やカメラで撮影して検索する「Googleゴーグル」が生きる訳です。

では、なぜこんな面倒な思いをしてまで注文するか?それは、このレストランが『食べ物は世界共通言語』をスローガンに掲げ、各国を代表するNYの料理人たちが国境を越えた新しい料理を提案する店だから。そして、お客は料理を介してそれぞれの文化を共有しあうことが目的。その“橋渡し役”となるのがGoogle翻訳アプリだった。

それゆえ、このレストランではナイフやフォーク、グラスを手にする前に、まずはスマホに手が伸びる人が多かったのです。

国籍もジャンルも超えて
NYのシェフ18人が集結

Medium f2f655aa14b1752fcd4e3855a5e36b9232cbfa6aMedium 5813e40271409f04e29db80f2ffcaf9ee562cc1f

イベントに参加したシェフは総勢18人。「Condé Nast Traveler」によると、ニューベストレストランに選ばれた「Cecil」のオーナーシェフJJ Johnsonをはじめ、ノリータ地区の人気店「Balaboota」のシェフEinat Admonyなど、NYの最旬シェフが一堂に介し、ちょっとしたフードイベントのようだったそう。また、それぞれのシェフたちも、マンハッタンで今評判の腕利き料理人とのコラボレーションに興奮気味だったとか。

「だって、自分たちのレストランで提供している味じゃなく、ここでは互いにアイデアを出し合いながらまったく新しい料理を一から作りあげていくんだから。リスクやストレスもなく、ただ通り一辺倒の味を生み出すなんて面白くない。こんなチャンス2度とないからね」とは、参加者の一人Danny Bowienの談。

料理のジャンルは違えど、そこはトップシェフ。彼らのチームはアイルランド、韓国、北欧の料理を融合した、誰も聞いたことのない見たことのない料理を生み出していきました。

料理が言語となり
人も世界もつなげていく

Medium b5aa92f8940b75b9fe82b1447f207d49a4d56210Medium adbb2c52b9e4f33ade6b916e59dcfeca22aa76c2

単に「食べる」という目的だけじゃなく、レストランで振舞われた料理は、異なる文化を持つ人と人とをつなげていく、いわばコミュニケーションツールとして機能しました。料理を介してお互いの食文化に、価値観に触れ合うコミュニティスペースとして大盛況の5日間。ちなみに3つのコース料理はすべてタダ。さすがGoogle太っ腹!案の定、予約も一瞬のうちに埋まってしまったんだとか。

JJ Johnsonは言います。「食は言語であり、世界をひとつにつなぐもの。自分がどこにいるかなんて関係ないんだ。料理はお皿の上に文化も、歴史も、すべて表現することができるからね」と。

Google翻訳リリース10周年
食と言語の共通点をリンク

Medium cd25b3d719e1d404f867fe63ba6e89ce969150ad

さて、最後にどうしてGoogleが今回このイベントを企画したかということについて。2016年はGoogle翻訳がリリースされてから、ちょうど10年目だそうです。いわばそのお祝いイベントだったというオチ。

テキストだけでなく、今では音声で、カメラ機能を使って、とますます便利になる翻訳機能ですが、もちろん海外で現地のローカルレストランに飛び込んで、まったく解読不可能なメニューを身振り手振りでオーダーするのも、旅の醍醐味のひとつ。それでも、こうした翻訳サービスの向上で旅の仕方が、ちょっとずつ変わってきている気がしませんか?

Licensed material used with permission by Google
日本時間2015年9月2日、Googleが過去最大のロゴアップデートを発表。それに伴い、当日の「Google Japan Blog」には、創業からこれまで...
ネット社会で生きる私たちが研ぎ澄ますべきは、どのようなキーワードを組み合わせて検索するかというセンス。ではどうすれば、検索キーワードを思いつくようになるか...
あのGoogle EarthがついにVRに対応。その親和性の高さは、言わずもがな。世界の絶景を、よりリアルに楽しめるようになりました。こちらが、同サービス...
「Googleに入社して働きたい!」そんな夢を持ったイギリスに住む7歳の女の子、クロエ・ブリッジウォーターちゃん。彼女はその思いを伝えるために、Googl...
「アイデアに価値はない。それを実行できてはじめて価値になる」。そう言い切るのは、Google CEOのラリー・ペイジ。起業家のジェームス・アルトゥーカー氏...
UCLH(ロンドン大学病院)は、主に口腔、咽頭、喉頭、鼻腔、副鼻腔、唾液腺、甲状腺、頸部食道、気管に現れる「頭頸部がん」の治療に、Googleの人工知能「...
2015年11月3日、Official Gmail Blogで紹介されたメール管理アプリの新機能が話題に!なんと、Gmailが受信したメールの内容を理解し...
さあこれから、2分半のショートトリップに出かけましょう。旅するのは、ローマやパリ、ロンドン、リオデジャネイロ、ニューヨークなど世界の人気都市の数々。そう聞...
勤めている会社の駐車場にトラックを停め、その中で生活をする。そんな少し変わった23歳のGoogle社員が、世界中で話題になっています。120万円で購入した...
未来の食事は、一体どのようになっているのでしょうか。一粒飲むだけで、すべての栄養が取れる万能サプリ?はたまた点滴だけで食事を済ませてしまうスタイル?未来に...
「おじいちゃんおばあちゃん×最新のIT」という組み合わせは、ときに想像の斜め上をいく話題を振りまいてくれます。イギリスのリヴァプールに住む86歳のおばあち...
アフリカ・ケニアの自然保護区に、「Googleストリートビュー」が新たに加わりました。ただ、赤土の道をガイドしている訳ではありません。今回のプロジェクト、...
プログラミングを、PC画面とにらめっこせずに学べるツールが開発されています。「Project Bloks」では、子どもたちが遊びながらにして、自然と基礎を...
得てしてアロマキャンドルは、安いものかハイエンドで高価なものかで二極化します。買ったはいいが、「もったいなくて使う気になれないのでは意味がない」。こう考え...
Googleが開発を進めるモジュール式スマホ「Project Ara」の最新映像が公開されました。ユーザーが使いたい機能をモジュール形式で本体に付け替えて...
Googleマップといえば、建物の内部に入れたり、3Dグラフィック機能が追加されたりと、機能向上は日進月歩。唯一の難点は、ときたま感じる動作の重さでしょう...
当たり前のように、「ググる=検索する」と認知されているこのご時世。文字を打ち込む一般的なものはもちろん、最近では、音声認識による検索もポピュラーなものにな...
1998年の創業以来、イノベーティブな企業の最先端を走るGoogle。同社は新たな取り組みとして、独自のデータや研究に基づいた、HR分野の改善に役立つ情報...
目の前に現れるのは、ちょっと不思議で楽しいシェフたち。見て、驚いて、味わえる。これまでにない“特別な体験”が、いま始まろうとしていますーー。身長わずか5c...
いつもありがとう、Google先生。世界中の人が毎日たくさんの疑問を検索していますね。でも、検索以外にも答えを知る方法はあります。たとえば、身近な人に聞く...