気づいた時にはもう手遅れ!「クスっと笑える珍失言」15選。

米・人気深夜番組「トゥナイト・ショー」の司会者ジミー・ファロンがTwitterで募集したのは、“なんであのときあんなことを言っちゃったんだろう…”と、自分自身首をかしげてしまうような失言たち。

ハッシュタグ「#WhyDidISayThat」を見てみましょう!どれもこれも、クスッと笑えるナゾな発言ばかりなのでした。

01.

「クロークで、“あの階段で上に行けるかしら?”と聞いた。“はい!登った後は下の階にもいけますよ”と返答された」。

02.

レストランで働いていた時、一度だけ、トイレに行くお客さんに向かって「Enjoy!(楽しんで!)」と言ってしまったことがある。

03.

「床屋に行った時、スタッフに仕事は何かと聞かれたので、“広告ですよ、そちらは?”と答えた。“床屋です”と言われた」。

04.

「警察に止められて、何か見てなかった?と聞かれた時のこと。私はこう答えた。“大急ぎでシートベルトをつけてたので、何も見ていなかった”と」。

05.

「間違えてマネキンにすみませんと言ってしまった。人じゃないと気づいてこう言った。“あ、本物じゃないのか。ゴメン”って」。

06.

「パーティーでのこと。ホストと話すきっかけとして、こう切り出した。“おれもまったく同じ冷蔵庫使ってるよ”って」。

07.

「高級レストランでお茶を頼みたかったけど言葉が出てこず、“イングランド・ウォーター下さい”と言ってしまった」。

08.

「お客さんにお礼を言われたとき、“ユーアーウェルカム”と“ノープロブレム”を言おうとして、“ユアプロブレム”と言ってしまった」。

09.

「入社後1週間ほどたった頃、“Hello”と挨拶をされたときに返事を“Hi“か“Hello”のどっちにしようか迷って、“Hell”と答えて去ってしまった」。

10.

上司:週末は忙しいのか?
自分:いえ、そんなでも。

11.

「一度だけ、双子に向かって“知り合ってどれくらい?”って聞いたことがある」。

12.

「バスから降りる時に運転主へお礼を言おうとして、何故か“バーイ、ラヴユー!”と言ってしまった」。

13.

「授業中、手を挙げて質問する時になぜか“パパ”と呼んでしまった。先生は女性だった」。

14.

「過去に、妻へポットロースト(肉の塊を蒸し焼きにする料理)が大好物だと伝えた。以来、いつもそれをつくってくれるようになった。もうポットローストは嫌いだ」。

15.

「彼にソファーに座るように勧められたとき、“いいの、床の上にはしばらく座ってなかったから”と答えた」。

ハッとして口に手を当てたときにはもう手遅れ。ぼんやり後悔するものもあれば、背筋がヒヤッとするようなもの、共感できる定番ミスなどなど、Twitterでは大盛り上がり。

あなたはどんな珍失言をしたことがありますか?友だちと話してみると思わぬエピソードが飛び出てくるかも!

世界を見渡せば「街の数だけビールがある」と言われるほど、たくさんの種類が存在しています。そのなかでも食卓の話題づくりになりそうな「初級編」から、飲むのを少...
これは「Expanded Consciousness」に掲載された、ジョークや著名人の発言などを抜粋したもの。一瞬考えさせられますが、ウィットに富んでいて...
2015年8月30日、イラストレーターの「シバタヒカリ(@sunny_615)」さんがツイートしたのは、8月28日に作者の身に起きた実際の出来事をマンガ化...
今まで“ふぁぼ”という愛称で親しまれていた、Twitterのお気に入り機能。このアイコンが、星マークからハートマークに変わり、"お気に入り"から、"いいね...
昔ほどではないとはいえ「テレアポ」は新入社員(とくに営業職)の登竜門のようなもの。担当の人までつないでもらえなかったり、話の途中でガチャンと切られたり、と...
「偶然」とは、なんて素敵なのだろうと思わせられる一瞬の数々。2016年の「The Comedy Wildlife Photography Awards」に...
 エッセイストの玉村豊男さんが書いた『料理の四面体』という本に、アルジェリアをヒッチハイクしていて若者たちに食事に誘われるシーンが出てくる。 若者たちは道...
どうしても達成したい目標があるのに、目の前のタスクに追われ「なかなか手が回らない」と感じることはありませんか?そんな停滞期にエンジンをかけてくれる、ウォー...
夏の暑さと梅雨の湿気で体が重い…というあなたへ。気軽にクスリと笑える「1コマ漫画」をお届けします。描いているのはLonnie Easterlingさん。約...
体を張ったチャレンジから、おバカなものまで、世界の実験動画の多くには様々なメッセージが隠されています。(中には、とくに深い意味なんてないものも…)。ここで...
日本人の心のふるさと、お風呂。銭湯や大きなバスタブ、露天風呂などは日本人にとっても馴染み深いものですが、水が貴重で水道代が高い国では、じつはあまりお目にか...
アメリカ50州には、それぞれ州ごとに制定された法律があるのですが、中にはにわかに信じ難いものや、冗談としか思えないようなものも。その一つひとつを、わざわざ...
朝起きるのが時間ギリギリだと、その後の予定も常にバタバタしがち。突発的な“何か”が入ったときには、もうオシマイです。そこで、「Power of Posit...
2016年元日、一人の女性のつぶやきがTwitter上で拡散され、大反響を呼びました。【拡散希望!】と彼女が呼びかけた背景には、おじいちゃんの作った「方眼...
近年、いわゆる9時17時の8時間労働が、海外では“仕事中毒”を生むだけだと、ワークスタイルが見直されつつあります。「労働時間を短縮することで生産効率が上が...
「早起きは三文の得」とはよく聞く言葉ですが、習慣づいていない人にとってはなかなか難易度が高いでしょう。でも、「Elite Daily」で紹介されていたこの...
それが第3週の日曜日「National Ice Cream Day」、つまりは「アイスの日」。知ってた?単なるアイス好きの国民だから、なんて結論付けるのは...
2014年、ロンドンのクリエーターSteve Cuttsによる社会風刺アニメが、世界的な話題となった。消費や欲望、自然破壊といった“見えづらい日常”の行く...
タイで珍しい光景が撮影された。クラゲの中に大量の魚。一体なぜ…。「Earth Touch」によれば、周囲にいる長細い魚は、トランペットフィッシュ。突進して...
「パパ」「ママ」「なごみちゃん」「かずとよ君」の、とある4人家族。彼らが毎月定例で開催している“家族会議”に、いま多くの人が夢中になっています。まずは、T...